目のいい人に知ってほしい。「視力0.1」の人たちが見ている世界とは?

突然ですが、目のいい人たちに視力0.1の人たちがどのような世界を見ているかを紹介したいと思います。

南アフリカのアーティストが
表現する「近視の世界」

これらは南アフリカのアーティスト、Philip Barlowが描いた油絵。「近視の人には、世界がこう見えている」というコンセプトで描かれています。

misty_75cm_x_75cm_460_square

crossing_75cm_x_100cm_460_square

discuss_75cm_x_100cm_460_square

dsc02941_460_square

displaced_1_-_1_2m_x_1_5m_460_square

ぼんやりとした輪郭など、「近視の人の視界はこうなっているのか…」と衝撃を呼ぶ作品といえるでしょう。視力のいい人には分からなかった世界ではないでしょうか。

いま視力がいい人も、油断は禁物です。パソコンの使用などで疲れたなと思ったら、無理せずしっかり休んで目を大切にしてはいかがでしょうか。

Licensed material used with permission by philip barlow

毎日、たくさんのものを見つめる目。目は、外からたくさんの情報を受け取っていて、その一瞬で、遠い、近い、明るい、暗い、などの情報を脳に伝えています。皆さんの...
目の疲れって首や肩、腕の痛みにも繋がるなんて言われていますよね。なんとかしたい!「Little Things」のフィル・マッツ氏は医学情報サイト「WebM...
アメリカに暮らすアーティストGeorge  Redhawkさん。彼の画法は、絵が動き続けるgifアニメーションを駆使した「モーフィング」と呼ばれるもの。際...
自分の周りに、「あんなふうになれたらいいな」と思えるほどの面倒見がいい人がいたらステキな事ですよね。ここでは、そんな彼らに共通する特徴について、具体的にご...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
この動画『Blind Devotion』は、米映像制作会社「JubileeProject」が、牧師であるFrancis Chan氏の著書『You and ...
COP21。地球環境の行く末を世界のリーダーたちが、一同に介して議論していた同じ時、パリを象徴するモニュメントから、世界へ向けて発信されたもうひとつのプロ...
今となっては、ウユニ塩湖の絶景写真は数多い。もちろんそのほとんどは何度見ても綺麗だし、一生に一度は訪れてみたいと思う。でも、いたるところで取り上げられると...
米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
古来より、日本では武将や天皇、ヨーロッパでは王族や貴族などが、その時代の有名または新進気鋭の画家たちに描かせてきた自身の肖像画や領地の絵。今でも有名画家に...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
明文化されていない社会人のルールをどれだけ知っているか。これは、いち早く社会人として認められるために必要な資質。ここでは、拙著『一流役員が実践してきた 入...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
米コロラド州を拠点に活動する、石積みアーティストのマイケル・グラブさん。河原に転がっている石を積み上げた経験は、あなたにもあるかもしれませんが、ここまでく...
気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。インスタグラムに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が途切...
ハイパーリアリズムといえば、「コレじつは、絵なんです」というフレーズでお馴染み。モノクロ、カラー、どちらも写真と見間違えるような作品がたくさんあります。こ...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...