動物のペーパーアートが、無言で訴えるメッセージ

緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。

これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、Patrick Cabralさんによるもの。一枚一枚切り抜いた紙を幾重にも重ね、ひとつのペーパーアートを作り上げている。

でも、話題になっている理由は、その美しさだけじゃない。これらのモデルとなっている動物たちには「共通点」があるのだ。

絶滅危惧種の保護を
ペーパーアートで支援

05cf8420fee434b96237ff16ca7af84cb556f6eb

作品となっている動物たちは、すべて絶滅危惧種。上の画像はスペインオオヤマネコを切り抜いたものだ。他にもパンダやトラ、ゾウなど親しみ深い動物も登場する。

Patrickさんは「Endengered Species(絶滅危惧種)」と名付けた取り組みでこれらの作品を製作。その利益の50%を、生物多様性の保護などを目的とする「World Wide Fund for Nature (WWF)」の支援に充てているのだ。

地球上から消えうせようとしている動物たちの、吸い込まれそうなくらい精巧で美しい切り絵たち。まっすぐこちらを見つめてくる静謐な瞳は、私たちに何かを語りかけてくるようでもある。

ホッキョクグマ

E5514c4a4b8b757aca9e5488d3b9e516eb07efe9A33604a3d95d3cd541f98b9f574c98667668a9d19da8af5f65789c295d291890a5cead5c93c1fd8d1d211faf3a33a5b557f3726d893b435417f0ac05

パンダ

124198e56f7fa74970ecb1f0e81eb7f0c8c52aa7

センザンコウ

0a089819d4d72cb7b5763fbf3b3eabfa37987b64

トラ

497abb94918116ed020ac1be0f67472e1077b2ad40cf87b0ee61169ebf97ae956bae387d75f29b3a464e7d10ec12784d9217443b5c2ebad097455b967c25db485688bbf4cbcb01f3bbca54266ae6a3da

アカオオカミ

7cd5fb03fef23958826ed9c7111aaaecc715140a

ゾウ

9ba014b5863447600784be4a52640e7e25908d18

サイ

29f37a4afaca77b91c8e20aad0c314f660c7f146Dfb543133edb226ae78293d9153d88d22b8d6edb873606484693bfcc6789181ebd7201c1f9ad9a0c9f72e63a7119982671ce223983240a350cd30f99

ゴリラ

72445b92e12cc84d3d02aa3344d717eb078e1900

ミンドロスイギュウ

448d37fcaaf38b5738cad540475006be020feffe20e481bfd137b7227c7e29014b045daa47b465272ff5a6f06549111788c556052b61ec1bb2d323af85756f2d3099cb410c44cf20cdb33a82d1fe5c21

元々はタイポグラフィーをメインに行なっていたアーティストだそうが、メッセージ性溢れる切り絵にも今は多くの人が心を掴まれている。活動支援やその他の作品に興味のある人は、ホームページInstagramもどうぞ。

Licensed material used with permission by Patrick Cabral
言うは易く行うは難し──。環境を守ることの重要性は、誰もが認識し、口にする。では、一体どれだけの人が、具体的なアクションに落としこめているだろう?自戒を込...
Maude Whiteの作品の繊細さには理由がありました。彼女は、映像作家と物語作家の両親を持ち、映画と本に囲まれた環境で育ったアーティストです。書物の重...
サイやトラは、絶滅が危惧されている動物。しかしその状況下にあってもなお、密猟が行われ続けているという問題があります。その対策として作られたのが、なんと「バ...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
まずは難しく考えず、パッとこれを見て下さい。写っているのは、誰もが知っている著名人の目元。ここだけではかなり難易度が高いですが、誰だかわかりますか?そして...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
ハサミで紙を切り抜いてイメージを形にしていく「切り絵」の世界。日本人にも馴染みある、あの“ハサミ芸”とは一味違った方法で、繊細な切り絵アートの魅力を伝える...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
今まで切り絵は、緻密でデリケートな平面作品ってイメージがありました。でも、イギリスで活躍するアーティストRich McCorさんの作品は一味違うんです。建...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
緑が豊かな夏を過ぎると色鮮やかな紅葉の秋になり、赤や黄色に輝いていた葉っぱは、冬にかけてヒラヒラと色褪せながら落下して積もっていく。地面いっぱいの落ち葉は...
自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
これらのオブジェは、すべて古新聞や古紙で作られている。そう言われても、にわかには信じがたいほど、立体的で重厚感のある動物たち。いま、日本人アーティストの作...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ。アフリカのサバンナに生息するこれらの野生動物は、通称「BIG5(ビッグファイブ)」と呼ばれ、狩猟が厳しく禁止さ...
この画像に何が写っているのか、分かるでしょうか?なんと、10人中9人が見えていないのだそう…。どうでしょうか?ちょっと目がチカチカしますが、見えない…とい...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...