加工なし!フィリピンにある「流木のドラゴン」のクオリティが高すぎる・・・

イングランド南部にあるデヴォン出身のアーティスト「James Doran」氏が創りだしたのは、流木を使ったアートだ。

一切加工されておらず、スチールの支柱を元に、流木その物の持つフォルムを活かして創られている。そうと説明されても信じることが難しいほどに、筋骨隆々な生物の肉体を見事に表現している。

以下に紹介するのはそんな彼が創りだした作品の中でも一際目立つ、架空の生き物「ドラゴン」をモチーフに創られたもの。凄い迫力だ。

85singo_driftwood-dragon-sculptures-james-doran-webb-7

85singo_driftwood-dragon-sculptures-james-doran-webb-9

85singo_driftwood-dragon-sculptures-james-doran-webb-3

85singo_driftwood-dragon-sculptures-james-doran-webb-4

85singo_driftwood-dragon-sculptures-james-doran-webb-2

85singo_driftwood-dragon-sculptures-james-doran-webb-11

一体の生物を流木で創り出すには数千時間という途方も無い時間がかかるそうだ。もちろん、ドラゴンのみではなく実在する動物をモチーフにしたものもある。特に馬は必見だ。

85singo_driftwood-animal-sculptures-jame-doran-webb-2

85singo_driftwood-animal-sculptures-jame-doran-webb-1

85singo_driftwood-animal-sculptures-jame-doran-webb-4

85singo_driftwood-animal-sculptures-jame-doran-webb-8

85singo_driftwood-animal-sculptures-jame-doran-webb-31

85singo_driftwood-horse-sculptures-jame-doran-webb-2

85singo_galloping-driftwood-horse-sculptures-jame-doran-webb-10

85singo_driftwood-horse-sculptures-jame-doran-webb-3

85singo_galloping-driftwood-horse-sculptures-jame-doran-webb-2

85singo_galloping-driftwood-horse-sculptures-jame-doran-webb-5

元々、小さな頃から両親が営んでいたアンティークのリペアショップを手伝っていた彼は、木工技術の知識を自然と身につけていった。その後、大手家具店で仕事をするようになるが、1989年に休暇の延長で初めてフィリピンを訪れた。

そして、現地の地方の美しいビーチや色彩豊かな自然環境、さらにそこに住む人々の技術にも一目惚れ。翌年1990年には、現地にオフィスを創り、木製の家具などをヨーロッパやアメリカで売り始めたそうだ。

上の画像で紹介されているのは、そんな彼が始めた流木アート。すでに10年以上作品は創り続けているそうだが、2013年にフィリピンのハイエンを直撃した大型台風をきっかけに、小さなコミュニティをつくってビーチに落ちている流木を新たに拾い始めた。

現地の人への恩返しも

その後、現地の機関との親交を深めながら3つのプロジェクトを開始。5年間で80,000本の植物をセブ島に植える「80,000 trees」やタクロバンシティの女性たちが手造りアクセサリーをつくるTacloban Crafts」。同じくバンタヤン島の女性たちによる「Bantayan Crafts」などを立ち上げ、現地の人々の生活を助けるために様々な活動を行っている。
作品が世に広まることで多くの人に自然について考える機会を持って欲しいそうだ。

彼の活動の詳細やその他の作品は、ホームページで見ることができる。流木で作られた写真立てやハンドクラフト製品など様々んな商品が各ページで購入できるため、一度webサイトを訪れてみるといいかもしれない。

Reference:80,000 trees,Tacloban CraftsBantayan Crafts
Licensed material used with permission by James Doran

世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...
男の子なら絶対にワクワクすること間違いなし!ここで紹介するのは、ドラゴンボールZのバトルシーンをフィギュアを使ったストップモーションで忠実に再現した動画。...
早速ですが、この一枚の写真を見てください。木にかけられたブランコで、楽しいひとときを過ごす二人組、と思いきや…。木に見立てられているのは、なんとブロッコリ...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつ...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
ロンドン自然史博物館が主催する自然写真コンテストの世界最高峰「Wildlife Photographer of the Year」が、2015年の受賞作品...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
まずはこの画像を見てください。公園でシーソーに乗っている2人組。でも、よく見てみると…。彼らが乗っているのはクリップ。横には鉛筆が転がっています。次の画像...
米コロラド州を拠点に活動する、石積みアーティストのマイケル・グラブさん。河原に転がっている石を積み上げた経験は、あなたにもあるかもしれませんが、ここまでく...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
『富嶽三十六景』といえば、かの有名な浮世絵師、葛飾北斎の代表作。その中でも『神奈川沖浪裏』は、世界でもっとも有名な日本美術作品の一つだと言われています。描...
鉛筆で描く…のではなく、鉛筆を削ることで表現するアートが話題です。しかも芯だけではなく、鉛筆全体を使った創作が凄い!以下、その画像を紹介します。01.02...
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
この写真の中には、ある動物が隠れています。よ〜く目を凝らして見てください。あなたには、ソレがなんだか分かりますか?写真に隠れた“あの動物“わかる?カナダ中...
古来より、日本では武将や天皇、ヨーロッパでは王族や貴族などが、その時代の有名または新進気鋭の画家たちに描かせてきた自身の肖像画や領地の絵。今でも有名画家に...
青森県と秋田県にまたがる「白神山地」。21年前に日本初の世界自然遺産に登録された、言わずとしれた日本が世界に誇るブナ原生林がそこにある。8千年前の縄文時代...