日本のアーティストが制作した「ミニチュアカレンダー」。クオリティが高すぎる!

早速ですが、この一枚の写真を見てください。

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-810_R

木にかけられたブランコで、楽しいひとときを過ごす二人組、と思いきや…。木に見立てられているのは、なんとブロッコリー!不思議なもので、こう見るとブロッコリーが木にしか見えません。

次の写真に移りましょう。

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-118_R

ハイ、もうお分かりですね。じゃがいもが完全に砂漠と化しています!

でも、よく見ると二枚の写真とも右下に「日付」が書かれていますが、一体これは何なんでしょう?

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-410_R

実はコレ、いまSNSで話題の「ミニチュアカレンダー」と呼ばれるアート作品。鹿児島県を拠点に活動中のアートディレクター兼デザイナー田中達也氏が2011年4月に始めた取り組みです。

曰く、「誰しも一度は思ったことがあるはずです。ブロッコリーやパセリが森に見えたり、水面に浮かぶ木の葉が小舟に見えると。小人の視点で日常の物事を考えると、いろいろと面白いことを考えつきます」。

こうした考えを写真として形にしたいと考えた同氏は、主にジオラマ用の人形と日用品をモチーフに撮影をスタート。日めくりカレンダーのように、毎日公式HPやSNSで更新していることから、「ミニチュアカレンダー」と呼ぶようになったそうです。

それでは、その作品を一挙にご紹介しましょう!

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-141_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-261_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-211_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-152_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-910_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-161_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-201_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-310_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-191_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-171_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-231 (1)_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-1010 (1)_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-221 (1)_R

diorama-miniature-calendar-art-every-day-tanaka-tatsuya-251 (1)_R

すべての作品において、同氏の類まれな想像力が遺憾なく発揮されているのがお分かりいただけるはず。その圧倒的なクオリティの高さから、反響は日本国内だけにとどまらず、海の向こうでも高い注目度を誇っているようです

繰り返しになりますが、公式HPとSNSには毎日新しい作品が登場し、多くの人を虜にしています。特に、Instagramにおいては、25万人以上のフォロワーを抱えるなど超人気アカウントと言っていいでしょう。

作品に添えられる一言にも、ぜひ注目してみてください。これからの毎日のささやかな楽しみになること間違いなしです。

Licensed material used with permission by 田中達也

一面、銀世界の上にリフトが連なり、なんとも綺麗なスキー場の風景…。しかしみなさん、お気づきですか。じつはこれ、洗濯物干しとタオルで作られたミニチュアアート...
レストランの入り口でよく見かける「食品サンプル」。本物みたいな出来にビックリすることも多いですが、「サンプル」なので、当然食べられません。ところが、今回ご...
まずはこの画像を見てください。公園でシーソーに乗っている2人組。でも、よく見てみると…。彼らが乗っているのはクリップ。横には鉛筆が転がっています。次の画像...
子どもの頃、ドールハウスやバービー人形などで時が過ぎるの忘れて遊んだ、という人も多いのでは?デザイナーのPhillip Nuveenさんが作っているのは「...
まずは、下の写真を見てください。気球の上からハッピーニューイヤー!電球を使っています。そう、これは日用品を別のモノに見立てたアート作品。アートディレクター...
なかなかにインパクトのある、一人の男性。彼の名はマイク・ウルフ。周囲の人と比較して圧倒的に濃い体毛、特に「背中の毛」が長年の悩みだった。しかし、今ではそん...
指先サイズの天津飯やカツカレー、うな丼などなど。これがすべて「アイシングクッキー」だなんて信じられます?アイシングクッキーといえば、インスタジェニックなア...
毎日めくるのが楽しい「日めくりカレンダー」。でも、よく考えてみると似たような内容が続いているものが多いですよね。毎日が特別で違う日なはずなのに、そんなのお...
小さな造形物って、見ているだけでほっこりさせられる魅力があります。そして、食品の模型って、つくった人の味の好みが出ますよね。ここでは、アメリカンなミニチュ...
鉛筆で描く…のではなく、鉛筆を削ることで表現するアートが話題です。しかも芯だけではなく、鉛筆全体を使った創作が凄い!以下、その画像を紹介します。01.02...
海外では定番の「イケメン消防士カレンダー」ですが、中でも好評なのがフランス編。モノクロで魅せる鍛え抜かれた肉体には、強さと美しさが同居。かと思うと、時おり...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
欧米では、すでにおなじみ毎年恒例の「消防士カレンダー」。鍛え上げられた肉体を惜しみなく披露するのは、現役フランス人消防士たち。鋼の肉体は然ることながら、美...
一般的にツリーハウスといえば、木の上にある“アレ”。まるで秘密基地のような雰囲気は、子どもならずともワクワクしちゃいますよね。でも、ここで紹介するのは、「...
世界的に見ても、優秀な学校として名高いイギリスのウォーリック大学。そのボート部が毎年リリースしているチャリティカレンダーが話題になっていますが、ご覧の通り...
Twitterで1万RTを超えるほど話題になっているこの画像には、なんとダンボールでつくった「ランボルギーニ」の姿が。エンブレムにも要注目です!その名も…...
弾けるような躍動感がある、ペイント。実はすべてコーヒーで描いているそう。ドイツ出身のDianaさんが描くアーティスト達は、それぞれの人物が放つオーラまで再...
イングランド南部にあるデヴォン出身のアーティスト「James Doran」氏が創りだしたのは、流木を使ったアートだ。一切加工されておらず、スチールの支柱を...
2015年4月に登場したファレル・ウィリアムスとadidas Originalsとのコラボレーション企画「Supercolor」。50色展開のSupers...
世界的な日本文化の1つとしてある「Origami」。今回紹介するのは一般的な折り紙の常識の、一歩前へ踏み込んだアート作品!動物はもちろんブランドロゴや、現...