温泉熱のポテンシャルを物語る「奥飛騨のドラゴンフルーツ」

世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていますか?

それは温泉熱です。全国に3,000カ所以上の温泉がある日本。エネルギー源としてこれを利用しない手はありません。すでに全国各地で、温泉熱を利用したさまざまな取り組みが行われています。

なかでも興味深いのが、岐阜県の奥飛騨です。温泉地として知られるこの地域では、10年ほど前からその熱を利用して、ドラゴンフルーツを中心に熱帯果樹を栽培しています。

th_ph_Dこれがその農園。しんしんと雪が降り注ぐハウスの中で、まさかドラゴンフルーツが栽培されているとは!

北アルプスや白山山系に囲まれ、高地特有の寒暖差のある奥飛騨は、豊富な水源にも恵まれています。地の利を活かした農業も盛んな地域ですが、どうして南国のフルーツであるドラゴンフルーツを栽培することになったのでしょう?

そんな疑問に「アメリカで食べたドラゴンフルーツの味が衝撃的だったから」とすこぶる純粋で明快な回答をしてくれたのは、現在30種以上(!)のドラゴンフルーツを栽培している『フルージック』代表の渡辺祥二氏。

日本ではイマイチなじみの薄い果物のせいもありますが、ドラゴンフルーツに対して「美味しい!」というイメージを持っている人は少ないと思います。渡辺氏によると「それは本当に美味しいドラゴンフルーツを食べたことがないから」だそう。

th_ph_Bハウスの内観。ドラゴンフルーツの実のなり方を見るのは、はじめてという人も多いのでは? こんなふうにできるんですね。

th_ph_E パイプに流れる真水(循環水)を温泉熱で温めるシステムが採用されています。

そこまで言われると「味わってみたい!」と思いますが、残念ながら(?)、この『奥飛騨ドラゴン』は市場にはほとんど流通せず、95%が地元で消費されているそうです。岐阜の山間地で、日常的に南国フルーツであるドラゴンフルーツが食べられているなんて、ちょっと想像がつきませんよね。

つまり、奥飛騨が誇る、国産ドラゴンフルーツが食べたければ、現地に行くしかないのです。観光農園としてもオープンしている『フルージック』では、5~6種類(時期により変動)ものドラゴンフルーツの食べ比べができるそう。

th_ph_Cこちらが実際のドラゴンフルーツ。見た目からも多様な種類があるのがわかります。

なお、ドラゴンフルーツの旬は、8~10月とのこと。お取り寄せも可能なので、お中元やギフトとしても珍しく、喜ばれそうですね。

奥飛騨ではドラゴンフルーツの栽培以外にも、スッポンの養殖、チョウザメを飼育してキャビアを生産したりと、知られざる新たな名産品が生み出されています。温泉熱のポテンシャルと奥深さに脱帽です。

地域資源で新しい取り組みにチャレンジすることは、観光資源へとつながると同時に地元の若者たちの活力にもなります……が、まずは難しいことを考えずに、『奥飛騨ドラゴン』を味わってみませんか?

●有限会社フルージック岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾952http://www.frusic.co.jp/※詳細はお問い合わせください。
フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チームです。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

フルーツ専門店や輸入食材を多く扱うスーパーに行ってみると、果物売り場に初めて目にする、エキゾチックなフルーツに出くわすことがありますよね。品種改良によって...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
和食を作るうえで欠かせない調味料のひとつ「みりん」。じつは、意外と知られていない使い方があります。それは「フルーツをみりんで煮込む」というもの。なんとこれ...
まるでおとぎ話のようだが、確かに実在している木だ。開発したのは米・シラキュース大学の美術教員であるVan Aken氏。そのきっかけとなったのは、2008年...
コスメはもちろん、あかすりやハンジュンマクなど独自の美容文化が発達している国、韓国。多くの女性が食事にも気を使って、健康的な美を目指しているイメージがあり...
健康な体は健康な食事から。を本格的に病院の対応として取り入れている医師が話題になっています。なんと、野菜やフルーツを薬の代わりに処方し始めたのだというから...
シュワシュワ〜っ。まるでラムネの中に全身を浸けているような気分の温泉があるらしいのです。その名もずばり「ラムネ温泉館」。さすがに甘くはない(笑)ようですが...
直火で豪快に焼くのが楽しいBBQ。せっかくだからお酒もひとひねりして、直火を使うっていうのはいかがでしょう?BBQにぴったりの、自家製カクテルをご紹介。お...
 「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを...
東京都内では珍しい、源泉掛け流しの温泉。実は板橋にあるって知っていましたか?しかもココ、内装もめちゃくちゃ素敵なんです!「本物の温泉を楽しんでいただきたい...
ムクロジという木の実の外皮(殻)を乾かし水につけると、プクプク石鹸のように泡が立つ。この特性を利用した天然の洗濯用洗剤が、オランダやベルギーを中心にエシカ...
南国のカクテルを連想させる、エキゾチックな色の正体はレッドピタヤ。「ドラゴンフルーツ」とも呼ばれるピタヤには、果肉が赤と白2種類あることでも知られています...
日本三名泉のひとつでもある群馬県の草津温泉。 おやつを食べながら散策したり、伝統の湯もみショーを見学したり、昔ながらの入浴方法を体験したり…。 ちいさな温...
イングランド南部にあるデヴォン出身のアーティスト「James Doran」氏が創りだしたのは、流木を使ったアートだ。一切加工されておらず、スチールの支柱を...
道後温泉といえば、『日本書紀』にも登場する日本最古の温泉。 夏目漱石の小説『坊っちゃん』にも描かれるなど、愛媛県を代表する観光地として知られている。そんな...
日本最古の温泉である道後温泉と蜷川実花氏のコラボレーション企画「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」。グランドオープンから約2ヶ月が経過した現在、In...
2016年夏、NYの港に登場する予定のこちらの船は、「Swale」と呼ばれるプロジェクトの一環。船上に設置されるのは小さな森のような施設で、新鮮な野菜やフ...
大分県は、全国一の源泉数と湧出量を誇る別府温泉をはじめ、「行ってみたい温泉」で常に上位にランクインする由布院温泉など魅力的な温泉がそろっています。趣ある町...
「#東北が美しい」 そんなハッシュタグをつけたくなるのも納得のこれらの写真は、@yossy_photoさんが撮影し、Twitterに投稿したもの。タイトル...
ジューススタンドに目がない。駅のホームで、行儀よく並んだカラフルなジューサーを見かけると、どんなに急いでいても、つい立ち止まって眺めてしまう。やっぱり今日...