トリップアドバイザーが野生動物との「ふれあいツアー」を全面中止へ

「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすような体験ツアーは今後発売しない方針、というもの。

観光客の好奇心よりも
環境保護が最優先

11a6c7be547bebe63a3c95c9dd639fca4d9f3fe9

世界最大の旅行口コミサイトである同社のサイトポリシーに新たな方針が追加されました。以下は、2016年10月11日に発表された声明からの抜粋。

トリップアドバイザー(および傘下にあるビアター)は、絶滅危惧種に指定されている動物たちとのふれ合いをアクティビティにしたツアーを直ちに販売中止いたします。また、2017年までに、予約方針も完全に改訂していくことを発表します。

これまで、観光客の知的好奇心やアクティビティとしての付加価値を優先し、絶滅の危機にある野生動物たちの保全やケアがないがしろにされてきた。こうしたことが、結果的に多くの動物たちにストレスを与えているという事実を省みての、思い切った方針転換。

このニュースは同日の内に旅行業界だけでなく、広く一般にも知れわたるところとなりました。

ゾウに乗る、イルカと泳ぐなど
物理的接触はすべて中止に

27861ae498049e4651cd81cdff9e2e73accecb4d

現段階で、企画中止が決定しているものがこちら。これまで人気の高かった、ゾウの背中に試乗したり、イルカと一緒に泳いだり、ペットのように飼いならされたトラやライオンをなでるツアーなど。つまり、観光客が物理的に保護対象動物に接触するものはすべて中止。

ただし、除外対象となるものも。
たとえば、動物園でのウサギとのふれあいや、乗馬など、家畜・飼育動物との交流。また、水族館など専門の飼育員によって保護、教育目的のために飼育されている生き物とのふれあいも、これまで通りツアーとして残していく方針だそう。

「動物福祉」も、旅行業界の
グローバルスタンダードに

業界最大手のこの決断は、旅行業界全体にとってスタンダードとなるのに時間はかからないのではないか、そんな見方が大半です。

なかでも「National Geographic」は、これまでにも人間の探究心による動物とのふれあいが原因となり、動物たちが心的ストレスやトラウマを抱えていること、また観光のための乱獲を招いている事実を訴える、イギリス動物愛護団体の主張を再三にわたって紹介。世論のなかにも「ふれあい体験ツアー」に疑問を持つ人も少なくなかったはず。

こうした声に対し、トリップアドバイザーCEOのStephen Kaufer氏は声明のなかで、この新方針には「野生動物たちの健康と保護が最大の使命である」と宣言。同時に保護活動に尽力する団体に対する敬意を示しました。

人間と同じように、動物も精神的・肉体的に健康で、環境と調和できて、充足感を得られなければいけない。近年、こうした動物の心理学的幸福を尊重しようという「動物福祉」という考え方も登場しています。

人間の知的好奇心を満たす目的のために、動物が犠牲になるという現実を前に、トリップアドバイザーが投じた一石が、今後どんな意味をもたらすか。注目です。

 

Licensed material used with permission by トリップアドバイザー
サイやトラは、絶滅が危惧されている動物。しかしその状況下にあってもなお、密猟が行われ続けているという問題があります。その対策として作られたのが、なんと「バ...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ。アフリカのサバンナに生息するこれらの野生動物は、通称「BIG5(ビッグファイブ)」と呼ばれ、狩猟が厳しく禁止さ...
自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...
絶滅の危機に瀕しているキタシロサイ一頭が死体で発見された。場所はケニアのオルペジェタ自然保護区。これで世界で生き残っているキタシロサイはわずか6頭。死亡が...
若干21歳のKonsta Punkka氏は、フィンランドの首都ヘルシンキを拠点に活動するフォトグラファー。主に森などの大自然とそこに暮らす動物たちの様子を...
2014年の平均出生率が1.42と、少子高齢化が問題となっている日本。ただ、この問題は日本だけでなく多くの先進国に共通の悩みです。そんな中、デンマークの旅...
ファンタジックで鮮烈な色彩が特徴の動物とヒトの写真。両者が、まるで絵画のように寄り添っている姿は、どこか温かい気持ちにさせてくれます。このシリーズはフォト...
最近、「モモンガが地球上で一番キュートな動物だ!」と海外で話題になっている模様。でも、そう言われたところで、普段は写真ですらお目にかかることが少ないですよ...
この画像に何が写っているのか、分かるでしょうか?なんと、10人中9人が見えていないのだそう…。どうでしょうか?ちょっと目がチカチカしますが、見えない…とい...
言うは易く行うは難し──。環境を守ることの重要性は、誰もが認識し、口にする。では、一体どれだけの人が、具体的なアクションに落としこめているだろう?自戒を込...
「Roof Top Tours(屋根上ツアー)」を知っていますか?映画や漫画に出てくるような「屋根の上」で繰り広げられる様々なシーンに憧れている人は意外に...
Flóra Borsiさんは、アイデンティティ、人間関係、感情や夢にテーマを絞った作品を手がけるハンガリーのフォトグラファー。姿形が全く違う動物と人間なの...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
これらのオブジェは、すべて古新聞や古紙で作られている。そう言われても、にわかには信じがたいほど、立体的で重厚感のある動物たち。いま、日本人アーティストの作...