コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由

自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進行中のようです。「Higher Perspective」が、この取り組みを大々的に紹介しています。

150827_costaricazoo_01

コスタリカは、生物多様性を保つ目的から、国内にある2つの国立動物園を来春閉鎖することを決定しました。動物園で飼育されていた動物たちを野生へと返す、世界で初めての試みを計画中。
コスタリカは世界でも有数な生物多様生息地域に数えられ、地球上の全ての動物種の約5%が生息していると言われています。国がこれらの動物を保護することを義務づけているにもかかわらず、数十年に渡って運営を続けてきた2つの国立動物園ですが、ついに閉園。動物園側も今回の決定に賛同し、動物たちのケージを解放することに前向きのようです。

150827_costaricazoo_03

近年、この国ではスポーツや娯楽としての狩猟も禁止されています。さらに、動物園閉園の流れ。「動物たちを本来あるべき生息地へと戻すことができれば、むこう10年で世界中でも同じような行動が自然な流れとなっていくだろう」と、自然環境ソリューションに注目するメディア「TreeHugger」は予測しています。野生動物たちの生態系を尊重しながら保護していく世界の手本となるべく、コスタリカはこの計画実施に前向きな様子。

「国立動物園を閉園する代わりに、絶滅危惧植物たちを可能な限り自然な方法で生育する、植物公園を増設するなど、自然とのふれ合いの場を増やしていく予定です」

環境大臣のRené Castro氏は、それが救出目的、保護目的でない限り、一切の飼育をしないと決意を述べました。

costaricazoo150828-009

人間に飼育されてしまった動物たちは、直ぐには野生へと戻すことができません。そのため、まずは国営の動物保護センターや野生保護区で、第二の人生へと歩み出すための“ならし飼育”が行われているようです。今後、コスタリカで動物を見るのはすべて自然のなかで。新しい動物とのふれ合い方かもしれません。


Licensed material used with permission by Higher Perspective

ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ。アフリカのサバンナに生息するこれらの野生動物は、通称「BIG5(ビッグファイブ)」と呼ばれ、狩猟が厳しく禁止さ...
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地...
車でごった返した都市部を抜けて、スピードに乗る高速道路。ここで、動物たちが無惨にも横たわっている姿を目にしたことはありませんか。自然の中に一本道を通すこと...
絶滅の危機に瀕しているキタシロサイ一頭が死体で発見された。場所はケニアのオルペジェタ自然保護区。これで世界で生き残っているキタシロサイはわずか6頭。野生種...
最近、「モモンガが地球上で一番キュートな動物だ!」と海外で話題になっている模様。でも、そう言われたところで、普段は写真ですらお目にかかることが少ないですよ...
この画像に何が写っているのか、分かるでしょうか?なんと、10人中9人が見えていないのだそう…。どうでしょうか?ちょっと目がチカチカしますが、見えない…とい...
岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
2015年8月、ケニアのサバンナで密猟によって毒矢を打たれた、雄のゾウと2頭の雌ゾウが、人間に助けを求めてやってきたと「The Mind Unleashe...
アニマルプリント柄をおしゃれに取り入れるのって、結構難しいもの。どうしても雰囲気が甘くなりがちだったり、チープな印象がつきまとう。こうしたイメージを払拭す...
これらのオブジェは、すべて古新聞や古紙で作られている。そう言われても、にわかには信じがたいほど、立体的で重厚感のある動物たち。いま、日本人アーティストの作...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
アフリカ・ケニアの自然保護区に、「Googleストリートビュー」が新たに加わりました。ただ、赤土の道をガイドしている訳ではありません。今回のプロジェクト、...
2016年2月12日、人間の細胞をもとにつくられた小型の脳が開発されたと発表されました。人間の細胞から作られてるため、より正確な化学実験が行えるというのが...
人間関係でよく言われるのは、動物にも好かれる人にはいい人が多いということです。実際に自分の周りを見回しても、動物に好かれる人とそうでない人がいるものです。...