生態系を守る橋。生き物に優しい「アニマルブリッジ」

車でごった返した都市部を抜けて、スピードに乗る高速道路。ここで、動物たちが無惨にも横たわっている姿を目にしたことはありませんか。

自然の中に一本道を通すことで、動物に多大な被害が出てしまっているのはどこの国でも同じです。あるアメリカの調査では、一日に100万もの動物が道路上で車に轢かれて命を落としているそうです。高速道路を通すことで、動物の生息地を分離し、生態系にも被害を及ぼすこともあるとか。

こうした現状の打開策として昨今、動物専用の橋を道路に渡すことも増えてきました。橋を作ることによって、切り離された生態系の土地を再び繋ぎ合わせるために。

たとえば、こんな感じに。

これなら、動物と車との接触事故を少なくすることができますね。

こうした動物専用の橋は世界各地でも建設されており、環境先進国のドイツでは、人間が動物用の橋を渡ることすら禁じる徹底ぶりで、罰金まで設けられているようです。

 

さて、日本はというと「アニマルパスウェイ」の呼び名で、徐々に浸透し始めています。代表的な橋のひとつが清里パスウェイ。
豊かな雑木林が広がる市道の上に高さ6.4m、長さ13.5mに渡って動物たちの命の橋が架けられています。ヤマネやリス、タヌキなどが、多い時期には1ヶ月で300回程度、橋を渡っていると、全国の高速道路を管理するNEXCOは発表しています。

一本でも多くこの橋が道路の上に架かる日が来ると良いですね。

Reference : IFLScience

自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
男と女が運命的な出会いや別れをはたす場所といえば橋の上。こう決めつける訳じゃないですが、ある意味ラブロマンス映画の鉄板演出がこれでしょう。ルコントもカラッ...
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
大都市を結ぶ鉄道網の整備が急ピッチで進む中国。その作業現場の風景を収めた、貴重な動画を紹介します。舞台は、鉄道橋の架設工事現場。人手をかけて作業にあたると...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
コペンハーゲンに次ぐデンマーク第二の都市オーフス。風光明媚な海岸線が続くこの街で、今年、彫刻作品を展示するアートイベント「Sculpture by the...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
世間にあふれる○○系男子。草食系男子は馴染みのある言葉となりましたが、ちょっと意味を考えないとわからない○○系男子もどんどん増えてきています。今回ご紹介す...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
男性を動物に例え、その性格から犬系男子、猫系男子と分ける人が増えています。もちろん全てが全く同じというわけではありませんが、それぞれのタイプには分けられる...
高架橋の柱と柱の間に見える時計の針のようなものがついたいくつもの丸い穴。かなり奇抜なデザインだが、それだけではない。その機能性に注目だ。「Solar Wi...
最近は、男子のことをその性格や見た目に合わせて「○○男子」という言い方がよく使われます。女子に対してガツガツ向かう「肉食男子」、自分からはなかなか進めない...
そこに存在するのは、確かな違和感。でも、どこか神秘的で、写真から放たれるエネルギーに惹きつけられる──。以下の22枚は、あらゆる「生き物」を体全体で表現す...
週末の高速道路。事故渋滞で上下線共に通行止の大渋滞。これだけでもう、巻き込まれた人たちの気持ちに察しがつくもの。ところが、ある4人の機転で、その場にいた誰...
プール付きの庭のある生活なんて夢のまた夢、という人でもちょっと素通りできないようなエコ・コンシャスなこの話題。水草や葦が生える池、ではなくプールで泳ぐのが...
わたしたちが知ってるようで知らない、生き物の生態。当然ですが、あのハムスターでさえ、意外な生き方をしているのです。あらゆるものの寿命が掲載されている、いろ...
見た目は草食系なのに、中身は肉食系な女の子。つまりは「ロールキャベツ」みたいな女性を指して、ロールキャベツ系女子。おしとやかな見た目とのギャップにドキッと...
「クリームシチュー系男子」という言葉を聞いたことがありますか? 強さと優しさの両方を兼ね備えた魅力あふれる男子を意味しています。ここでは、彼らの具体的な項...
今、女性から人気とされる「クリーミー系男子」。外見だけでなく、内面も充実しているというのが、おおまかな特徴のようですが、ここではもっと細かく、彼らの特徴を...
たいていの体育会系新入社員は、学生時代に理不尽という壁を乗り越えてきている(一部を除いて)。その悲惨な体験はまったくもって無駄じゃない(はず)。例えば、彼...