今にも動き出しそう。一枚の紙から切り出した精巧な「ペーパークラフト」

ハサミで紙を切り抜いてイメージを形にしていく「切り絵」の世界。日本人にも馴染みある、あの“ハサミ芸”とは一味違った方法で、繊細な切り絵アートの魅力を伝えるインド人アーティストがいます。

リアルを追求した
精巧な「切り絵」アート

4e1f00c9f0188dd5e9548e4643ae271f452d5ec9A82568a8e972ceb415933c33583b36b515b5e4dc1991632d4ecad561b3790802765a8caddb346529

インド西部アフマダーバード出身の切り絵アーティスト、Parth Kothekarさん。切り抜いた型紙を用いてペイントしていく「ステンシルアート」を得意としていた彼。ですが、イメージを写した壁やベニヤ板ではなく、切り抜いた紙の芸術性の高さに注目したのは大の親友なのだとか。以来、精巧な切り抜きアートの世界に没頭していったKothekarさん。モチーフを描写する能力もさることながら、緻密で繊細なカッターさばきでイメージを切り出していきます。

ひたすら切り出すことで
生まれる躍動感がすごい…

E36a9d7425e163229a7ffb5947503b4e6940ff6c

たとえば、こちらの鳥の羽。そよ風にたなびく毛先の動きを忠実にとらえ、まずは下絵を描き上げていきます。

16e0e5244df9b4bae948c86d133f5150119ce357

今度は、1本1本の羽の間に慎重にカッターの刃を入れ、まるで本物そっくりの羽を作り上げてしまいました。この躍動感にも注目しながら、以下をチェック!

Df421e5e48ababdb9cba1e39dbb3343ddd953cfc820472d30bce231bc135df4f85087c9db5af861b369b27ab966bf8877444a414d7963d0fe45fe54bDbc60bf83d1fdce014510911dcb1bcf3005d847eDba61afbd55a249d72bfcb6083fc94bc3cb025aeD4b31f619e22796444b6675c6193749f13216788Dc8e6a9f4c9650d2fca3031c118d43edced668426e584389d714baf415fb5ffb73c3744fff47131e

どこか、インド伝統のヘナタトゥーを思わせる文様。確かにあちらも細かなデザインを筆先を使って丁寧に落としていく作業。Kothekarさんの意匠も、そうしたヘナタトゥーの繊細な世界観がインスピレーションにあるのかもしれませんね。

Caa7cb1505b6a5b0c9dcd8718d35ad85f9edfa081b456e489711ebef64e8f177631a058da34dbf052d1812f97d4dbcb0f8aa5a0c64eb5dbeda20869eF9d8fe53d0bba677d923491b65417e79c329b9049cd7f825e0450f71c55b6fff09b9c8f17dba61f61d89c88e9011cb9944a6e4212da1458cc4a169c578092252aae355dc3a41304b6b9b729ecb47eb4bC3d3ebff301c1fb13c24cb52ba78fdabca361f15866848ec8b0e02ee81263821795a3a5349a64465Bb506f23fbf88494ba912448ce44508be5633a2261ca65c4c19d19695188dc243ea84b8e4458ffd4

じつは彼の作品、「Etsy」を通じての購入も可能。サイズや細かさによって価格は異なりますが、安いものでは3,000円代から。額装すれば絵になること間違いなし!興味のある人はどうぞ。

Licensed material used with permission by parth kothekar, Instagram
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
Maude Whiteの作品の繊細さには理由がありました。彼女は、映像作家と物語作家の両親を持ち、映画と本に囲まれた環境で育ったアーティストです。書物の重...
ペーパークラフト作品をつくっているAliaksei Zholnerさん。彼がアップしている数々の動画には、なんと実際に稼働するエンジンの姿が。全部紙で出来...
トルコ・イスタンブールに在住のセナ・ルナさんが「ペーパークイリング」を始めたのはごく最近のことだそうです。2015年までは人事職に就いていた彼女ですが、仕...
まずは難しく考えず、パッとこれを見て下さい。写っているのは、誰もが知っている著名人の目元。ここだけではかなり難易度が高いですが、誰だかわかりますか?そして...
刺繍のように細かくて複雑なんだけど、どっしりとした迫力があります。一枚一枚を手で丁寧に加工して完成した肖像画は、ペーパーアーティストとして活躍するYuli...
子どもの頃、「紙でロケット」を創ったことがある。そのロケットは最新型の切り離せるタイプだった。自宅の玄関ホールで完成させた直後、裏の空き地へ移動した。発射...
ペーパークラフトが趣味のAliaksei Zholnerさん。ただの模型に飽き足らず、彼がつくり出すブツは工作好きのスケールを超えたもの。といっても、ビッ...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
今まで切り絵は、緻密でデリケートな平面作品ってイメージがありました。でも、イギリスで活躍するアーティストRich McCorさんの作品は一味違うんです。建...
「ペーパードレス」とは、文字通り紙で作られているドレス。1960年代、アメリカのポップカルチャーから生まれ、アンディ・ウォーホルをはじめ多くのアーティスト...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
この世界には、目に見えない生き物がたくさん存在しています。生態系の中で重要な役割を果たし、ときに人間にも大きな影響を与えているそんな生き物たちを見る機会は...
緑が豊かな夏を過ぎると色鮮やかな紅葉の秋になり、赤や黄色に輝いていた葉っぱは、冬にかけてヒラヒラと色褪せながら落下して積もっていく。地面いっぱいの落ち葉は...
クラフトビール、クラフトコーヒーに続く、新たな「クラフト」トレンドといえば、ミルク。ビール、ピザ、ハンバーガーなど幼き、若き頃のコンフォート・フードを「ハ...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
少量生産でもこだわりの味を提供する。サードウェーブコーヒーにはじまり、マイクロブリュー、Bean to Barと、いまやフードビジネスにおける“クラフト”...