今にも動き出しそう。一枚の紙から切り出した精巧な「ペーパークラフト」

ハサミで紙を切り抜いてイメージを形にしていく「切り絵」の世界。日本人にも馴染みある、あの“ハサミ芸”とは一味違った方法で、繊細な切り絵アートの魅力を伝えるインド人アーティストがいます。

リアルを追求した
精巧な「切り絵」アート

Medium 4e1f00c9f0188dd5e9548e4643ae271f452d5ec9Medium a82568a8e972ceb415933c33583b36b515b5e4dcMedium 1991632d4ecad561b3790802765a8caddb346529

インド西部アフマダーバード出身の切り絵アーティスト、Parth Kothekarさん。切り抜いた型紙を用いてペイントしていく「ステンシルアート」を得意としていた彼。ですが、イメージを写した壁やベニヤ板ではなく、切り抜いた紙の芸術性の高さに注目したのは大の親友なのだとか。以来、精巧な切り抜きアートの世界に没頭していったKothekarさん。モチーフを描写する能力もさることながら、緻密で繊細なカッターさばきでイメージを切り出していきます。

ひたすら切り出すことで
生まれる躍動感がすごい…

Medium e36a9d7425e163229a7ffb5947503b4e6940ff6c

たとえば、こちらの鳥の羽。そよ風にたなびく毛先の動きを忠実にとらえ、まずは下絵を描き上げていきます。

Medium 16e0e5244df9b4bae948c86d133f5150119ce357

今度は、1本1本の羽の間に慎重にカッターの刃を入れ、まるで本物そっくりの羽を作り上げてしまいました。この躍動感にも注目しながら、以下をチェック!

Medium df421e5e48ababdb9cba1e39dbb3343ddd953cfcMedium 820472d30bce231bc135df4f85087c9db5af861bMedium 369b27ab966bf8877444a414d7963d0fe45fe54bMedium dbc60bf83d1fdce014510911dcb1bcf3005d847eMedium dba61afbd55a249d72bfcb6083fc94bc3cb025aeMedium d4b31f619e22796444b6675c6193749f13216788Medium dc8e6a9f4c9650d2fca3031c118d43edced66842Medium 6e584389d714baf415fb5ffb73c3744fff47131e

どこか、インド伝統のヘナタトゥーを思わせる文様。確かにあちらも細かなデザインを筆先を使って丁寧に落としていく作業。Kothekarさんの意匠も、そうしたヘナタトゥーの繊細な世界観がインスピレーションにあるのかもしれませんね。

Medium caa7cb1505b6a5b0c9dcd8718d35ad85f9edfa08Medium 1b456e489711ebef64e8f177631a058da34dbf05Medium 2d1812f97d4dbcb0f8aa5a0c64eb5dbeda20869eMedium f9d8fe53d0bba677d923491b65417e79c329b904Medium 9cd7f825e0450f71c55b6fff09b9c8f17dba61f6Medium 1d89c88e9011cb9944a6e4212da1458cc4a169c5Medium 78092252aae355dc3a41304b6b9b729ecb47eb4bMedium c3d3ebff301c1fb13c24cb52ba78fdabca361f15Medium 866848ec8b0e02ee81263821795a3a5349a64465Medium bb506f23fbf88494ba912448ce44508be5633a22Medium 61ca65c4c19d19695188dc243ea84b8e4458ffd4

じつは彼の作品、「Etsy」を通じての購入も可能。サイズや細かさによって価格は異なりますが、安いものでは3,000円代から。額装すれば絵になること間違いなし!興味のある人はどうぞ。

Licensed material used with permission by parth kothekar, Instagram
Maude Whiteの作品の繊細さには理由がありました。彼女は、映像作家と物語作家の両親を持ち、映画と本に囲まれた環境で育ったアーティストです。書物の重...
ペーパークラフト作品をつくっているAliaksei Zholnerさん。彼がアップしている数々の動画には、なんと実際に稼働するエンジンの姿が。全部紙で出来...
トルコ・イスタンブールに在住のセナ・ルナさんが「ペーパークイリング」を始めたのはごく最近のことだそうです。2015年までは人事職に就いていた彼女ですが、仕...
子どもの頃、「紙でロケット」を創ったことがある。そのロケットは最新型の切り離せるタイプだった。自宅の玄関ホールで完成させた直後、裏の空き地へ移動した。発射...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
今まで切り絵は、緻密でデリケートな平面作品ってイメージがありました。でも、イギリスで活躍するアーティストRich McCorさんの作品は一味違うんです。建...
ペーパークラフトが趣味のAliaksei Zholnerさん。ただの模型に飽き足らず、彼がつくり出すブツは工作好きのスケールを超えたもの。といっても、ビッ...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
この世界には、目に見えない生き物がたくさん存在しています。生態系の中で重要な役割を果たし、ときに人間にも大きな影響を与えているそんな生き物たちを見る機会は...
クラフトビール、クラフトコーヒーに続く、新たな「クラフト」トレンドといえば、ミルク。ビール、ピザ、ハンバーガーなど幼き、若き頃のコンフォート・フードを「ハ...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
プレゼントの中身は大切だけど、入れものだってその一部。ラッピング次第で、持ち運ぶときの気分だって変わるもの。そして、包むといえば「紙」。では、こんなアレン...
ある日、ピカソがマーケットを歩いていると、手に一枚の紙を持った見知らぬ女性がこう話しかけてきたそうです。「ピカソさん、私あなたの大ファンなんです。この紙に...
少量生産でもこだわりの味を提供する。サードウェーブコーヒーにはじまり、マイクロブリュー、Bean to Barと、いまやフードビジネスにおける“クラフト”...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...