紙だけで創り上げられた「動く街」が、神ワザ過ぎる!

子どもの頃、「紙でロケット」を創ったことがある。

そのロケットは最新型の切り離せるタイプだった。自宅の玄関ホールで完成させた直後、裏の空き地へ移動した。発射準備にとりかかるためだ。ロケットに乗り込みカウントダウンはじめると胸が高鳴った。5・4・3・2・1…発射!ロケットは、ゴォーという爆音を鳴らして一気に大空へ。やがて、大気圏を抜けて宇宙へと飛び立った…。

もちろん、ラストシーンはフィクション。でも、紙でロケットを創ったのは事実だ。遊びの天才である子どもたちにとって、紙は万能なおもちゃだった。想像力によって、王冠にも、チャンピオンベルトにも、ピストルにもなるのだ。何を創ったかに多少の差はあるにせよ、誰でも一度は通った道だろう。しかし、大人に成長する過程で、僕たちのほとんどは紙で遊ぶことをやめていくのだ。

だからかもしれない。この「紙で動く街」が妙に気になった。一連の作品を手がけているのは、エディンバラを拠点に活躍するCharles Young。2014年8月スタートの『Paperholm』というプロジェクト、紙だけで635個もの街のパーツを創りあげたのだとか。数もさることながら、驚いたのはそのクオリティ。じつに繊細なタッチで芸が細かい。

86e960c9272eec6f28e8bc0b56ac1c202519b04e08c40576a2900164fdc088d0cf7efc801b0bf4ccBb486c8552a6ee207db02f2d55e7025d192b1b64C6f08dcca992fe21bce386c5410475c0d8f7dff66ac0399593e79a0a6a3b2a1bd131d3a1fef55762Ace4282661651f8e96af267b147c5316157eb1710ac1126d44833f9a241dd015cfd916189eb10cd71e7416d040a86e6d22d031f2dad2180aa8674920749b9f109a395884ad3c60147fd6320997ba557f0fc4e13fa6002123aee9af6d8e623c1c11b917ca4344e6defc37e810c7685a580c955e0976b003ee03882480c434b5659b2a943af4e05c3f6c12493d3baf83dd2513ce858192207d4ade845044fd0077Ffbda84bcc88a3ff1c78f024e22a5b88128e15f66e3e6b160ddf593097dd47ff7dba74ebb4b6634e0951efde717b70f17330e05f59fbdf0af9c84fd1

これらのパーツが1つ1つ組み合わされて「動く街」は完成する。

109bebc155e163143223ec2a2b6fd311fdf2868e77f74fd51f4e5784a6182fa494c423876d0a660e6a63cf9e6303c90ce1d9d5e955c86aacd731cab4

さらに驚かされるのは、このサイズ感!

ちなみにこのプロジェクト、アーティストへの支援(New Media Scotland)とクリエイティブ(Creatibe Scotland)の両面からサポートを受ける形で継続中。Charlesは、今年中に1,000個を目標に、街のパーツを毎日創り続けるとのこと。一体、どんなペーパータウンが完成するのか、今から楽しみである。

遊びの天才は、子どもだけじゃないんだな。

Licensed material used with permission by Paperholm, (Instagram)
ペーパークラフト作品をつくっているAliaksei Zholnerさん。彼がアップしている数々の動画には、なんと実際に稼働するエンジンの姿が。全部紙で出来...
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
001 大陸:南米002 国名:チリ003 都市名:バルパライソ004 日付:2012.5.5「この美しさ、まるでヨーロッパ」About the City...
刺繍のように細かくて複雑なんだけど、どっしりとした迫力があります。一枚一枚を手で丁寧に加工して完成した肖像画は、ペーパーアーティストとして活躍するYuli...
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
ハサミで紙を切り抜いてイメージを形にしていく「切り絵」の世界。日本人にも馴染みある、あの“ハサミ芸”とは一味違った方法で、繊細な切り絵アートの魅力を伝える...
世界一青い街と呼ばれ、旅人たちを魅了するシャウエンこと、シェフシャウエンの街。その一番の見所は、時間の経過に伴い、“青”の色みが変わること。特に必見は夜。...
部屋一面に、無数の人が並んでいる。コーヒー片手に歩く人、写真を撮っている旅行者、犬の散歩をしている人…。サイズは、大小さまざまだ。これは、ロンドン在住のア...
「紙」は、その存在を意識することがないほどに、私たちの暮らしのなかに浸透していますが、パソコンやスマートフォンが当たり前となった今、紙に触れることが少なく...
鉛筆を差し込み、くるくる回すと”花が咲いた”ーー。だれでも一度は経験があるかもしれません。捨てるにはもったいない輪冠状の削り屑。そこに着目したのが、日本人...
カリフォルニアには、LA以外の近郊の街にも魅力的な場所がたくさんあるので遊びにいくことが多いのですが、今回もサンフランシスコからサンタモニカに戻るまでに「...
王冠付きの瓶を開けようとして、栓抜きがないことに気がついたーー。そんな経験はありませんか?じつは紙1枚あればフタを開けることができちゃうんです。これはぜひ...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
このたび、セイコーエプソン株式会社が開発したのは、使用済みの紙を原料として新しい紙を生産する小型製紙機。オフィスで完結できる、小さく、新しい資源サイクルを...
動画に写っているのは、ジャクソン5の『サンタが街にやってくる』を、まるで踊るかのようにして手話で歌う3人の女性。見ているだけで笑顔にさせられる動画は、Fa...
沖縄県那覇市のパラソル通りにある、「みんなのほんだな」を知っていますか?本棚と聞いたら、自分のお気に入りを揃えていくイメージかもしれませんが、コレはひと味...
建物の壁面や商店のシャッターにスプレーやフェルトペンでなぐり描いたグラフィティ(文字だけのものはタギングとも)を読解するのは至難の技。あえて読みにくく描い...
フィリピンの首都マニラには、世界で最も劣悪な環境ともいわれるスモーキーマウンテンがある。約3年前、ここで暮らしていた3000世帯、15000人が立ち退き令...
バッハやモーツァルト、マリー・アントワネットの写真を教科書で見るたびに、あまりにも特徴的な髪型が気になって仕方がありませんでした。歴史に名を残す彼らが、ど...
紀元前から使われている、歴史ある素材「紙」。身の回りにも当たり前のようにあふれていますが、基本的に木の繊維からできているため、大量消費は環境破壊につながる...