読めない街の「らくがき」をきれいに清書してみたら・・・

建物の壁面や商店のシャッターにスプレーやフェルトペンでなぐり描いたグラフィティ(文字だけのものはタギングとも)を読解するのは至難の技。あえて読みにくく描いているとさえ思えてくる。だからこそ単なるらくがき感が強調され、美観を汚すものとして嫌われもする。

では、もしもそれが誰でも読みやすい書体で描かれていたらどう?もちろん、らくがきなことに変わりはない。けれど、整然と並んだ文字の羅列を見ていると、あまりノイズに感じられないのはなぜだろう。

らくがきを「上書き」すると
誰の目にもノイズにならない

読めない文字に着目したのがフランス人のMathieu Tremblinさん。彼は、街に描かれたグラフィティを一度ペンキで消したあと、書いてあった文字を解読して、それを誰もが読みやすい字(楷書)に書き換えるプロジェクト「Tag Cloud」を、2010年より開始した。文字通りらくがきを「上書き」するアーティストだ。

たとえば、こんな感じに。

234db4cdd8566259208e7730306027c43511ff6055377f6521463e62f1eb31a2266dabd47265fc9fF4077e8b26e57f231680f669a40394582496e0fd7c6acdeb62f3165ca41f01516327e529ad74241c

Mathieu Tremblin. Tag Clouds “Rue Montesquieu”. 2016. Lyon (FR).

1996年、10代のMathieuさんはノーマン・メイラー著『The Faith Of Graffiti』と出会う。ニックネームや所属するチーム名、怒りやスラングをスプレーに込めてなぐり描く。自身の存在意義を示そうとする文字は、根無し草のような彼らが示すアイデンティティそのものだと気付いたと言う。

Mathieuさんもスプレー缶を手にした。けれど彼には意図があった。

9ebd4061c746ef5a7d3fa472ef940afc4ebcfe1549962a53e62f680153f826c1e9a76f6224c28e35

Mathieu Tremblin. Tag Clouds “Rue de Gaillon”. 2010. Rennes (FR).

29ee4108ba420473f045f7f262c7cf46a10a6ce065c93b429e6941cabcb039c6214c5be0b68683ca

Mathieu Tremblin. Tag Clouds “Kruisstraattunnel”. 2013. Eindhoven (NL).

893350a32247881f0b8823b18420be3af001f15c42984a565da4f58aab04b983172e03d15e931977

Mathieu Tremblin. Tag Clouds “rue du Frout”. 2012. Quimper (FR).

5b8e92747262cc1f6533b8acefe86a9ca55e723266282992caa3f3201e1ac85d420ea3c48a22342b

Mathieu Tremblin. Tag Clouds “Colombier Optique”. 2010. Rennes (FR).

E5eda319aee5ae6bd41b37a48a023453bf06b16dF8012b69f3dd419907377aeb98b8fb9872c6fd27

Mathieu Tremblin. Tag Clouds “rue Jules Ferry”. 2012. Arles (FR).

8b099940292931c6a92791ad23dce4732fd8ff8c87218d6cf59834e3618fd2a900cff351102a99d0

Mathieu Tremblin. Tag Clouds “Gontardstraße/Karl-Liebknecht-straße”. 2010. Berlin (DE).

どこか、サインボードや広告のように見えなくもない。

単なる「自己欲求」から
「共有」できるアイコンへ

E4cc394ed5a821a42368ada698cd311c5bf40e18
Mathieu Tremblin. Tag Clouds “Place publique”. 2011. Toulouse (FR).

「街の壁やシャッターを汚すだけのグラフィティは、単なる自己欲求に過ぎない。でも、それを美しく見せることで“統制”が生まれるんです。僕は、誰にも読めないような文字をそのままにしておきたくなかった。誰にでも読みやすい記号に置き換える、それがプロジェクトのコンセプトです」。

単なるいたずら書きから、誰もが解読でき理解できる文字へ。このMathieuさんの実験芸術は、必ずしもグラフィティを否定するものではないようだ。グラフィティやタギングのすべてがらぐがきで、景観を汚すものとも限らない。けれど、彼が目指しているのは、読まれず理解できないグラフィティをデザインの力でタイポグラフィー化することだそう。「Memefest」のインタビューに対する応えからもそれは読みとれる。

「このプロジェクトを手がけている時、自分も気分はグラフィティ・アーティストになっています。無秩序の中から整合性を生み出していく作業です」。

都市の景観のなか、認識できて初めて「ストリートアート」だとMathieuさん。グラフィティを正当化しているか?といえば、そんなこともない。もしかしたら、彼のプロジェクトにより、街中でよく目にするような消してはまた描かれの“イタチごっこ”にも変化が訪れるかもしれない。

Reference:Memefest
Licensed material used with permission by Mathieu Tremblin
上から見ないとその全貌が掴めないほど巨大な、路上のペインティング。圧倒的なスケール感で街中に登場するこれらを見ていると、現実が破れて顔を出したような、不思...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
浴室、トイレ、息子の部屋…と家中に落書きをしているのは、ベルギーのイラストレーターJoke Neyrich。「家は私の大きなキャンバス」と言い切る彼女は、...
映像作品「I am Nature」には、ありのままの姿で自然の中に佇むふたりの男女が登場します。逆再生で時間を遡っていくと、彼らが元いた世界は身近にも感じ...
ロシア人アーティストKnavishkolaは、みんなにもっと身近な幸せに気づいてほしいと、このアニメーションを作成しました。わずか1カ月ほどで1億回もの再...
思い起こせば誰にでも一人くらいは、恩師と呼べるような先生がいるんじゃないでしょうか。この記事の主人公もきっと、いつかそう呼ばれるに違いないステキな先生です...
みなさん、こんにちは!「CAMPFIRE×LOCAL」の菅本香菜です。副業では旅するおむすび屋さん「むすんでひらいて」としても活動しています。 “シャッタ...
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
「バンクシー」は、世界的に有名なストリートアーティストとして知られています。その正体は誰にもわかりませんが、公共物を扱う非合法のアートが多いなか、作品に込...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
オーストラリア・シドニー在住のアーティスト、Miguel Marquezさんは、屋外にちょっとしたサインを掲示する作品を手がけています。まるで“公的な機関...
何気なく見た動画に、大きく心を揺さぶられることがあります。忙しい日々のなかで見落としていることや、もっと目を向けるべきだった出来事の数々ーー。ここで紹介し...
「ロサンゼルスのダウンタウン。ストリートに詰まった精神性やノイズ。壊れたままの建物や、アートとなって蘇った様々なもの。その全てに個性があり、その色やディテ...
フランスのイメージは、ロマンスの国。多くのプロジェクションマッピングを手がける、Julien Nonnonの新作もまた「やっぱりパリって、愛の街なんだ」と...
欧米では古い建物を壊すのではなく、中をリノベーションして長く使用します。アメリカ、特にニューヨークでは第二次大戦前に作られた建物や不動産を「Pre-war...
「日本人だけが読めないフォントがある」と、ネットで話題になったテキストがあります。それがこちら。さて、あなたはここに書かれた文字が読めますか?「カモンGU...
さすがは自由の国アメリカ、としか言いようがない!だって、ささっと落書き……いえ、イラストを描いただけのバナナが、9.99ドル(約1,071円)で飛ぶように...
人口約24万人(都市部全体だと約114万人)、フランス第5の地方都市ボルドー。この町を歩いていて感じるのは、若い人が多くて活気があるということ。それもその...
部屋一面に、無数の人が並んでいる。コーヒー片手に歩く人、写真を撮っている旅行者、犬の散歩をしている人…。サイズは、大小さまざまだ。これは、ロンドン在住のア...
未来では、性別で人を区別することなく、すべての人をありのまま受け入れる世界が広がっている。そう強く訴えるのは「Wildfang」が制作した動画。今、未来、...