何気ない日常に「メッセージ」で気づきを与えるアーティスト

誰もが目にしているはずなんだけど、見過ごしてしまうような街の風景。それをアート作品に昇華させるMichel Pederson氏。2013年から、このインスタレーション活動を開始しました。ちょっとしたイタズラとも思えるような、彼のユーモアある作品が、じわじわと心の芯に刺さってきませんか?

01.
どうか、そっとしておいて。

tumblr_nwiu6mPOic1rte5gyo6_1280

02.
これが、唯一の脱出方法

スクリーンショット 2015-10-23 13.08.41

逃げ道を確保するには…地球の反対側に向かって、とにかく穴を掘ること。必要なもの。①シャベル②強靭な筋力③十分な水と食料④友達、家族、Wi-Fiから、長期間離れることができる意思⑤そして、決意。

03.
呼吸測定器
tumblr_nqjqnmmoNM1t3t6f3o4_540

もしも、過呼吸気味に感じているのなら、この時計の針をよく見ながら、吸って吐いてのペースを合わせてごらん。呼吸がゆっくりになるまで続けること。楽なリズムになったら、ここを離れても大丈夫。

04.
ここで待ってて!

tumblr_nwiu6mPOic1rte5gyo1_1280もうすぐ、未来のあなたが会いにやってくる。それまで、じっとここで待ってて。

05.
シーッ、ここにいるって
誰にも言わないでよ

tumblr_nwiu6mPOic1rte5gyo5_1280

06.
電線の上に引っかかった
スニーカー

スクリーンショット 2015-10-23 12.39.59

頭上の電線にぶら下がったシューズは、13歳の少年がうんざりして放り投げた結果、1989年の11月12日以来、ここにひっかかったままになっています。あるじを失った孤独なシューズは、どんな天候にもめげずにここに留まり続け、現在、電線にぶら下がった世界最長記録を保持しています。

07.
出口はこちらでーす

tumblr_nohcujuS7I1t3t6f3o4_r1_540

08.
この場所での
気まずい沈黙の歴史

スクリーンショット 2015-10-23 12.40.22

このベンチにおける気まずい沈黙の最長記録は、2011年5月4日ここに座った3人の友達(ハンナ、クリス、エイダン)によって記録されている。クリスが昔話を持ち出したとき、エイダンは彼が話を自分のいいようにすり替えていると指摘した。ヒートする二人のやりとりを聞いていたハンナは、彼らに「誰だって遠い昔の記憶は曖昧」と、仲裁に入ったものの功を奏せず。4分32秒の沈黙をもたらした。

09.
天気の話なんて、
聞きたくもないよ

スクリーンショット 2015-10-23 12.54.18

 10.
主人の帰りを
じっと待つアームチェア

スクリーンショット 2015-10-23 12.40.51

2015年2月3日、仕事で失敗を犯したマーティン・ヒルは、肩を落として自宅に戻ってきた。そのままこの椅子に深く腰掛け、その夜、忽然と姿を消した。心配した家族は、議論の末このアームチェアを外に出すことに決めた。新鮮な空気にあて、日々の喧騒のなかにさらすことで、もしかしたら彼が戻ってくるかもしれないと願ってのことだ。みなさん、腰掛けないでくれてありがとう。

11.
隠すことなんてできないのさ

スクリーンショット 2015-10-23 12.39.09

「都市に暮らしていると、あまりのスピードに私たちは、ほとんどのものを目の隅に捉えただけで見た気になってしまう。だけどそれは、真実を見過ごしてしまっているということなのです」

誰も気づかないものに気づきを与える。自身の作品のコンセプトを「The Atlantic」に語るPederson氏の言葉を、最後にご紹介しました。

Reference :The Atlantic
Licensed material used with permission by Michel Pederson

オーストラリア・シドニー在住のアーティスト、Miguel Marquezさんは、屋外にちょっとしたサインを掲示する作品を手がけています。まるで“公的な機関...
誰かに背中を押されているような、ちょっと前向きになれるイラスト入りのメッセージが、シンガポールの街のあちこちに出現。どうやら、すべて一人のアーティストによ...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
部屋一面に、無数の人が並んでいる。コーヒー片手に歩く人、写真を撮っている旅行者、犬の散歩をしている人…。サイズは、大小さまざまだ。これは、ロンドン在住のア...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
弾けるような躍動感がある、ペイント。実はすべてコーヒーで描いているそう。ドイツ出身のDianaさんが描くアーティスト達は、それぞれの人物が放つオーラまで再...
韓国人イラストレーターHyocheon Jeong(@poetic.persona)さんの描く世界観に、甘酸っぱい想いを抱かずにはいられません。お互いを大...
上から見ないとその全貌が掴めないほど巨大な、路上のペインティング。圧倒的なスケール感で街中に登場するこれらを見ていると、現実が破れて顔を出したような、不思...
バーニングマンといえば、砂漠のど真ん中に1週間だけ街が生まれる伝説の野外フェス。あるのは仮設トイレと食料の鮮度を保つための氷のみ。命の保証はなく、"No ...
欧米では古い建物を壊すのではなく、中をリノベーションして長く使用します。アメリカ、特にニューヨークでは第二次大戦前に作られた建物や不動産を「Pre-war...
Curtis Wiklundさんのスケッチは、妻Jordinさんと過ごす普段の何気ない生活を描いたもの。しかし、ここで取り上げるには“ある理由”があります...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
アーティストLigia Fascioniさんは、ベルリンの壁が虐殺や差別、暴力などのネガティブな感情を思い起こさせるため「大嫌いだ」と言い切ります。だけど...
ニューヨークの観光名所として、賑わっている「ハイライン」には、たくさんのアート作品が並んでいます。ただ、今回紹介するヌードは、その中でも多くの人の記憶に残...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
2015年4月に登場したファレル・ウィリアムスとadidas Originalsとのコラボレーション企画「Supercolor」。50色展開のSupers...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...