街をさまよう「ゴミのモンスター」が、人々の心を動かす。

不気味なんだけど、愛着を感じてしまう化け物たち。様々な場所にあるこのアートは、通り過ぎる人々を楽しませるだけのものじゃありません。

「蘇ったゴミを見て、使い捨てについて考えて欲しい」。そう思い行動したFrancisco de Pajaroさんは、スペインを拠点に活動するアーティスト。彼によって、生まれ変わったゴミモンスターが心に語りかけます。

もう捨てちゃうの?
まだまだ使えるでしょ。

3a5ba51713b633986c5ba974e3848d5b6931efe4

「使い捨てが当たり前になった社会でも、まだ利用できるものはたくさんある」

ロンドン、バルセロナ、ニューヨークなど、幅広い場所で制作をするPajaroさんは、どの街でもこの思いを大切にしているんです。

もちろん、ゴミをゼロにすることは難しい。でも、一人ひとりがムダのない生活を意識するだけでも、少しずつ世の中は変わっていくはず。ゴミから生まれたモンスターたちはそれを伝えるために生まれました。

10c033b0d661b59d3ee38e1cd51c39792339f32e

ゴミだって集まるとすごいんだぞ!今からその力を見せてあげるね。

34c888e23fd75a767a0f7d40ee2c9b7604a837d0

自分たちの可能性を探す旅に行ってきます。

F49f19525268973c139a9c78aa3d4d11e80eecff

もう、二度とトイレとしては働かないぞ!

6d8688107739377d0e12cbf387b01c85ad64e942

やれやれ。人間たちが適当なところに捨てるから、自分であるべき場所に戻りますよっと。

65e06e4df047bef9d65bf6012ce9c5debddaaa3b

住み心地はどうかって?悪いに決まっているだろ。

Df4cd7d4796e4214d1d9870dd4b8474a27e82dc5

ブロロロロロロ〜!バンバン!まだまだ使えるゴミを巡って、争いが始まった。

29f2b4e3af8da45f54ea0e1e5eb628a4c443a702

うーん。自分の家がわからない。

69b4dfa800f2b136914b1cdf6f69e72fcbbfc22a

こんなところに化け物が!?って、そう叫んで逃げていった人間たち。それを作り出したのは誰かな?

2c2a9783a651efcf96aaeb09bc45b6664cfe9f31

捨てられるくらいなら、こっちから逃げ出してやる!

60b74a4b3394d70a14dbb1acaefe2b0c887bac31

今、世界がいらないモノで汚れてしまったら、次の世代にもきっと悪影響になるはず、と彼は語ります。

もしも、この問題を放置してしまったら、私たち自身が未来を壊してしまうモンスターになってしまうのかもしれません。

Licensed material used with permission by Francisco de Pajaro
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
言うは易く行うは難し──。環境を守ることの重要性は、誰もが認識し、口にする。では、一体どれだけの人が、具体的なアクションに落としこめているだろう?自戒を込...
フォトグラファーのAntoine Repesséさんは、ゴミ問題を写真で訴えるために4年間ひたすらいらなくなったものを集め続けました。種類ごとにわけて、各...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられているそうだ。しかし、このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用することが...
Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。何よりも海が...
今年もハロウィンナイトを楽しむ東京・渋谷駅付近は、まるで年末のカウントダウンのような酔狂ぶり。そして、日付が変わった2015年11月1日(日)朝、宴のあと...
いよいよ、ハロウィーンまで10日を切りました。どんな衣装で街に繰り出すか、当然もう決めているはず。で、今年は是非、小道具は少なめにして、手ぶらで参加しては...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
ヨーガン レールの名前を知っている人がどのくらいいるでしょう。衣・食・住すべてにおいて、心安らぐ手仕事のモノの価値にこだわり、今日のライフスタイルショップ...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
「1週間分のゴミを撮っている写真家がいるんだよ」と言われてもにわかには信じがたいですが、フォトグラファーのGregg Segalは、文字通り、人々の1週間...
毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられているーー。この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネ...
「プラスチックが海の生物にとってどれだけ有害か。そして、ストローがプラスチックを使った製品の中でもどれだけ無駄なものか」テキサスA&M大学で海洋生...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
世界中から観光客が訪れる有数のリゾート地「モルディブ」を目指して、一人のアクティブガールが海を渡りました。彼女の名前はAlison Teal、ハワイ生まれ...
ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳に...