思い出の音源がアートに変身。「カセットテープ」で表現するアーティストたちのポートレイト

1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げが伸びでいるんだそう。ですが、ここで紹介する使い方はまったくの別物。まさか、あのカセットテープでアート作品を創り上げようとは。

音は聞こえない。でも、
ミュージシャンを再現!

31ec734dd57c36f17510bb3399c52931f4df2968

たとえばこのジミヘン。一本の長〜いテープをすべて引っ張り出して、そのテープだけで見事に特徴的なアフロヘアを表現している。すべてカセットテープだけで制作したポートレイトだとは思えないこのクオリティ、お見事。

70cdf9949266511fce4538a282983c376efc9010

シカゴ在住の女性アーティストErika Iris Simmonsさんが得意とするのは、このカセットやビデオテープ、フィルムを切り貼りして製作していくミュージシャンや俳優たちのポートレイトだ。テープを引っ張り出しては糊付けしモノトーンの世界で表現していく。少しずつ少しずつ、テープの長さを計算しながらの製作は1点につき、少なくとも3〜4週間はかかるという。

誰も見向きもしない素材で人を驚かすアート作品を創出することが彼女のモットー。おそらく、これまでに誰も挑んでこなかった廃材テープを使ったアート作品を見ていこう。

髪の質感まで忠実に再現した
ミュージシャンたち

2052fff88a984c91045a41c9db97f83b2cf304f6

ロングヘアのツヤ感がよく出ているジョン・レノン。

E8526a6214be29451357e50aeda6125ab7d559ea

ドレッドヘアの特徴もテープだけで再現。

38c0fbd9237ec61b55f97f21c7dbdc6275c960ee

若き日のボブ・ディラン。

Dd810cdb6e303d0bf18003f7b1ed0a8bac9e784c

おでこに垂れた前髪が印象的なマイケル・ジャクソン。

E1978031f4caf0c964f59d1f825653727b37d9f4

カルチャー・クラブ時代のボーイ・ジョージ。

Fcf398388d6a16059b2a386427ed8e8bfa95a46b

ブロンドのロングヘアが印書的なカート・コバーン。

Ab549d7f87ee220d34fdbe3b5747bfb0ebe24b9a

パンク・ロックバンドThe Crushのセカンドアルバム『London Calling』。ステージ上でベースギターを叩き壊すポール・シムノンをジャケットに使用したこのシーンは有名。

スクリーンの演者たちも
テープ(フィルム)の中から

C4ade725d32cde91edd37354a9191cfbdcff6771

陰影で巧みに表現したアルフレッド・ヒッチコック。フィルムの送り穴が表情に印象を与えている。

0f45453894239e443d1c200524f2fee2b78c192c

ビデオテープを使って『パルプ・フィクション』のコンビを再現。

7eb99ce5db02f04ccc905a5bf38ba301c740eff1

フレンチツイストのオードリー・ヘップバーン。

937686066e7817620535833a9e49a948ed88396d

こちらはポルノスター、トレイシー・ローズ。

C42986035ffcc694a2454ba6ec49956407ff0883

ボンテージ・モデルの草分け的存在のベティ・ペイジ。

5bb40d5a541a79ec2f746e8e531bee1424008fa7

アナログレコードをバルーンに見立てたツィッギー。

2013年グラミー賞
シンボルロゴをデザイン

3ad1bd71dac71d22c11d52a453fe1fa65280d052

彼女を一躍有名にしたのが第55回グラミー賞(2013年)だった。ハーフインチの録音テープを用いて制作したグラミー賞のメインシンボルの蓄音機が、なんと公式アートワークとして採用されてしまったのだ。

「アナログテープでシンボルを制作するというErikaのコンセプトは、大変ユニークなだけでなく、グラミーと音楽界の歴史を象徴する卓越したアートワークだと思いました」

グラミー賞を主宰するThe Recording Academyの最高責任者Neil Portnow氏は、公式サイトを通じてこう賞賛。今では、Erika氏のテープアート作品は広告にも使われている。以下はアイウエアRay-BanのCMより。

Licensed material used with permission by Erika Simmons
ポートランドでは音楽事情も独特なのでは?という期待のもと、街のレコードショップを訪ね歩いている時、あることに気がつきました。カセットテープの棚があるんです...
その魅力が再評価されている、カセットテープ。音にこだわろうと思ったら、どのプレーヤーにすべきか迷ってしまいそうですが、見た目で決めるなら、この「Elbow...
その長さ距離にして約2キロメートル。1本の長〜い黒糸と28インチの自転車のリム。道具はこの二つだけ。あとは、リムの外周に200個設置したフック状の錨に、た...
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
弾けるような躍動感がある、ペイント。実はすべてコーヒーで描いているそう。ドイツ出身のDianaさんが描くアーティスト達は、それぞれの人物が放つオーラまで再...
夜、眠っているはずなのに意識だけはしっかりある。体をいくら動かそうにも全く動かず、近くに(あるいは寝ている体の上に)得体のしれない存在の気配がする──。い...
イギリス出身のアーティストDan Rawlingsさんの作品は、標識や車、ノコギリ、タンクなどといった生活に根付く金属類から驚くほど繊細な草木、人のシルエ...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
ふたたび流行っているのは知っている。CDより小さくて、本体のカラバリもたくさんあって、“なんかかわいい”っていうのもわかる。取り扱っているお店が増えて、い...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
世の中には、変わったアートもあるもので…。ここで紹介するのは、海外で使われている硬貨に大胆にもペインティングしてしまった変わり種。日本円だと罰せられる可能...
アーティストLigia Fascioniさんは、ベルリンの壁が虐殺や差別、暴力などのネガティブな感情を思い起こさせるため「大嫌いだ」と言い切ります。だけど...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
通常の思考なら、ただのゴミでしかない使用済ティーバッグ。しかし、Ruby Silvious氏がアーティストたる所以は、そこに新たな命を吹き込めることにある...
2015年4月に登場したファレル・ウィリアムスとadidas Originalsとのコラボレーション企画「Supercolor」。50色展開のSupers...
「アーティストが住みついたビル」というコンセプトの新しいスポットが、2017年9月16日にオープンした。場所は、日本橋。一棟ビル丸ごと使ってアート・音楽・...