ソニー、アイワなど名機100台がズラリ!「大ラジカセ展」に行ってきた。

ラジオとカセットが合体してできた、日本発のイノベーション=ラジカセ

おそらくオーバー40くらいの方々にとっては「持ってた!持ってた!」とノスタルジーを掻き立てる懐かしいアイテム、それ以外の年代ではほとんど馴染みのない未知なる物体でしょう。

そんなラジカセを100台以上展示した、その名も「大ラジカセ展」が西武渋谷店で開催(会期は2017年8月2日〜8月14日まで)。様子を伺うくらいな感じでふらっと立ち寄ってみたら、ガッツリ2時間以上見入ってしまうことに…。その展示内容の一部をご紹介します。

“ラジカセの元祖”がお出迎え

6957d651b49f476b07e00b5a6e3322175ba252e4B973750322227ee679daef2adcb5c6527e91a75e

場内に足を踏み入れると、まず1968年に発売された“ラジカセの元祖”(AIWA「TPR-101」)がお出迎え。

定価は27,500円。当時のサラリーマンの平均月収が45,000円ほどだったことを考えると、かなり高価な代物でありながら、ラジオが録音できることが受けてよく売れたそうです。

年代ごとに区分けされた
個性豊かなラジカセが、ズラリ。

03e844f9e90b20ded3f63ab68be56eb30270c4c0F45510ba6dcab6de7dbfa1ad34d8c70985a0e5fc

この「大ラジカセ展」は、日本随一のラジカセ・マニアであり、家電蒐集家の松崎順一さんが監修。5,000台(!)にものぼる膨大なコレクションの中から、選りすぐりのビンテージ・ラジカセが100台あまり展示されています。

A1d173a2a7990981013b8418f259872bc002e262

ソニー、アイワ、サンヨー、パナソニックなど、メーカーがしのぎを削って進化させた、創意工夫に満ちたラジカセを見ていると、“家電王国”と呼ばれた日本の国力のようなものを感じずにはいられなかったほど。

松崎さんも、ラジカセについてこんなふうに綴っています。

かつての家電王国、日本が生んだ世界に誇る合体家電、それがラジカセ。日本人が得意とする機能の合体、複合。ラジカセはまさにこの日本オリジナルの合体・複合というキーワードに誕生した世界に誇る家電なのである。

ブッ飛んだ発想が痛快!

E8c897f04d6c7383dff4decb8986d6f71e23fe0a

なかにはこんな変わりダネも…。ラジカセ+テレビ!

C7845fe37f1ef98ca69c77590763124c53433328

そして、ラジカセ+キーボード!!

C234f258167bc659e11ece1d96534fd223bf4f85

さらに、ラジカセ+UFO…!?

そもそも“合体家電”であったラジカセは、多機能化する宿命だっと松崎さんは言います。

最初はラジオとカセットしか付いてなかったけど、テレビもキーボードも付けちゃいましょうと。考えて付けたというよりは、とにかく付けちゃいましょうと。そう、ラジカセって、なんでもアリなんですよね(笑)。

大ラジカセ展、それはある種の
歴史民俗博物館?

E0b394f6d0347c03f1ed5d00b3801c9c193301ee0c6093c724637493e1ecfd1e840251f33fe81464

パンフレットや書籍、カセットテープなど今では入手困難な貴重資料も多数展示されていて、もう時間を忘れて見入ってしまいました(なので、スケジュールに十分余裕を持って来場されることをオススメします)。

つまるところ「大ラジカセ展」とは、ラジカセというフィルターを通して70〜80年代の風俗や国民性を考証する、ある種の歴史民俗博物館といえるのではないか…?

って、いささか話が飛躍してしまいましたが、アラフォー男子としては郷愁とともに純粋に面白かったし、きっとラジカセに触れたことのない若い方も十分に楽しめるはず。気になった方はこちらで詳細をご確認あれ。

text & photographs by Akihiro Okumura(TABI LABO)

Reference:年次統計
80年代後半〜90年代前半にあったようなスケルトンのラジカセ、現行品です。ただただレトロと言ってしまうには、スポーティーで今の気分。チープ でガチャガチャ...
ポートランドでは音楽事情も独特なのでは?という期待のもと、街のレコードショップを訪ね歩いている時、あることに気がつきました。カセットテープの棚があるんです...
忙しない一週間を終えて、ホッとひと息つきたい週末。一旦アタマをからっぽにして、イギリスのラジオ局「Radio X」が選んだ“おバカ”なミュージックビデオで...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
一般的にロックスターは、若くして亡くなってしまう。しかし、彼らは音楽と共にいつまでもファンの胸の中で生き続ける。曲を聞けばステージでノリまくっている姿が目...
その魅力が再評価されている、カセットテープ。音にこだわろうと思ったら、どのプレーヤーにすべきか迷ってしまいそうですが、見た目で決めるなら、この「Elbow...
ふたたび流行っているのは知っている。CDより小さくて、本体のカラバリもたくさんあって、“なんかかわいい”っていうのもわかる。取り扱っているお店が増えて、い...
「愛らしい妖怪」がたくさん登場するという同展覧会。なんとなく、妖怪というと“恐いもの”というイメージがありますが、その定義はさまざま。妖怪は、日本人が古く...
「ブーブは、逆から読んでもブーブ♪」そんな歌がいま注目されています。Boobは英語で"おっぱい"という意味。楽曲のアイデアは8歳の少年のものでした。が、参...
『Science Vs. Music(科学VS音楽)』 と銘打たれたミュージックビデオは、サウンドを可視化した斬新な映像作品だ。特定の周波数が生み出す音の...
音楽、映画、文学など、誰にだって心のよりどころとしている作品があるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週はロック・バー「...
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
2014年夏、全米で話題となった99歳のおばあちゃんLillian Weberさん。当時、彼女にはある目標があった。「100歳の誕生日までに1,000着の...
ご存知、NIRVANAと共に90年代のUSロックシーンを席巻した伝説的バンド・The Smashing Pumpkins(ザ・スマッシング・パンプキンズ)...
「ロック・スター、ホテルで暴れがち〜」とは、かのレイザーラモンRGの名言(?)だが、そんなイメージを植え付けたのは、あるいはレッド・ツェッペリンの功罪とい...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画、『disCOVER!』。今回ピックアップしたのは、フランス...
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
ロシアのあるクリエイティブ・エージェンシーが、世界で初めてとなる試み「ストリートミュージシャン専門の音楽レーベル」を立ち上げました。
1976年ミネソタ。冒険とハンバーガーをこよなく愛するH.RockwellとJ.Wattのふたりは、アドベンチャーバーガーというショップを開いた。『BUR...
激しくも心がジーンと温まるすばらしい出来栄えとなった、奈良の3人組バンド・LOSTAGE(ロストエイジ)の最新作『In Dreams』。早くも名盤との呼び...