「スケルトンのラジカセ」が、なかなかいい感じ。

80年代後半〜90年代前半にあったようなスケルトンのラジカセ、現行品です。

ただただレトロと言ってしまうには、スポーティーで今の気分。チープでガチャガチャしているところも新鮮で、購入してみました。有名メーカーの中古品より断然安いですし。

カセットテープ専門ショップやレーベルが話題になっている昨今、カセットで音楽を聴くっていう遊びも悪くありません。

コレを購入してからは、通勤帰宅時にアルバム1枚(曲をとばしたりできないですからね)をまるっと聴くのが日課に。ストレージの奥深くに眠っているテープを引っ張り出してくるにも楽しいです。

次の週末は、中目黒の『waltz』あたりに足を運んでみるかな〜。

楽天市場で購入可能です。

4e46c266d332aaa8a44aca60ced91e57bb87336aE2ec22e620264e7e0b4c11e2d7777d0f796427c07f29f883c1c525fc6e5d80c717f30bb0fde5410e38d2b52dd4de24cc36d971ed14872e56669fd5b0

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

ラジオとカセットが合体してできた、日本発のイノベーション=ラジカセ。おそらくオーバー40くらいの方々にとっては「持ってた!持ってた!」とノスタルジーを掻き...
ポートランドでは音楽事情も独特なのでは?という期待のもと、街のレコードショップを訪ね歩いている時、あることに気がつきました。カセットテープの棚があるんです...
その魅力が再評価されている、カセットテープ。音にこだわろうと思ったら、どのプレーヤーにすべきか迷ってしまいそうですが、見た目で決めるなら、この「Elbow...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
ふたたび流行っているのは知っている。CDより小さくて、本体のカラバリもたくさんあって、“なんかかわいい”っていうのもわかる。取り扱っているお店が増えて、い...
アメリカブランド〈OOFOS(ウーファス)〉の「OOriginal」はパッと見はビーサンのようですが、登山やトレランのリカバリーシューズとして開発されたモデル。
電卓って、いいよね。でも、なかなかいいのがなくてね。それで、めっちゃ探して、海外から輸入している文房具屋さんの通販で見つけたのが、これ。カバーをパカッと取...
Appleユーザーやファンにとって待望の新製品発表会が、日本時間の9月10日午前2時より開催されます。毎回のことどんな発表があるのか予想がされますが、幾つ...
〈BOBBY DAZZLER(ボビー・ダズラー)〉は、ロンドン生まれ。古着などを使ったハンドメイドの人形です。手作りなので、当然すべて1点ものになります。...
まわりからよく「いい子」と言われる女性に警告です。こと恋愛においては「いい子」は褒め言葉じゃありません。どちらかと言えば「けなしている」に近い表現なのかも...
〈Apple〉の「Smart Battery Case」は純正だからこその機能を持っています。意外と知らない人が多いけれど、優秀なプロダクトです。
地表や岩の上ではいつくばるように成長する苔。深緑色の絨毯が広がる様は、古くから日本人の美意識の中にある苔のイメージですよね。ところが、北欧フィンランドの苔...
いつもどおりの賑わいを見せる店内に現れたひとりの男性。彼はレジの横にラジカセをドンと置き、BGMに合わせながら注文を開始した。今回このドッキリに参加したの...
やっぱり文具は定番品がいい。長年愛されて存在し続ける理由がそこにはあるのだ。僕が使っているメモのセットは、メモパッドの定番中の定番、〈ロディア〉の「NO....
2015年11月24日に動物愛護団体「PETA Foundation」によって公開されたこの動画は、ウール製品を利用する人々へ向けた啓発を目的としたもの。...
お気に入りのハンカチです。水彩画のような、淡く重なった色合いが綺麗でしょう。これを持っていると、周りの人からおばあちゃんみたいだねって言われるんですけれど...
クリップの両端についたマグネットでモノを挟む、これ以上ないぐらいシンプルな機能の「Brunt Clip(ブラントクリップ)」。ただし、マグネットが強力です。
〈ARTS&CRAFTS(アーツアンドクラフツ)〉による巾着タイプのバッグ。上部はパラフィンを染み込ませたのコットン、下部は馬革という贅沢な作りは、ユニセ...
同社の掃除機や空調家電は、知らない人を探すほうが難しいくらいの知名度。でも、「照明」の存在を知っている人は、意外と少ないのでは?恥ずかしながら、かくいう自...
〈LA COMPAGNIE BMC〉のカラフェは、プラスチックだからこそのカラーリングやカタチが楽しめます。70年代、フランスの学校などで使用されていたモ...