走りながらドラムは叩ける!を証明したストイックなドラマー

音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバーと、知られざるカバーバージョンを紹介する連載企画「disCOVER!」。

今回ピックアップしたのは、エドワード・ヴァン・ヘイレン(通称・エディ)率いるアメリカのハードロックバンド、ヴァン・ヘイレンの「ジャンプ」です。そう、80年代に一世を風靡した大ヒット曲ですね。

まずはオリジナルを聴いてみてください。

どうでしょう?今にも平野レミが躍り出てきそうなくらい(?)、これぞまさに王道の80'sサウンド!

イントロのシンセが鳴った瞬間、タイトル通り“ジャンプ”したくなってしまうのはわたしだけではないはず(2分30秒あたりの、デイヴィッド・リー・ロスの開脚真一文字ジャンプがスゴい)。エディの代名詞=ライトハンド(タッピング)奏法にもギターキッズはすべからく胸アツなのでは?

猛暑で何のやる気もでないとき、すぐさまプレイリストから選びたいですね。今回はそんな「ジャンプ」を、よりフィジカルに表現する人を発見。それが、こちら。

淡々と走るランナーと
熱いサウンドのコントラスト

「ジャンプ」をかけながらランニングマシーンでジョギング…まではわかるんですが、ドラムまで叩いちゃっています、この方。

途中からヒートアップして激しくなってきたりするのかな?と、期待半分、恐さ半分で最後まで観てみると…もったいぶるものでもないのでネタバレしちゃいますが、特に変化なく最後まで走り(叩き)続けます。

サウンドの熱さに反して、あくまでも淡々と進んでいくシュール&ストイックなこの映像。

でもなんだか、いい感じに脱力してて、ちょっと元気でませんか?

天才ギタリスト・エディ、
「ミニオンズ」にも登場!?

ちなみにエディといえば天才ギタリストとして様々なミュージシャンの楽曲にゲスト参加していて、中でも名高いのは“キング・オブ・ポップ”ことマイケル・ジャクソンの「ビート・イット(今夜はビート・イット)」でしょう。ドライブ感あふれるギターリフ、そして即興で演奏したというソロはさすがエディ!といえる出来栄え。

また、映画『ミニオンズ』でもエディのギターソロが登場するシーンがあったりして、未だその影響力は衰え知らず。気になった方はぜひディグってみてください!

イギー・ポップとザ・ストゥージズ。'67年に結成したこのバンドを知っているだろうか?正直、僕はそれほど知らなかった。3枚のアルバムを発表したのだが、過激で...
一般的にロックスターは、若くして亡くなってしまう。しかし、彼らは音楽と共にいつまでもファンの胸の中で生き続ける。曲を聞けばステージでノリまくっている姿が目...
練習場所がなかなか確保できないのが、ドラムの悩みのひとつ。ドラムセットは高価だし、なんと言っても音が大きい。日本の住宅事情では、部屋にドラムを用意するのは...
ご存知、NIRVANAと共に90年代のUSロックシーンを席巻した伝説的バンド・The Smashing Pumpkins(ザ・スマッシング・パンプキンズ)...
ザ・ビートルズといえば、世代を越えた伝説的バンド。そんな彼らがこれまでに生み出してきた楽曲から、71曲を抜粋してたった5分間にまとめて演奏してしまったドラ...
動画に登場したのはひとりの少女。サッカー日本代表チームのユニフォームを着て、応援のためにとドラムセットの前へ座ったのだとか。しかし、叩きだすとその様子は一...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画、『disCOVER!』。今回ピックアップしたのは、フランス...
路上にバケツをズラっと並べる一人の青年。彼が手に持っているのはドラムスティック。どうやら海外で活動している路上パフォーマーのようですが、その驚異的なテクニ...
マット・ボルチマーは「eCUSSIONIST」を名乗るドラマー。最近NYを騒がせているお祭り兄ちゃんです。名まえにも現れている通り、エレクトロとパーカッシ...
2015年7月。ちょっとメンバーの多いバンドが結成され話題になりました。ロックバンドのメンバーといえば、ギターベースドラムキーボード…と考えると3~5人く...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。前々回、前回に続いて、the band apartのドラマー・木暮栄...
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
今でこそ「世界最強のロックバンド!」なんて具合に讃えられている“レッチリ”ことレッド・ホット・チリ・ペッパーズですが、かつてはほぼ全裸ライブ、ほぼ全裸のミ...
大音量のミュージックに乗って暗闇でバイクをこぐ「FEELCYCLE」や、同じくBGM&暗闇で行う格闘系フィットネスクラブ「b-monster」のように、昨...
電子パーカッションのなかでも、このコンパクトさとシンプルなインターフェースはインパクトがあります。持ち運びがとびきりラクそうで、余計なボタン、スイッチがな...
大勢のお客さんの前で歌うロックスター。さぞかし気持ちがいいでしょうね!そんな姿に憧れたことがある人も多いでしょう。そんな思いを察してか「誰の中にだって、ロ...
ネットやAIが急激に発達している現代では、技術というとなんとなく無機質なイメージ。毎日触れているのに、どこか近寄りづらい印象すらある。でも、その根底にある...
音楽史に輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画、『disCOVER!』。今回ピックアップしたのは、カート・コバー...
野外フェスが本格的にシーズンインするこれからの季節。ライブ好きのみなさんを「科学のチカラ」が後押ししてくれそうです。Science alertの記事による...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...