ポケットに入るドラムセット!いつでもどこでも叩けます

練習場所がなかなか確保できないのが、ドラムの悩みのひとつ。ドラムセットは高価だし、なんと言っても音が大きい。日本の住宅事情では、部屋にドラムを用意するのは、高嶺の花と言っていいでしょう。かといって毎回スタジオに行くのは面倒だし、お金もかかるし、電子ドラムも結局場所はとる…。

そんな悩みをすべて解決するプロダクトが、Kickstarterに登場。

エアドラムなのに
音が出る!

Medium dc2255c018fcb5d5f89c123edb8cad77c02086fd

Photo:Freedrum

それがこの「Freedrum」。ドラムスティックにくっつける小さなデバイスです。これをつけてスティックを空中で動かすと…ちゃんとドラムの音が鳴るんです。

Medium abbf75482ba765a4e3eb9daefe72ae23c7c85de8

Photo:Freedrum

さらにシンバルの場所を叩けばシンバルの音が、スネアの場所を叩けばスネアの音が鳴ってくれます。さらに足のデバイスを追加すれば、キックやハイハットのコントロールもOK。

まさにドラムセットがなくても、いつでもどこでもドラムが叩けちゃうんです。動画を音つきで見てみてください。

スティックや足につけて
ペアリングするだけ

7cf607b6aedacdddcd63ba92d4f2e0e65fc158cb

Photo:Freedrum

使い方は簡単。ドラムスティックや足に取り付けて、あとはスマートフォンにペアリングするだけ。iPhoneやiPadのGaragebandで使用することが推奨されてはいますが、Bluetooth MIDIが使えれば、原理的にはどんなデバイス・アプリでも使用可能です。

(ただし、Androidでは数ミリ秒レベルの微妙な音の遅れがあるそう)。

どこでも、いつでも
叩けます

Medium 29bf3afafeef412c79123374e3be574d4c698f63

Photo:Freedrum

Medium 53abb54421b47a9320d6d47b063e685c5b75b586

Photo:Freedrum

価格は「Kickstarter」からなら2つで89ドル〜(約9,000円)、両手両足4つ分でも169ドル(約17,000円)と、電子ドラムよりも安いのが嬉しいところ。

2017年の8月には出荷される見込みで、日本を含む世界中どこへでも発送してくれます。現在Kickstarter以外での販売は予定されていないので、練習場所に困っているドラマーはぜひ支援してみては?

Licensed material used with permission by Freedrum
中国で1,200台のドラムが同時演奏!世界記録を更新!SNSでも話題殺到中の、とてつもない規模のドラムセッション。このド迫力な演奏と、大きすぎる規模に世界...
閑静な住宅街。人々が寝静まった真夜中に、ある実験が行われました。動画の彼はまず、ドラムセットに腰かけると、ものすごい勢いで叩きはじめます。間髪入れずに隣人...
電子パーカッションのなかでも、このコンパクトさとシンプルなインターフェースはインパクトがあります。持ち運びがとびきりラクそうで、余計なボタン、スイッチがな...
大音量のミュージックに乗って暗闇でバイクをこぐ「FEELCYCLE」や、同じくBGM&暗闇で行う格闘系フィットネスクラブ「b-monster」のように、昨...
動画に登場したのはひとりの少女。サッカー日本代表チームのユニフォームを着て、応援のためにとドラムセットの前へ座ったのだとか。しかし、叩きだすとその様子は一...
打面に張られたグラスファイバーコーティングによって、ミニマルながらいい感じの響きになっています。叩いている様子を見てみましょう。結構いいでしょ?それに、持...
マット・ボルチマーは「eCUSSIONIST」を名乗るドラマー。最近NYを騒がせているお祭り兄ちゃんです。名まえにも現れている通り、エレクトロとパーカッシ...
かさばるのはイヤ!持ち物は少ない方がいい。そんなあなたに、もってこいの財布をご紹介します。ポケットにいれたのを忘れるほどの“極薄財布” オーストラリア生ま...
iPhone 6 Plusユーザーに朗報?大きすぎるサイズ感に対する驚きの解決策とは・・・。アムステルダムのアップルストアにできた行列。そして突如姿を現し...
路上にバケツをズラっと並べる一人の青年。彼が手に持っているのはドラムスティック。どうやら海外で活動している路上パフォーマーのようですが、その驚異的なテクニ...
ひとり暮らしやアウトドアには最適かも?足で踏むだけで使える、小型の洗濯機が話題!「Drumi」は電気が要らない超お手軽サイズのドラム式洗濯機。動画を見てみ...
スマホに関する、ちょっと耳を疑いたくなるようなニュースがアメリカから届きました。ポケットに入れていたスマホが、突然過熱してやけどを負い、10日間も入院する...
1926年にスマートフォンの登場を予測していた人物がいた!という記事が米メディア「Big Think」に掲載されています。その人物とは、ニコラ・テスラ。彼...
アホや・・・。ヘッドバンギングしながらドラムを叩き、ギターをかき鳴らし、マイクにお尻を向ける長髪のおにいさん。音楽って無限。  Top photo by ...
スポーツの世界で競技の要素に音楽を取り入れているものはいくつかある。たとえばフィギュアスケート、シンクロナイズドスイミング、スノーボードやモーグルなどの競...
新しい技術やアイデアで、今もなお進化し続ける「楽器」。ここで紹介する演奏シーンを見たら、その無限の可能性に驚くことでしょう。音楽は、身近なものでも作り出せ...
ザ・ビートルズといえば、世代を越えた伝説的バンド。そんな彼らがこれまでに生み出してきた楽曲から、71曲を抜粋してたった5分間にまとめて演奏してしまったドラ...
天才ドラマー現れる!こちら、現在9歳のJonahくん。完成度の高い少年ドラマーは、それだけでも天性のものを感じてしまうが、彼は更にひと味違う。楽譜なしで演...
呼気からアルコール濃度を検知し、その日のペース配分や、明日への影響、お酒が抜けるまでの時間などをアドバイスしてくれるポケットサイズのアイテム。その名も「T...
2011年に発表されたこの「青いサンセット」。どういうこと!?と驚いてしまいますが、実は地球から見たサンセットではないようです。NASAの火星探査機「オポ...