ずっと好きなバンドの、いちばん好きなアルバムです。

かき氷屋さんの店長にして、話題のバンド「ねこね、こねこね。」のメンバーという異色のプロフィールを持つ、むらまつえりかさん。かき氷の大いなる可能性(?)を語っていただいた前回につづいて、今回からむらまつさんがずっと大切にしている5つの“オール・タイム・フェイバリット”をご紹介。ひとつめは、こちら――。

夜の音楽、『ソルファ』の魅力

むらまつえりか:『ソルファ』はアジカン(ASIAN KUNG-FU GENERATION)の2枚目のアルバムなんですけど、作品全体の雰囲気が夜っぽくてすごい好きで。「夜の向こう」っていう曲もあるし、「海岸通り」とかも夕方っぽいですし、「振動覚」も深夜から朝にかけてみたいなイメージがして。

結構、夕方から明け方前くらいの曲の雰囲気が好きですね。とはいえ昼間っぽい曲も好きなんですけどね(笑)。

今でもアジカンがいちばん好きですね。ずっと変わらないです。アジカンだけはCDを全部持ってて。発売したらすぐに買って、絵画のように集めていますね。

 ――アジカンがきっかけでギターを弾くようになって?

むらまつ:ギターを弾いてみようと思ったのはチャットモンチーがきっかけですね。チャットモンチーのいちばん最初の赤いアルバム(『耳鳴り』)を聴いて、「あっ、女の子が弾いてもかっこいいんだ!」って思って、それで自分でもギターをはじめました。

で、アジカンを聴いた時はベースを買いました(笑)。『NARUTO』の主題歌になってた「遥か彼方」を聴いたら、最初のベースがすごいかっこよくて。それでベースを買って、イントロだけ弾いて満足して。それ以来ベースは弾いてないので、全然やってるうちに入らないんですけど…(笑)。

バンドに目覚めたきっかけ

 ――『ソルファ』に出会った当時のことは覚えてますか?

むらまつ:通ってた塾に、「すごい『ソルファ』が良いんだよ!」って言ってる男の子がいて。知り合いじゃなかったんですけど、その“ソルファ”っていう言葉がすごい耳に残って、「何だろう?」と思って。

で、聴いてみたらびっくりするくらいかっこよくて。もともと音楽は好きで、小学生の時はDo As Infinityとかが好きだったんですけど、バンドのかっこよさに目覚めたのはアジカンがきっかけですね。バンド・サウンドにハマったきっかけ。すごいグッときました。

その後はコーネリアスとか、実験的な音楽を聴くようになって。最近は青葉市子さんとか、歌とギター1本のシンプルなものもよく聴きますね。ダフト・パンクとか、エレクトロ系とかも聴いてます。

はい、最近「あっ、良いな」って思うのは、“耳心地の良いもの”が多いかもしれないですね。

『ソルファ』

2004年10月に発表されたアジカンの2ndアルバム。バンド初のオリコンチャート1位を獲得した記念碑的作品で、2016年には新たにレコーディングし直した再録盤も発売された。ちなみに“ソルファ(sol-fa)”とは音階の“ドレミファ”の意。

次回につづきます。前回はこちら

イギー・ポップとザ・ストゥージズ。'67年に結成したこのバンドを知っているだろうか?正直、僕はそれほど知らなかった。3枚のアルバムを発表したのだが、過激で...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
ダブルワーク、要するに副業・兼業が珍しくない世の中になったとはいえ、“ミュージシャン×かき氷屋さん”という掛け合わせは、日本広しといえどこの方くらいなので...
ご存知、NIRVANAと共に90年代のUSロックシーンを席巻した伝説的バンド・The Smashing Pumpkins(ザ・スマッシング・パンプキンズ)...
ここは、中国最大のカンフーアカデミー「Shaolin Temple Kung Fu Academy」。動画は、そこで修行を積んでいる36,000人の子ども...
2011年に結成したお茶目なロサンゼルスのバンド「Vulfpeck(ヴルフペック)」が、3月2日にアルバム『The Beautiful Game』の日本盤...
音楽好きにとっては、すごくいい時代だと思う。ビジネスとして見たら、音源が売れないとかいろいろ課題があるのもわかってるけれど、いちリスナーとしてはこんなに楽...
2015年7月。ちょっとメンバーの多いバンドが結成され話題になりました。ロックバンドのメンバーといえば、ギターベースドラムキーボード…と考えると3~5人く...
あなたのお子さんは、純粋に遊んでいるように見えて実は想像以上に大人かもしれません。小さいながらも、発展途上国にいて食べ物がなくて苦しむ同じ子どもたちを助け...
誰にだって心のよりどころとしている音楽や映画がひとつはあるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週は話題のバンド、「ねこね...
どんなものでも、それは、だれかにとっては特別でロマンのあるもの。この世は、小さなものから大きなものまで、だれかの “フェイバリット(=好きなもの)” で溢...
Oasis不朽の名曲「Rock ‘n’ Roll Star」をカバーして話題となっているKero Kero Bonito(ケロケロボニト)。7月に日本デビ...
スピーカーの前でずっと踊っていた。振動が全身に伝わる感覚が好きだ。これは、そんな人にうってつけのアイテム。“腕に巻くサブウーファー”だ。振動が体に響くだけ...
激しくも心がジーンと温まるすばらしい出来栄えとなった、奈良の3人組バンド・LOSTAGE(ロストエイジ)の最新作『In Dreams』。早くも名盤との呼び...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」が本日からスタート。気になるあの人のラック&リコメンド盤3枚をご紹介し...
ついに、こんなものまで…。お洒落なキャットハウスや猫のためのワインなど、猫のための贅沢アイテムが次々と出てきますが、今回はなんと「猫のための音楽」が完成し...
小さくて不思議な形状のキーボード。これは、イギリスのROLI社から発売された「Seaboard Block」。平らな形状でキーの境目も曖昧。一見キーボード...
楽器をもっとクールなものにしたい。そう感じたのは、ミュージシャンのBrockett Parsons氏。彼はレディー・ガガのキーボーディストをつとめるほどの...
言語研究サイト「Ethnologue」(2015年度版)によると、世界には実に「7,457」もの言語が存在するそう。想像をはるかに上回る数字だけれど、英語...