一本の「長〜い糸」だけで、これらのポートレイトは描かれていた

その長さ距離にして約2キロメートル。1本の長〜い黒糸と28インチの自転車のリム。道具はこの二つだけ。あとは、リムの外周に200個設置したフック状の錨に、ただひたすら放射線状に糸を絡めていく。これを約3,000〜4,000回繰り返していく地道な作業の先に、想像もつかない展開が待っていた。

張り続けること3,000回以上
「糸」が輪郭を形成する

Efc473bf16612afc6535d6999bad0ce40bf9830eBadb290de03b8ebf56c4622bdfb263e459028761072acfb509ef9dc7c783979c22f43edd0841ddd6C742c4960facd85f9f4f720f6dd53ef8f2ccb977

単純に糸を張り合わせていくようなものではない。できあがりをイメージしながら、放射状に張った糸の重なり具合を緻密に算出し、韻暗をつくりあげていく。そうして、糸を重ね合わせていくことで立体的に浮き上がってきたのが、ルネサンス期に活躍した画家エル・グレコの肖像画のモチーフだ。

Ff8d7ccefcad02972ffc5892b157054461dbd30630cc1846beb99e803a2abb09c6b8dd46a242c229Ac8da87b140e85431eb1b306c5868daa033a7da9Fc7bba6682a96386784b920bdf7047571db21a799d1141a1003aadb69a621c2f3b142014ab065adfBbe50fa1127244908d206a33f0012c944560a00eD7a9a188c52219f0e2cb9595cd3c51e62d14d852

テクノロジーを駆使しても
最後は人間の手で創造する

「A new way to knit」と題された一連の作品は、ギリシャ人アーティストPetros Vrellisさんによるもの。じつは彼が最も得意とするのは、ニットを使った制作ではなく、コンピューターサイエンスによるデジタルアートが専門分野。

今回のプロジェクトもデジタル画像を取り込んだプログラム上のアルゴリズムから、糸の張り方を計算していったそう。計算から導き出されたパターンは、じつに20億通り。そこからパターンを最適化して導き出したのがこの技法。さすがに、これは人間の力だけでは太刀打ちできない。

けれど、最後は人の手にこだわったrellisさん。こちらも気の遠くなるような作業をひたすら繰り返し、ビザンティン美術の表情が蘇った。

編み物の歴史は旧石器時代まで遡る。ニット編みを技法として用いるアート作品は数あれど、放射線状にしか糸を張っていけないという、デザインパターンに極端な制限があるなかで表現していく上では、ポートレイトが最も興味深い対象だった、とVrellisさん。以下の動画では、実際に長〜い糸を丁寧に編み込んでいくプロセスが確認できる。

Licensed material used with permission by Petros Vrellis, (Website)
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
モントリオールで活動するフォトグラファー、Mikaël Theimerの一番大好きな被写体は、恋人のMarion Munezさん。写真を撮られるのが大っ嫌...
Apple Watchにワイヤレスヘッドホン、電子タバコ、すべて21世紀のテクノロジーから生まれたプロダクト。では、もしこれらが19世紀の人々の生活に浸透...
何年か前に編み物に挑戦したことがある。一度やったことがある人ならわかると思うのだけど、何度も繰り返し編む作業はなかなか根気がいる。それに、編み方を間違えた...
そろそろ気温も落ちてきて、夜も長くなってきましたね。そんな季節にぴったりの趣味があります。それは編み物。ここでは「Little Things」にまとめられ...
見た目のインパクト大!な「超極太ニット」。寒くなるこれからの季節に、ブランケットとしても使えると評判ですが、どうやら今年の超極太ニットは、さらにバージョン...
2017年は、6月10日が「世界編み物デー」だとか。そう聞くと、なんとなく編み物が好きな女性のための1日をイメージするかもしれませんが、ここで紹介するのは...
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
「寒天培養」と聞いてピンとくるでしょうか。ナニソレ?という人のためにちょっとだけ説明すると、つまりはシャーレの中に寒天培地をつくって細菌を培養すること。培...
ここで紹介するのは、2016年2月4日(木)に発売された「SPRING 2016 ナイキ テック ニット コレクション」。質感にこだわった新しい糸を利用...
ケーキを切っていたら、生地がつぶれてクリームがはみ出してしまったり、ゆで卵を切ろうとしたら黄身がボロボロになったり……。包丁でうまく切ることができない食材...
フランス人アーティストのXavier Casaltaさんは、点の集まりだけで絵を描く、「点描画家」。紹介した作品「Leopard」は、ペン先の太さわずか0...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
鉛筆で描く…のではなく、鉛筆を削ることで表現するアートが話題です。しかも芯だけではなく、鉛筆全体を使った創作が凄い!以下、その画像を紹介します。01.02...
水圧転写させて絵画を描く「エブル」は、マーブリングを意味するトルコ語で、墨流しなどと類似しており、水の上に絵を描く特殊な技法です。と、小難しい話はさておき...
夜、眠っているはずなのに意識だけはしっかりある。体をいくら動かそうにも全く動かず、近くに(あるいは寝ている体の上に)得体のしれない存在の気配がする──。い...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
ニットをハンガーにかけておいて、型崩れしたり、伸びたりした経験はありませんか?これからは、その心配は無用。長時間ハンガーにかけておいても問題ない畳み方を、...