日本は地球の「鍵」になる。ノルウェーから届いたメッセージ。

疑問と困惑を食べてほしい。

これが、ノルウェー人アーティストRune Guneriussenさんの芸術が持つ“共通言語”。自然のなかにある人工物は、「美しい」のか、「悲しい」のか?

4569827596563917fb93263d915e820f7e5df641A78ef5b753d899b1785196320bec43fefb52cf7d66c8e7e7ce94f6b188ee1bf29697a423d36c896bFe4a747358a3b32c18a23dcca16eadd1ebff4382B4a864df7486875c984da25926472876e706ac9aF583c80d65a448195b3d02e5f0083d1f536965db4e6d97a9934dc4ab76c4cf496af64b6f08eb0355800c77b88753a1240768f88fd948e33eb719deed

彼が生み出した、自然のなかに在る人間の欲求を初めて見たとき、もっとたくさん伝えることがあると思っていた。たとえば、どこからインスピレーションを得て、なぜこれらのアイテムを選んだのか。何をもって“人間を表すモノ”としたのか。聞きたいこともたくさんあった。

けれど、雑談のように日本について話していたとき、彼のなかにある「日本」を覗いて、いま伝えるべきことはひとつだと思ったのだ。

B6ee385dd3542b045e3261f91ea292e9e2bb3d85F82175889214b1640695b4cf5ed20d8cb1ecfd78

テクノロジーは人間と地球をおいて、足早に成長していってしまう。ノルウェーも発展した国だけれど、日本という小さな国は、技術進化の最前線を常に走っている。とても興味深くて、リスペクトしているよ。だけど少し怖いんだ。

残された資源を、これからも守りつづけられるかどうか。この世界の、重要な鍵を握っているとも思っている。

Licensed material used with permission by Rune Guneriussen, (Instagram), (Facebook)
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
生き方や死について。ときには、人種について。ラップに自らの思いを乗せ、我々に語りかける人気ラッパーPrince EAさん。今回は「エネルギー」「地球温暖化...
鍵は夢のなかで、精神世界の扉を開ける道具として現れます!では、細かくはどんな意味が含まれているのでしょう?<鍵の扱いに要注目>秘密や心の扉を開けるものを暗...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
Apple Watchにワイヤレスヘッドホン、電子タバコ、すべて21世紀のテクノロジーから生まれたプロダクト。では、もしこれらが19世紀の人々の生活に浸透...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
今の自分は、過去の自分の選択に基づいて生まれた結果。そして未来の自分はこれから自分が下す選択の積み重ねによって生まれる。 そう、人生において問われるのは「...
彼の名前は「Graham(グラハム)」。メルボルン大学の外科医、自動車事故調査官の意見をもとに、アーティストが製作した人体標本だ。まるでミュータントのよう...
誰かに背中を押されているような、ちょっと前向きになれるイラスト入りのメッセージが、シンガポールの街のあちこちに出現。どうやら、すべて一人のアーティストによ...
いま、小説家 佐藤愛子さんのエッセイ『九十歳。何がめでたい』が注目されています。執筆時の年齢は92歳。彼女が綴る文章は、辛辣な表現がありながらも人生を真っ...
僕たちが今、当たり前のように生きていられるのには、様々な要因が関わっている。地球、水、オゾン層の誕生、さらには人間そのものの肺、脳機能の進化など。でも、そ...
Flóra Borsiさんは、アイデンティティ、人間関係、感情や夢にテーマを絞った作品を手がけるハンガリーのフォトグラファー。姿形が全く違う動物と人間なの...
努力をすれば報われる。それは正しいことかもしれないけれど、きっと現実はそれだけじゃないはず。誰にでもチャンスがある世界にするためには、何が必要なのか?そん...
その長さ距離にして約2キロメートル。1本の長〜い黒糸と28インチの自転車のリム。道具はこの二つだけ。あとは、リムの外周に200個設置したフック状の錨に、た...
テクノロジーの進化は私たちをいろんな面から解放してくれます。ひとつは「ライフスタイル」。 固定電話からモバイルになったことでいつでもどこでも連絡が取れるよ...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
捨てられた鍵や古びたコインも、創造力とノウハウさえあれば、見事なアート作品に化けてしまう。オーストラリア出身のアーティスト「Morekey」ことMiche...
今までの人生を振り返ってみて、「すべてに満足している」と自信を持って答えられる人のほうが少ないでしょう。生きていれば悩むことも、立ち止まることもあります。...
数世代前の人々にとって、現代の暮らしは夢のようなもの。そんなことを感じさせてくれるのが、人類史を簡単にまとめた動画『What Happened Befor...