誤解していた・・・貧困について知っておくべき「10の真実」とは?

「問題を共有し、世界を変えろ」を合言葉に、様々なジャンルの情報を発信している米メディア「faithit」。今回は、「多くの人が貧困問題を見誤っている」と世界に警鐘を鳴らしています。

「貧困」は一言では語れない複雑な問題。人によって見方が違うのは仕方のない部分でもあります。それでも、公式な数字を用いて説得力のある主張を展開するこの記事には一見の価値があるのではないでしょうか。

shutterstock_103273247_R

01.
20年前より、
状況は改善されている

shutterstock_82064815_R

これは本当に良いニュース。貧困の状況は徐々に改善されている。20年前は、世界で約8億500万人が十分な食事を取ることができていないと言われていた。現在は、その半分の人数まで減っている。

02.
実は、食料不足「ではない」

世界では、毎日約70億人分の食料が生産されている。貧困が続く原因は、アクセスが悪くて食料が上手く行き届かなかったり、そもそも食料を買うための収入がないことが主な理由。

03.
エイズやマラリアよりも
死亡率が高い

shutterstock_216950602_R

エイズやマラリア、結核は確かに恐ろしい病気。でも、それらの病気で亡くなる人の合計よりも、貧困が原因で命を落とす人のほうが多い。WFP(国際連合世界食糧計画)発表では、1日に約6,000人が「飢え」によってこの世を去っているそう。実に、15秒に1人が亡くなっていることに。

04.
本当に飢えている人は、
痩せ細っていない!?

極度の栄養失調になると、「ぽっこりお腹」になることが。これは「腹水」と呼ばれる状態。栄養が不足しているため、血管の中ではなく、お腹に水が貯まっている状態。適切な食事をとり、ビタミンとミネラルを補給しなければ、臓器機能が低下。最悪、止まってしまう可能性も。

05.
農業のノウハウより、
目先の食料を欲している

shutterstock_82800541_R

作物を育てるためには、多くの時間とエネルギーが必要。まず、飢餓や栄養失調に苦しむ人々に与えるべきは食料だ。十分に栄養を補給しなければ、作物を育てる余裕は生まれない。

06.
「災害」の多くが、
貧困を生むわけではない

災害が原因で貧困状態になるのは、たったの約8%。この数字は、WFP(国際連合世界食糧計画)が明らかにしたもの。もちろん、復旧活動は大切なこと。非営利団体などによる支援が行われていることも事実だ。しかし、貧困の主な原因は災害ではない。

07.
データを活用し、
飢餓を予期できる!?

shutterstock_86990822_R

現代は各国のデータ共有システムが急速に発展。飢餓が起こりそうな地域を、早期の段階で特定できるようになっている。この取り組みは、多くの国で試験的に実施中。

08.
天然痘と同じく、
貧困問題も「解決できる」

「世界から貧困をなくすことはできない」という考えは時代遅れ。1980年に天然痘が撲滅したように、貧困問題も改善の方向に向かう。あらゆる取り組みがこのまま続けば、いつか完全に解決できるはず。

09.
多くの要素が
複雑に絡み合っている

shutterstock_139741561_R

もし、飢餓を簡単に解決できるなら、すでにこの世からなくなっているはず。しかし、貧困の原因は一つだけでなく、多くの要素が複雑に絡み合っている。例えば、環境問題や汚職。農業の知識や歴史なども該当する。

10.
金持ちでなくとも、
できることはある!

自分は金持ちでもなく、有名でもない。影響力だってない。貧困を解決するのは、他の誰かがやってくれるはず。そのように考えるかもしれない。

しかし、もし世界の貧困がなくなるとしたら、それは世界中の人が協力して問題に立ち向かう時。過去25年間で、現在が最もボランティアや寄付をする機会が多い。

あなたが小さなアクションを起こせば、世界は確実に変わっていくはず。

Licensed material used with permission by faithit

Twitter、Facebook、Instagram、どのSNSにも溢れている食べ物の写真。プロアマの垣根を越えて、およそ100万もの「グルメフォト」が毎...
努力をすれば報われる。それは正しいことかもしれないけれど、きっと現実はそれだけじゃないはず。誰にでもチャンスがある世界にするためには、何が必要なのか?そん...
「広い世界を見てみたい」、という情熱だけで海外に飛び出していたころの自分は、少ない資金で毎日ギリギリの生活をしていた。バックパッキングにおいて原動力となる...
「ペルーで政府主導のとあるプロジェクトが、貧困地域に暮らす人々のライフスタイルを一変させようとしている」。ライターJustin Gammill氏はペルー政...
足の裏が“第二の心臓”と言われるのは、心臓から送り出された血液がカラダを巡り、また心臓へと戻るための循環ポンプの役割を担っているから。カラダの各機関に直結...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jpギャルモデルであり、現役・慶応義塾大学大学院生でもあ...
誰だって、つらい経験をし、自分の人生に絶望してしまいそうになることがあります。しかし、どんなにつらいことでもいずれ終わりが来ます。そして私たちは、そこから...
当たり前のように習慣化していたことを、急にしなくなる。反対に、まったく意識していなかったことに、関心を持ち始める。これらは、あなたが「人生を変化させたい」...
「Collective-Evolution」の創設者、Joe Martino氏の記事を紹介します。彼は"世界にある奇妙な常識"について書いており、多くの反...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
今の自分は、過去の自分の選択に基づいて生まれた結果。そして未来の自分はこれから自分が下す選択の積み重ねによって生まれる。 そう、人生において問われるのは「...
最近、人間関係がうまくいっていない・・・。そんなあなたは、相手の感情を理解しようとしているだろうか?円満な人間関係を築くコツは、人の感情まで深く理解するこ...
社会に飛び出して、自信をつけた人もいるでしょう。逆に、周りから差をつけられて焦っている人もいるでしょう。30代に向けてのステップアップでもある20代…。「...
ブロガーVishnu Subramaniam氏は断言します。この世には、鵜呑みにしてはいけない「7つの嘘」があると。じつは彼、数年前に人生のどん底を経験し...
多忙な日常に追われ、つい忘れがち。でも、絶対に覚えておくべき。そんな教訓の数々をまとめた記事が「Marc and Angel Hack Life」に掲載さ...
自分の人生をどう捉え、どう演出していくか。節目の年齢、40歳を迎えたライターCat O'connor氏は、20代、30代に向けてアドバイスを送ります。彼女...
年々増え続ける世界人口は2012年に70億人を突破、今や72億人もの人々が地球上に居る。国連の調査では、2050年には約90億人になると推測されているが、...
「自分は何をしたいのか」「どういう人と働きたいのか」「どんなスキルがあるのか」を軸に、自分らしい働き方を追求する人が増えてきています。働き方が多様化するな...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
超情報化社会。現代は要らないもので溢れている。 自分を守り抜き、いまを自由に生きるためには、不要なものを見定め、捨てる勇気が必要だ。ここでは、その真理を知...