子どもと一緒に「成長する靴」。誰も考えつかなかったアイデアが貧困地域を足元から支えている

足の裏が“第二の心臓”と言われるのは、心臓から送り出された血液がカラダを巡り、また心臓へと戻るための循環ポンプの役割を担っているから。カラダの各機関に直結する、人間にとって大切な役割があります。

スクリーンショット 2015-07-01 14.46.19

不要になった衣料品や靴を回収し、貧困地域へと送り届ける支援団体「SOLES4SOULS」の調査によると、現在、世界には靴がなく裸足での生活を余儀なくされている子どもが、およそ3億人もいるんだそう。当然、素足は危険との隣り合わせ。傷口から感染症を引き起こすこともあります。食料や衣類と同様に、子どもたちの足元を守る意味でも靴の寄付は欠かせません。
ところが、子どもたちの成長はとにかく早い。だから、せっかく送られてきた靴を履いていても、それが子どもの成長に追いつかず、結局は足のサイズに合わない靴を無理やり履くか、裸足に戻ってしまうことが多いようです。これでは、成長の妨げになることは明らか。

こうした状況を目の当たりにした一人のアメリカ人青年が、ある斬新なアイデアで開発した靴が、いま注目を浴びています。

スクリーンショット 2015-07-01 14.35.57

Because International」の創設者であるKenton Lee氏。彼は2007年、ナイロビで生活をしていたとき、ある少女との出会いをきっかけに、“成長する靴”「The Shoe That Grows」を思いつきました。

ある日、彼は道ばたで遊ぶ少女になぜか目が止まりました。「その子が履いていた靴から目が離れなかった」とLee氏。それは、少女が身長とはあまりにも不釣り合いな、小さな靴を履いていたからだとか。そのとき、あるひらめきが彼の頭に浮びました。子どもたちの成長に合わせて靴も大きくなれば、いつでも足にフィットする靴を履いていられるはずと。
Lee氏はすぐにクラウドファウンディングを通じて寄付を募り、“成長する靴”の開発に着手しました。そして、完成したのが「The Shoe That Grows」です。

スクリーンショット 2015-07-01 14.38.10

スクリーンショット 2015-07-01 14.40.24年齢とともに靴が成長する仕掛けは、つま先、サイド、かかとの3つの拡張機能にあります。つま先は5段階に広げられ、成長に合わせて5年間は履き続けることができるように設計されています。

スクリーンショット 2015-07-01 14.37.48

スクリーンショット 2015-07-01 14.40.44

スクリーンショット 2015-07-01 14.41.34

5歳〜9歳にフィットする小サイズ。10歳〜14歳までは大サイズと、成長期の子どもたちに合わせた2サイズを展開。何よりも耐久性を重要視した、シンプルなつくりにこだわりました。すり減りにくい圧縮ゴムをソールに採用し、アッパーも丈夫な革を素材に使用。小さい子どもでも扱いやすいよう止め金具はボタンとベルトだけに。手入れも操作も簡単にする工夫が随所に見られます。

スクリーンショット 2015-07-01 16.10.02

スクリーンショット 2015-07-01 16.04.42

現在Lee氏の靴は、インド、カンボジア、マラウイ共和国、メキシコの4ヶ国で支援を続けるNPO組織とパートナーシップを組み、定期的に各地の子どもたちの元へと送り届けられています。すでに目標の$5万ドルに対して$6万ドル(約740万円)の寄付が集まっているそう。貧困地域に暮らす子どもたちと一緒に、Lee氏の靴も成長していることでしょう。

Licensed material used with permission by Because International

Twitter、Facebook、Instagram、どのSNSにも溢れている食べ物の写真。プロアマの垣根を越えて、およそ100万もの「グルメフォト」が毎...
「問題を共有し、世界を変えろ」を合言葉に、様々なジャンルの情報を発信している米メディア「faithit」。今回は、「多くの人が貧困問題を見誤っている」と世...
「ペルーで政府主導のとあるプロジェクトが、貧困地域に暮らす人々のライフスタイルを一変させようとしている」。ライターJustin Gammill氏はペルー政...
努力をすれば報われる。それは正しいことかもしれないけれど、きっと現実はそれだけじゃないはず。誰にでもチャンスがある世界にするためには、何が必要なのか?そん...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
2008年、東京・南青山のビルの一室にオープンした靴磨き専門店「Brift H(ブリフトアッシュ)」。その創立者の一人が、明石優という人物だ。目の肥えたハ...
自分の足にぴったりのフィット感にできるところが、ひものついたスニーカーのいいところ。でも、脱ぎ履きするたびにいちいち結び直すのも大変だし、無精してそのまま...
一見すると、靴ひも結びが面倒だ!という人のためだけに作られたもののようにも見えますが、いろいろな用途があって楽しいのがこの「Zubits」。仕組みはとても...
子どもの成長は早い。靴のサイズはすぐに合わなくなります。そのため、新しい1足を買う余裕のない途上国の子どもたちは、フィットしていないものを無理やり履き続け...
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
いい靴に出会うと、20年だってつき合うことができるといいます。一緒に年を重ねるごとにどんどん自分の足に馴染んでくる。こうなるともう、完全にパートナーみたい...
言うまでもなく、靴は身の回りに溢れているもの。でも、そんな靴の存在が強く印象に残っている「夢」は、あることを暗示しているのだそう。ここでは、シチュエーショ...
代々木公園での「Aozora靴磨き教室」や自由大学での講義「20年履ける靴に育てる」など、靴磨きに馴染みのない人たちに、そのハウツーを広めている明石優さん...
「靴磨きを毎日の歯磨きくらい当たり前のことにしたい。ちゃんと手入れすれば、20年は履けますよ」。先日公開したインタビュー記事の中で、このように述べている靴...
おとぎ話の『シンデレラ』から始まり、映画でも『プリティウーマン』や『ノッティングヒルの恋人』など、格差を乗り越えて描かれるラブストーリーはじつに多彩。育ち...
子どもの成長はとにかく早い。すぐに服のサイズが合わなくなっちゃうから、ほとんど使い捨て状態になってしまうことも…。だからと言ってそのたびに買い換えるのはお...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jpギャルモデルであり、現役・慶応義塾大学大学院生でもあ...
アメリカ・ニューハンプシャー州にあるアニマルシェルター。ここでは、ペットに食事を用意できないほど貧しい家族や高齢者に、ペットフードを寄付していました。しか...
マーク・ザッカーバーグCEOが出産報告とともに、夫妻が持つ99%の株式を慈善事業に寄付すると発表し話題になりましたが、投稿には彼が誕生したばかりの娘に向け...
なめらかな風合いが魅力のスエード靴。特に淡い色はその美しさとはうらはらに、雨ジミや泥汚れが付くと落としにくいという厄介な一面も。今回はそんなスエードのお手...