もしも、子どもと一緒に成長する「服」があったなら…

子どもの成長はとにかく早い。すぐに服のサイズが合わなくなっちゃうから、ほとんど使い捨て状態になってしまうことも…。だからと言ってそのたびに買い換えるのはお金もかかるし、まだ使える服を捨てちゃうなんて、環境にも良くない気がします。

でももし、服も子どもと一緒に「成長できる」としたら?

そのコンセプトは、「Slow Fashion for Fast Growing Kids」。

針も糸も使わず
サイズ調整できる服

9a39ce2957fced033a6ad16d50fcd4fdb4a95d0c

20センチほど調整できるこの服。

個人差もありますが、だいたい6歳から9歳程度、じつに3年以上着られることに。この時期の子どもは成長が早いことを考えると、驚くべきロングライフです。

93f743fd89b0a13521f08d50aa60aba8045bbf07917a6c3e66432fa90afad7eed3aeaf3b730dbe6c

サイズ調整の秘密は、ウエストや袖のデザイン。ゴムを出したり、袖をまくったりするだけで、簡単にサイズが変えられるんです。

お直しにも対応

21295cd13e3c4ceb297bbe307c53fcc5e53a8fae

さらに大きなサイズ変更の場合、付属の布地を継ぎ足すことで対応可能。

自分でやってもいいのですが、メーカーも引き受けてやってくれるそう。さすがにもう着られないかも…と思っても、少し手を加えれれば意外と着られちゃったり。

9e92f3b0e8ae751589739bf62e7f9a326c9b8ed0E5f2473e1f435f5f0690ccc78983820252762653

ユニセックスデザインで
性別にとらわれない表現を

88cd5782635a45fb179c03cec3813bf6969af738

もうひとつのポイントは、ユニセックスなプリント。男の子らしさ、女の子らしさに捉われず、自由に自己表現をしてほしい、という願いが込められています。

3bf0aa0735231af713c9df4a4df05127852ac0ed

リバーシブルになっているものも多く、飽きがきにくいのも嬉しいところ。長く使うものだからこその工夫だそうです。

素材まで
環境にやさしい服

ゴミを減らすだけでなく、服の素材自体も環境に配慮されています。染料やインクも、オーガニックなものを使用。

お財布にも環境にも優しいこの子ども服。自分でお直しする楽しさにも気付けそうです。

5a8a0eb926d5fb04eca566d87472d79de4915ae8

現在「Kickstarter」で支援を受付中で、アイテムにもよりますが、もっとも安いものだと上下で86ドル(約9,500円)。3年以上着られることを考えれば、お得な気も。

子育て世代が少ないからか、共感の声のわりには、支援目標額にはまだ届いていないようです。たとえ今回のプロジェクトが未達に終わっても「リメイクしながらモノを長く使い続ける心」の大切さは、多くの人に届いたのではないでしょうか。

Licensed material used with permission by JAKE + MAYA [kids]
子どもの成長は早く、スクスク育つことは周りの大人にとっても幸せなこと。ただ、買っても買っても服のサイズがすぐに変わることに悩む人も多いと思う。そこで、「P...
新しい服を買うのは、いつだって心躍るもの。でも、古くなった服についても少しだけ思いを馳せて身ませんか?もうそんなに着ることはないけれど、捨てるのはもったい...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
男の子=電車やロケット、女の子=花柄やハート。色でいえばブルーにピンク。大人のもの以上に、子供服にはこれら定着したイメージが、今も色濃く反映されています。...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...
過激な社会実験をYouTubeに投稿する「Joysalads」。小さな子を持つすべてのパパママに向けて、今回の動画を発信しています。他人事と思わずに観て欲...
Cath Witten氏は、子どもを産まない人生を選択した女性のひとりです。しかし、ときおり心が傷むような言葉をかけられることがあるとElephant J...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
「愛する子どものために、いつだって素敵なママでいたい」。そうは思っていても、忙しい日々の中ではイライラしてしまうこと、ついつい声を荒げてしまうことってあり...
どの国にとっても、クリスマスは特別な季節。街中に魔法がかかったような冬のひと時に、ポーランドのIwona Podlasińskaさんは、自分の2人の息子と...
「なぁ、俺たち友だちだろ? 友だちなら一緒にタバコ吸えよ」なんだか、昔の記憶が蘇るようなこの言葉。この動画では「ピアプレッシャー」について親子で語っていま...
ファッションは自分を主張するツールのひとつ。けれど、どうして病院のガウン(病衣)は、みな一様に同じ色、同じかたちのものなのか?大人だったら、こんなこと考え...
子どもが不機嫌になって泣くと大人は叱りつけ、失礼な態度をとると注意する。よくよく考えると、私たちだって同じことをしてしまうことはあるのに、どうして子どもだ...
子どもの目線で日常を見るために、小型カメラ付きのサングラスをかけさせてみました。そうして気づいた、いろいろなこと──。お母さんって、予測不可能な子どもの行...
彼の名前は、Louis。4年間で世界65ヶ国を巡り、現在もお母さんと旅を続けている、11歳の男の子です。そんなLouisくんが、子どもと旅に出かける親に知...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
足の裏が“第二の心臓”と言われるのは、心臓から送り出された血液がカラダを巡り、また心臓へと戻るための循環ポンプの役割を担っているから。カラダの各機関に直結...
大の大人なら、ある程度は共通したイメージを持てる「警察」も、子どもの場合は少し変わった姿になってしまう。そんなことを教えてくれた「CUT」の動画。アメリカ...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...