ママ歓喜!子どもが「片付けを嫌がらない」魔法のバッグ

どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました。まずはこちらの画像を見てください。

D99e2d2d4966aa1770225dc298f97da0764527fe

小さな男の子が、せっせとオモチャの線路をつないでいます。電車、陸橋、ブロック、積み木…。必要なものはたくさん。あっちこっちにレールを延ばしていたら、突然ママの呼ぶ声。「片付けなさーい」。

この後片付けがどうしてもうまくいかない子どもたち。いつまでもノロノロしてたり、キレイにしたつもりでいても、オモチャが残っていたり。ところが、ノルウェーのブランド「KAOS」がデザインしたバッグ「SAMLESAK」は一味違います。

「遊び場」に早変わり!
プレイマット兼用バッグ

1811f84e4bfe4fef16dbecb1372e2129c3671fec4d53d7e81c9b43eb603405cb55ed5a79a1be17f3

ジャーン!小さな男の子が遊んでいたのは、口を広げたこのバッグの中だったんです。キャンバス地のバッグを風呂敷のように開くと、直径120センチのプレイマットに早変わり。これがSAMLESAKが魔法のバッグたるゆえんです。

もう一度見てみましょう。

どんなに散らかしても…

E3cd2fdf80f7151bd72b8fad84df0b199f424acb

キュッと絞るだけ!

38e78a58a758e8645d3153a99dbe1503b58059d8

ご覧のとおり、口紐をギュッと引っ張っるだけで、中身がぎゅぎゅっと集まってちゃんとバッグになるデザイン。これなら後片付けが苦手な小さい子でも楽々。ママの手を煩わせることがありません。最後にショルダーのストラップをカチッとはめれば、片付け完了!バッグのできあがりです。

その他にも機能はたくさん。じゃぶじゃぶ洗えるキャンバス地ですから、少しくらい汚れたってOK。

197bc39cc845bcded3e203fe4946904cda482f34B53ae7029c93f722c7c26092c139330f15476bcd

3色展開で価格は約8,300円。マザーズバッグとしても使えるし、あかちゃんのオムツ替えのときに間違いなく重宝するはず。その他詳しい情報はコチラからチェックして見てね。

Licensed material used with permission by KAOS
サンドイッチやスナックを持ち歩く時、お弁当箱だとかさばる。でもラップやビニールバックだと心もとないし、なにより可愛くない。だったら「見せたくなる透明バッグ...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
楽しい旅行は、準備している間もワクワクするもの。でも実際にパッキングしたら、あまりの荷物の多さにびっくり!「これを持ち歩くのか…」と思うと、楽しみにしてい...
メッセンジャーバッグのような形ですが、大きな違いはジャケットの下に身につけられる薄さと機能的な収納力。身につけるとこうなります。まるでガンホルダー。つまる...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
コーデュラナイロンで、防水ジッパー、タフでブルックリンを駆け抜ける本格派…。そんなメッセンジャーバッグが多いなかで、ひときわナチュラルな存在感を放つ、リネ...
読書には、どこか知的なイメージが伴います。電車やバスの中で本を読んでいる人がいるとつい気になって見てしまう、なんてこともありますよね。そういう意味ではこの...
恋愛から人生論まで、毎回心にガツンと響く記事を書き上げる「Elite Daily」の人気女性ライターZara Barrie氏。彼女は「バッグの中身が整理整...
誰々が持っていたものがカッコいいから欲しい。または、流行っていて周囲のみんなが持っているから欲しい。ファッションアイテムに対してこのようなスタンスをとって...
ジムでワークアウトをしたあとや、旅行のとき。カバン中に汚れた汗臭い服を入れるのはちょっとイヤですよね。そんな悩みを解決すべく開発され、現在Kickstar...
身につける服と同じくらい、いや、それ以上にこだわりたいのが「バッグ」というもの。どれだけ上質なジャケットを着て、シルエットの美しいパンツを履いていようと、...
素敵な快晴の日、海へ!心躍る時間ですが、帰りに荷物が砂まみれ、なんてことありませんか?「DEZZIO」はそんな悩みを解決してくれるバッグなんです。なんと、...
通常の思考なら、ただのゴミでしかない使用済ティーバッグ。しかし、Ruby Silvious氏がアーティストたる所以は、そこに新たな命を吹き込めることにある...
どの国にとっても、クリスマスは特別な季節。街中に魔法がかかったような冬のひと時に、ポーランドのIwona Podlasińskaさんは、自分の2人の息子と...
ひと口にティーバッグといっても、いろんなタイプがあります。御守り型の平べったいもの、円形、ピラミッド型、お団子タイプなど。でも、これは斬新。何よりカワイイ...
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
毎日とまでは言いませんが、仕事が仕事なので、毎週のように新しいアイテムを試しています。モノ好きとしては楽しい限りですが、一方で継続的に使い続ける、自分のな...
自然災害は、いつやってくるかわかりません。「もしも」を想定すると、防災バッグは玄関に置いておくのが理想ですよね。でも、あまり格好良くないものは押し入れにし...