1万アンダーのトラベルバッグを探している旅好きへ

トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの人にとっては関係ないかもしれません。旅行であれ、出張であれ、鞄はバックパックの一択という人が増えているから。

両手が使えるという利点もさることながら、“ビジネスマンでも機能重視でバックパックを背負ってOK”という世界的風潮が後押し。空港でもスマートなジャケットスタイルにバックパックをあわせている人を多く見かけるようになりました。

もはやバックパッカーとは貧乏旅行者のことじゃない。アクティブに移動する人、すべてがバックパッカーなのです……と、新しい定義が済んだところで、『Cabin Zero』というバッグブランドです。

すでに人気は世界規模!?
ポップなカラバリもいい感じ

Medium 937bcd9bc92731ee6d70930507432ed4246dfab0Medium 07e6cd96b464f8124cc3cf810a4ad0d5ae3b147eMedium 10af0b8499838421cf7aba1d20de54cb60eccd49Medium 8a4ca637733f31e2c3a58bded33f80d60d519e20Medium fc05da53541e175446ddf83eec1023d51aa89de0Medium 41a5c97e1216116cc22029ac99265090c0fa3525Medium f82d7adb4f4f19e3c4fa1e31fff4cf9da4e094cdMedium 410e651fa08585a04fd344e1d44eaa18d60f46ff

以上、Instagramの『Cabin Zero』公式アカウントから。イギリス発のブランドですが、世界中の旅好きに支持されているのがわかります。

「機内持ち込み可能」と「コスパ」
2つの魅力に惹かれる

さて、旅に特化したバッグブランドは数あれど、『Cabin Zero』のポイントは2つ。

①機内持ち込みサイズであること(それでいて容量はしっかりと!)

②手の届きやすい価格であること

荷物の小分けに役立つポケットといった部分は当たり前すぎるので言及しません。上記2点にフォーカスしたことこそが『Cabin Zero』の勝因ではないかと。

まず①ですが、旅慣れた人なら機内持ち込みか否かの分かれ道が、旅にとっていかに重要かわかるはず。荷物を預ける、受け取るという作業が発生しない分、スピーディーにコトは済みます。

次に②に関して。同ブランドの44リットルのバッグパックでも、日本国内の実勢価格は8,800円(税別)となんと1万アンダー。サイズを考慮すれば、この価格はプチプラとも言えるものです。それでいて、決してチープな作りではないのも付け加えておきます。

もしも紛失した場合も……

Medium 6c5efb54bdc9f1f76c6e73df4c63aa85fc36cbc8

これでもまだ満足しないアナタには、ギミックをひとつ。『Cabin Zero』のバッグにはOKOBAN(okoban.com/ja/)というシステムが採用されています。個々のバッグには番号が振り分けられており、それを登録しておくことで、もしも紛失した際でも持ち主がアナタと特定できる仕組みです。

最後に、ここまでトラベルバックとして推薦しておきながらなんですが、このルックス。旅先ではもちろん、シティユースにもよさそうです。スクエア型のバックパックは、ビジネス&カジュアルシーンの両方で流行中ですし。日本国内ではファッション系のセレクトショップでも幅広く展開中ですよ。

Photo by Cabin Zero
最近、クラウドファンディングで資金を募っているアイテムがおもしろいです。斬新なアイデアを形にしたモノや、海外で人気を博している(けれど、まだ日本に入ってき...
トラックの幌を再利用してつくる、スタイリッシュなメッセンジャーバッグで日本でもおなじみの「FREITAG(フライターグ)」。そのトラベルバッグを無料貸し出...
どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...
旅先で、スリや置き引きの被害にあった人はもちろん、ない人でもこれはチェックしておいて損はありません。おそらく、これ以上安全なバッグは2つとないはず。まさに...
読書には、どこか知的なイメージが伴います。電車やバスの中で本を読んでいる人がいるとつい気になって見てしまう、なんてこともありますよね。そういう意味ではこの...
コーデュラナイロンで、防水ジッパー、タフでブルックリンを駆け抜ける本格派…。そんなメッセンジャーバッグが多いなかで、ひときわナチュラルな存在感を放つ、リネ...
素敵な快晴の日、海へ!心躍る時間ですが、帰りに荷物が砂まみれ、なんてことありませんか?「DEZZIO」はそんな悩みを解決してくれるバッグなんです。なんと、...
 「旅に出て、もしも自分よりもすぐれたものか、または自分にひとしいものに出会わなかったら、むしろきっぱりと独りで行け。愚かなものを道連れにしてはならぬ・・...
身につける服と同じくらい、いや、それ以上にこだわりたいのが「バッグ」というもの。どれだけ上質なジャケットを着て、シルエットの美しいパンツを履いていようと、...
誰々が持っていたものがカッコいいから欲しい。または、流行っていて周囲のみんなが持っているから欲しい。ファッションアイテムに対してこのようなスタンスをとって...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
アニマルプリント柄をおしゃれに取り入れるのって、結構難しいもの。どうしても雰囲気が甘くなりがちだったり、チープな印象がつきまとう。こうしたイメージを払拭す...
ひと口にティーバッグといっても、いろんなタイプがあります。御守り型の平べったいもの、円形、ピラミッド型、お団子タイプなど。でも、これは斬新。何よりカワイイ...
日本ではなかなか出会えないローカルワインを旅先から持ち帰りたい。けれどフライトにボトルサイズの持ち込みは禁止。結局は手荷物として預けるほかありません。まあ...
メッセンジャーバッグのような形ですが、大きな違いはジャケットの下に身につけられる薄さと機能的な収納力。身につけるとこうなります。まるでガンホルダー。つまる...
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
通常の思考なら、ただのゴミでしかない使用済ティーバッグ。しかし、Ruby Silvious氏がアーティストたる所以は、そこに新たな命を吹き込めることにある...
旅行の写真って、見返していますか? Instagramにアップしておくだけだったり、撮って満足して1回も見返さない、なんて人もいるかもしれません。旅先で感...
サンディエゴの冒険家で環境活動家の、ロブ・グリーンフィールド。食糧問題や環境問題を主題に置いた独自の旅を続けてきた人物です。現在、バックパックひとつで無期...