座れて、洗える。タフなバックパックがチェコからやってきた。

近頃、荷物を入れるだけではない新種のバックパックをよく見かけます。ストレートに言ってしまえば、背面にイスが内蔵されており、行列などで座りたいときに取り出して腰掛けられるようになるもの。でも、ここで紹介する「BAGOBAGO」は、イス付きというよりは、“それ自体がイスになる”というイメージ!

どこでも座れます。

Medium bb2df6903b516b6987a72ac7d52fc507401e87f3

アウトドアはもちろん、タウンユースにも適したシンプルなデザインのバックパック。ここから3ステップでイスに変身します。

Medium 5e8fb15aedbbaf8a323e34ed46557006e20eefacMedium 91875be2f806872063a031f7d0b37a2b7ebcb8f3Medium 5fb08bfb55fe1023dad1281f03eff0cd4fdc734b

背面のジッパーを開け、足部分のカバーを外し、カバーをマグネットにとめる。

5f935fcea472264d3c3ae9a173506411838907a6

その間、たったの10秒!

Medium 8d32417323226aa4ddac704f6dc7b5a5c3e93d93Medium 414debac8e358c2ccf6e8cf666ee01ebc469b96c

容量たっぷり。
130キロまで耐えられる

Medium 503742ea2332c65025809cb31e0343d47b0afcfa

気になる耐荷量は130キロ。収納容量は22リットルで機内持ち込み可能なサイズ。スツール内蔵なのに、容量もたっぷりな上、総重量は1.6キロと驚きの軽さを実現しています。

さらには防水性もバツグンで、そのまま洗濯機に入れて洗える手軽さもウリ。

Medium ef40e0778dfcffdc321a4b221d6f4ed5634a4d35Medium baff505e7ffd7ed3a5ce20e99a5facc989e21b39

価格は24,000円(税別)。ブラック、グレー、グリーン、ボルドーの4色展開。購入はこちらから。

実際に街中で座るには少し勇気がいるかもしれませんが、開放的なアウトドアシーンでは活躍してくれそうです。たとえば、下の動画にもあるように、キャンプファイヤーのときとか!

Licensed material used with permission by ピーアンドエムチェコ
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
最近、クラウドファンディングで資金を募っているアイテムがおもしろいです。斬新なアイデアを形にしたモノや、海外で人気を博している(けれど、まだ日本に入ってき...
一般的に2wayバッグと言ったら、持ち方が二通りある機能を指す表現。ですが「これも立派な2way!」と、思わず納得してしまうバックパック「Paxis」が、...
トラックの幌を再利用してつくる、スタイリッシュなメッセンジャーバッグで日本でもおなじみの「FREITAG(フライターグ)」。そのトラベルバッグを無料貸し出...
コーデュラナイロンで、防水ジッパー、タフでブルックリンを駆け抜ける本格派…。そんなメッセンジャーバッグが多いなかで、ひときわナチュラルな存在感を放つ、リネ...
誰々が持っていたものがカッコいいから欲しい。または、流行っていて周囲のみんなが持っているから欲しい。ファッションアイテムに対してこのようなスタンスをとって...
生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。なんと、産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に...
今や世界の多くの街に開通している地下鉄は、旅行者にとってメインとなる足。タクシーよりも安価で、バスよりも簡単。比較的安全で、正確に目的地に到着できるメトロ...
 「旅に出て、もしも自分よりもすぐれたものか、または自分にひとしいものに出会わなかったら、むしろきっぱりと独りで行け。愚かなものを道連れにしてはならぬ・・...
サンディエゴの冒険家で環境活動家の、ロブ・グリーンフィールド。食糧問題や環境問題を主題に置いた独自の旅を続けてきた人物です。現在、バックパックひとつで無期...
多くのミス・ワールドやミス・ユニバースを輩出するほど、美女が多いとされている国、インド。アーユルヴェーダ発祥の国ということもあってか、個々人が高い美意識を...
どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...
フォルムはコンパクトでカワイイし、丈夫だし、最近のものはカラーリングもPOPなものが多いし・・・コレ、日本のランドセルの話。というのも、欧米ではランドセル...
素敵な快晴の日、海へ!心躍る時間ですが、帰りに荷物が砂まみれ、なんてことありませんか?「DEZZIO」はそんな悩みを解決してくれるバッグなんです。なんと、...
身につける服と同じくらい、いや、それ以上にこだわりたいのが「バッグ」というもの。どれだけ上質なジャケットを着て、シルエットの美しいパンツを履いていようと、...
スクリューキャップの紙パックジュースってかなり慎重に注がないとジュースがコポコポと波打ち、はねたりこぼしたり・・・。でも、ある方法を使えばそんな心配もう無...
どんなに世間がコーヒーブームに沸こうとも、わが道をいく紅茶党、さらには緑茶をこよなく愛する人々。決して少なくはないティーラバーの方々も、飲んだ後のティーバ...
メッセンジャーバッグのような形ですが、大きな違いはジャケットの下に身につけられる薄さと機能的な収納力。身につけるとこうなります。まるでガンホルダー。つまる...