「ペットボトル」からリサイクルされた、ドイツ生まれのバックパック。

両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金がかかってしまう。

ドイツで製造された「pinqponq」は少し変わっていて、ペットボトルでできたバックパックだとか。 

このバックパックは
「耐久性」がポイント?

0ffd2aef8a4ac28073a735757d7851b1a310f07e

このブランドのアイデアは、すべて日常のものから来ているらしい。

たとえば、アートや音楽、会話、日常品など。それらを利用して、バックパックのデザインをしているのだとか。そして今回採用されたのが「ペットボトル」。

6f360014385934cfc7813f252578f92a0ac630de

pinqponq」によれば、ペットボトルからできた素材は、理論上30年も使えるとか。この素材を作る過程もとてもエコで、使用する水などの量が普通のバックパックよりも少ないそうです。

一見、ペットボトルからできたとは思えないほど、滑らかに仕上がり。きっと、触り心地はコットンのような生地であることが想像できます。

バックパックよりも
魅かれるもの

F2853d28794efcb9b07d84d849cbcbf7d517de52

正直、ここまで紹介しておきながら、このバックパックの機能面はわりと普通。ペットボトルをリサイクルしているところは注目すべき点ですが、パソコンを入れるポッケも付いているし、サングラスやケータイを入れる場所もある。でも、今ではほとんどのバックパックが同じくらいの収納ができるから、そういう意味ではとてもベーシック。

それよりも、僕が気になったのが広告動画のほう。音楽もデザインの一部である、という彼らの動画は、音楽と製品に一体感があり、とてもいい。

この「pinqponq」はデザインも豊富で、いろいろな型が販売されていますよ。

Licensed material used with permission by pinqponq
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...
近頃、荷物を入れるだけではない新種のバックパックをよく見かけます。ストレートに言ってしまえば、背面にイスが内蔵されており、行列などで座りたいときに取り出し...
一般的に2wayバッグと言ったら、持ち方が二通りある機能を指す表現。ですが「これも立派な2way!」と、思わず納得してしまうバックパック「Paxis」が、...
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
使いきるのが大変そうなくらい機能が満載で、ガジェット好きな男子にはハマりそうな感じです。とくに、盗難防止と収納にこだわっているようです。僕の場合、バッグの...
今や世界の多くの街に開通している地下鉄は、旅行者にとってメインとなる足。タクシーよりも安価で、バスよりも簡単。比較的安全で、正確に目的地に到着できるメトロ...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、す...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。なんと、産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に...
備えあれば憂いなし。サバイバルが必要なシチュエーションなんて、さずがに人生の中でも想像できないだろうけど、この方法、知っておくだけで、何かとアウトドアシー...
スウェーデンのアウトドアブランド「FJALLRAVEN(フェールラーベン)」。そのアイコンである「Kanken(カンケン)」は、1978年の誕...
多くのミス・ワールドやミス・ユニバースを輩出するほど、美女が多いとされている国、インド。アーユルヴェーダ発祥の国ということもあってか、個々人が高い美意識を...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
渦の中を泳ぐ、ひとりのマーメイド。海をイメージして撮影されたこの写真には、なんと約1万本ものペットボトルが使用されているそう。カナダに住む写真家のボン・ウ...
ペットボトルは、耐水性や耐久性など、あらゆるポイントで優れています。なのに、あまりにも身近な存在すぎて、ただのお手軽なモノと見られがち。『PET-ART』...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
フィンランドに拠点を置くLimonade社が開発した、世にも珍しい“ペットボトルキャップ”を紹介。ただの水がジュースに変わるって、一体どういうことなのでし...
フォルムはコンパクトでカワイイし、丈夫だし、最近のものはカラーリングもPOPなものが多いし・・・コレ、日本のランドセルの話。というのも、欧米ではランドセル...