子どもを望まない女性が、言って欲しくない「10のコト」

Cath Witten氏は、子どもを産まない人生を選択した女性のひとりです。しかし、ときおり心が傷むような言葉をかけられることがあるとElephant Journalに書いています。

01.
どうして?

woman arms out shrugs shoulders who cares so what

これは人それぞれで抱えているとても個人的なことです。子どもがいないことには様々な理由があります。うまく恋愛ができなかったり、遺伝的なことかもしれません。どちらにしても非常に苦痛な話題となるかもしれません。もちろんそこには事細かに説明する義務なんてありません。

シンプルに産まない決心をした女性がいたとしましょう。しかし、それは彼女にとって正しい選択に間違いないんです。

02.
きっと今だけだよ

夫から「子どもを望んでいない」と打ち明けられた時、わたしは裏切られたように感じました。それは子どもを欲していたからではなく、産む・産まないを選択するチャンスががなかったからです。気持ちが変わることだってありますよね?

人間の気持ちが常に変わるなんてわかっています。これまで髪型や就きたい職業が大きく変わったことだってありました。が、それは他人が指摘するべきことではありません。

自分のことを一番わかっているのは自分です。もし母親や長く連れ添った親友だというのならまだ話はわかります。しかし、そうでないのならこの発言は控えましょう。

03.
後悔したらどうするの?

Beautiful girl talking to friend in green garden.

その後悔を抱えながら生きていきます。約束しましょう。それが答えです。子どもは、愛や関心、優しさを必要とするひとりの人間です。ずっと愛情を注ぎ続けなければいけません。"あとで後悔しないために"は、わたしが子どもを産む理由にはならないのです。

04.
自然なことでしょう

確かに自然なことかもしれませんが、出産しないことが自然でないわけではありません。独り身で生きている人は自然ではないのでしょうか?子どものできない夫婦だっています。

すべての女性が母になれるわけではないんです。

05.
子育てから得る充実感は最高

00020996220_Medium

あなたの人生が充実したことはわたしにとっても大きな幸せです。でも、わたしには子どもがいないので、親になって人生がこれまで以上に充実するのかどうか議論ができません。

こんなことを言う女性もいます。「充実した人生を送ってると思っていたけど、やっと"本当の充実感"に気づいた!」と。親になることで何かが変わるということは否定しません。今までに感じたことがないような愛情で満たされるというのは、理解できます。

でも、その気持ちは親になること以外からも学ぶことができると思っています。わたしは自分の人生に何か欠けていることがあるとは思っていないんです。

06.
自分勝手なんじゃない?

この考えばっかりはどうやっても理解できません。どうして子どもを産まないことが自分勝手なのでしょう?わたしは税金を払っており、それは子ども達が遊ぶ公園や学校、病院のために使われています。社会に貢献する方法は千差万別あります。わたしは喜んで税金を払います。

あなたにとってはきっと子どもを産むことが一番の貢献なのでしょう。世界中にある色々な役割を将来子どもたちが担うことになるわけですからその理屈はわかります。でも、子どもを産まない人だって社会に貢献している大事な存在なんです。

わたしは、子どもを持たないことでより他人のことを考えるようになると思っています。子どもがいない分の時間やエネルギー、お金を、必要としている人たちに与えることだってできるんです。

07.
いい男性に出会ってないだけ

000077311315_Medium

わたしは悪い男性にもたくさん出会ってきました。浮気する、お金を奪う、行動を操るなどなど…。見るからに付き合うべき相手ではありませんが、今のパートナーはそうではありません。いい人です。

子どもを持たないというわたしの選択を応援してくれていますし、彼自身も望んでいません。つまり、これ以上ないほど最適なパートナーなんです。

08.
子どもがいれば
ふたりの関係もよくなる

わたしはパートナーのことが好きで、ふたりの関係に満足しています。マンネリもしていません。一緒に楽しい時間を過ごしています。ふたりの距離を縮めるための存在など必要ありません。

むしろ、ふたりの関係もうまくいっていない上にさらに新たな家族を迎えたら、もっと安定しなくなるのでは?

09.
何か遺したくない?

00001016665223_Medium

正直思いません。何かを遺す必要があると感じません。そんな質問をされるまで、こんなこと考えたこともありませんでした。

十分な遺産を遺すために子どもが欲しい?ビックリしてしまう意見です。子ども以外に何かを残す方法はないのでしょうか?芸術作品や本、親切な行動や教えなども生きた証になるのではないでしょうか?

この世界に何かを遺すことが重要なら、子どもを持つ以外にも様々な方法があるはずです。

10.
子どもを持つまで
愛を理解できない

よくある意見で、言っている意味はわかります。親が子どもに対して感じる愛情は特別なのでしょう。わたしもそう信じています。その愛情は母にならない限り理解できないのかもしれません。けど、わたしはそれで大丈夫です。

あなたが子どもを産んだことは素晴らしいこと。わたしも幸せに思います。でも、わたしは親切なおばさんになれます。先生にもなれます。友だちだって家族と同じくらい親密になれます。血の繋がりがなくとも、たくさんの人から愛されている自分の人生を幸せに思います。パートナーも素晴らしい人です。彼と一緒に人生を歩めれば、とても満たされた生活を送れます。

わたしには家族がいます。彼らから溢れるほどの愛情を感じています。わたしの人生が十分でないと考える人もいます。が、わたしにとっては十分なんです。こんなに満たされた人生のどこに疑問がわくというのでしょうか。

Licensed material used with permission by Cath Witten
Connect with Cath on Facebook or Instagram

果たして、女性の出産は義務なのでしょうか?否。今回紹介する記事を書いたAlden Wicker氏は、そう考えています。「mindbodygreen」に掲載...
連続で撮影した写真を繋げ、動画を創りだすタイムラプス。これを、マタニティダイアリーのように思い出づくりに生かそうじゃないか!と、ラトビアで暮らすアルプス一...
結婚したら、次は子ども…なんてステレオタイプなイメージは未だに根強くありますが、子どもを持つかどうかは夫婦にとっても重大な選択。経済的に難しいと考える夫婦...
出産は人生の一大イベント!妊娠すると、自分の体がどんどん変化していくのを感じ、喜びを感じたり、ときには不安になったりしながら出産の日を迎えます。さらに、無...
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
ワタシ、子供なんていらない。という女性ブロガーの声とは?子どもを持たないといけない。持つことが普通だ。以前はそう思われていることも多かった。1980年以降...
結婚と子どもをもつことは、ほぼセットで考えられている。子どもはいるかいらないか、いるとしたら何人いるか、育てるにはお金がいくらかかるか…その都度、夫婦間で...
テレビ番組や雑誌のアンケートなどで、よく「お嫁さんにしたい芸能人」と「彼女にしたい芸能人」とジャンル分けされて紹介されることがありますね。ラインアップを見...
「妊娠中はコーヒーを控えた方がいい」とか「胎児のために食事量は2倍は食べるべき」、こういった話を一度は聞いたことがあるはずです。でも、こうしたことのどこま...
彼の名前は、Louis。4年間で世界65ヶ国を巡り、現在もお母さんと旅を続けている、11歳の男の子です。そんなLouisくんが、子どもと旅に出かける親に知...
近年、社会問題になっている子どもたちの「孤食(1人で食事を取ること)」。この問題を解決すべく、兵庫県明石市が一丸となり、あるプロジェクトが進行中です。子ど...
子育てに心配はつきものです。とくに男の子に比べて女の子のほうが何かと危険が多いと感じるのではないでしょうか。しかし、ライターのケイティ・アーノルドさんは、...
毎日がまるでサーカスの一幕みたいな、赤ちゃんや小さい子どものいる家庭。パパもママもてんやわんやの大忙しのことでしょう。ここに紹介する写真もそんな場面の数々...
ここに紹介するのは、恋愛カウンセラーDave Elliott氏があぶりだした、恋愛ベタな女性の特徴。男性視点がいささか強めではありますが、フムフム納得でき...
子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...
「愛する子どものために、いつだって素敵なママでいたい」。そうは思っていても、忙しい日々の中ではイライラしてしまうこと、ついつい声を荒げてしまうことってあり...
子どもが不機嫌になって泣くと大人は叱りつけ、失礼な態度をとると注意する。よくよく考えると、私たちだって同じことをしてしまうことはあるのに、どうして子どもだ...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
家のリビングや子ども部屋が、おもちゃで埋め尽くされていませんか?子どもはおもちゃが大好きですが、たくさん与えることがそのまま子どもの幸せにつながるかと言え...
人生のパートナーを選ぶ基準はなんでしょうか?今回紹介するのは、NY育ちの男性ライターが「Elite Daily」で記した、いい母親になる女性の条件。え?パ...