これってホント!?妊娠にまつわる「7つのギモン」

「妊娠中はコーヒーを控えた方がいい」とか「胎児のために食事量は2倍は食べるべき」、こういった話を一度は聞いたことがあるはずです。でも、こうしたことのどこまでが本当のことなんでしょう。

ここでは米メディアPureWowが紹介している、「妊娠にまつわるウソ・ホント」に注目してみます。あくまで参考程度に、というくらいですけどね。

第一のウソ
飛行機に乗れない

pregnant waiting to fly

英国ロイヤルカレッジ産婦人科は、妊婦が飛行機に乗ること自体は問題ないと指摘しています。ちなみに妊娠37週目以降は、いつ出産するのかわからないため危険だそうです。

第二のウソ
コーヒーは絶対にNG

米NPO法人のMarch of Dimesの見解は、1日に200mg以上のカフェイン摂取は控えるべきですが、1〜2杯ほどのコーヒーなら飲んでも心配ないという見方。ただ、カフェインの大量摂取はお腹の赤ちゃんに悪影響を与える可能性があるので、いづれにしても飲み過ぎには注意が必要ですけどね。

第三のウソ
髪を染めてはいけない

pregnancy-myths221255299

中に含まれる化学物質が肌から吸収されて、胎児に悪影響を及ぼすため、妊娠中は髪を染めたりパーマをかけないほうがいい、といった話を聞いたこともあるのでは?

これに対し米妊娠学会は、その可能性を否定しているようです。含まれている化学物質が少量のため、胎児にまでは影響を及ぼさないんだとか。

第四のウソ
下腹が膨らむのは
男の子のサイン

お腹の形で、赤ちゃんの性別が判断できるという話を聞いたことはありますか?米雑誌Fit Pregnancyは「お腹の形である程度身長は判別できるものの、性別までは分からない」、とその噂を否定します。

第五のウソ
妊婦が肌荒れすると
女の子が生まれる

pregnancy-myths158445599

妊娠中は、肌荒れの原因であるプロゲステロンが分泌されるようです。だから、ニキビができたからといって女の子が生まれるというサインとは無関係のようです。

第六のウソ
妊娠できるのは
35歳まで

20代後半の女性と30代後半の女性とで妊娠する確率を調査したところ、大差がなかったと米雑誌「The Atlantic」は特集記事のなかで伝えています。

35歳〜39歳の女性たちの約82%が、週2回の性行為で1年以内に妊娠したとか。確かに出産率は40歳を過ぎると極端に低下するようですが、だからといって妊娠するチャンスはない訳では、もちろんありません。

第七のウソ
二人分の量を
食べるべき

pregnancy-myths234938203

米パデュー大学の研究によると、妊娠第2〜第3期に必要なカロリーは、普段より300カロリー多いだけだとか。ということは、いつもより10〜20%多く食べれば大丈夫ということ!?余分なカロリーは、栄養価の高いもので補うようにすれば、どうやら良さそうですよ。

さて、とはいえこれらの情報もアメリカの医学からの検知。これがすべて日本人女性に当てはまる訳ではありません。本当のところどうなの?というときは、産婦人科医に診断を仰いでくださいね。

 

Licensed material used with permission by PureWow

妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
連続で撮影した写真を繋げ、動画を創りだすタイムラプス。これを、マタニティダイアリーのように思い出づくりに生かそうじゃないか!と、ラトビアで暮らすアルプス一...
 ノルウェーのイラストレーターLine Severinsenさんは二児の母。自身の妊娠・出産体験を通して、その大変さをイラストに描くことで、妊娠中のイライ...
Twitterでの公開後、約2週間で20,000以上の「いいね」を集めた“とある漫画”が面白すぎると話題に。描かれているのは、なんと「子宮の中の人たち」な...
妊婦さんは「永遠の神秘」。不思議さのなかにも、心温まる愛を感じさせてくれます。米メディア「Collective-Evolution」で、男性ライターのMa...
出産は人生の一大イベント!妊娠すると、自分の体がどんどん変化していくのを感じ、喜びを感じたり、ときには不安になったりしながら出産の日を迎えます。さらに、無...
「妊娠しているときから、もっと夫にも子どもに興味を持ってほしい」。そうは思っても、実際にお腹に赤ちゃんを抱えていないパパにとっては、ママの大変さや気持ちを...
近年の日本は、晩婚化が進んでいるといわれています。女性の社会進出はもちろん、結婚するよりも独身の方が、生活がラクに感じる。という人も多いはず。それでも、や...
結婚したら、次は子ども…なんてステレオタイプなイメージは未だに根強くありますが、子どもを持つかどうかは夫婦にとっても重大な選択。経済的に難しいと考える夫婦...
Cath Witten氏は、子どもを産まない人生を選択した女性のひとりです。しかし、ときおり心が傷むような言葉をかけられることがあるとElephant J...
ブロガーVishnu Subramaniam氏は断言します。この世には、鵜呑みにしてはいけない「7つの嘘」があると。じつは彼、数年前に人生のどん底を経験し...
多くの独身女性から支持を集める記事を「Elite Daily」から紹介。女性ライターZara Barrie氏が独身で30歳を迎える直前に、その素直な心境を...
よくよく考えてみると、私たちは「結婚」についてポジティブなイメージを抱きすぎているのかもしれません。そう思わされる「Elite Daily」の記事を紹介。...
ワタシ、子供なんていらない。という女性ブロガーの声とは?子どもを持たないといけない。持つことが普通だ。以前はそう思われていることも多かった。1980年以降...
結婚と子どもをもつことは、ほぼセットで考えられている。子どもはいるかいらないか、いるとしたら何人いるか、育てるにはお金がいくらかかるか…その都度、夫婦間で...
アメリカ国内線LCC「JetBlue」が、搭乗客には内緒のあるサプライジングな企画を実施しました。30,000フィートの上空、機内に自分がいるつもりになっ...
彼氏のことが大好きで、今すぐにでも結婚したいけれど、彼氏からは何もアプローチがないと悩んでいる女性は、少なからずいます。彼氏にとって理想の女性になるにはど...
生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。なんと、産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に...