妊娠ママのお腹のふくらみと一緒に成長する、世界にたった一冊だけの本

妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録として自由に書き込める40ページ。めくるたび、本の中にママの大きなお腹が現れて…。

出産までの月日を
お腹の変化で再現する本

9eda2387480186e61882dc906e6569abe499b9ac

妊娠中のママたちが、母子手帳とともに記録していく妊娠中の記録ノート(マタニティダイアリー)。体温や体重の変化など詳細データを管理しやすいものや、妊娠中のエコー写真を添付しやすいものなど、システマチックな機能が充実したものは沢山あります。けれど、ここに紹介するMOTHER BOOKは、妊娠から出産までのプロセスを視覚化することにおいて、とっても素敵なコンセプトで作られた本なのです。

妊娠から出産までの約40週を1週間(1ページ)ごとに、ママのお腹の成長段階に合わせて全40ページで構成された書き込み式のブックレット。厚みは3センチにもなる重厚な本。もちろん、「妊娠記録ダイアリー」としての機能も。この本を手にしたママは、お腹の子どもの成長とともに、日々の気持ちを余白に綴っていきます。

6cf97dcebbf766c074c756cc535c9c9dd782669b

ページをめくるごとに形づくられていく本の厚みが「お腹のふくらみ」となって、ママの体型と連動するように大きくなっていく。ゆえに「ママのお腹と一緒に育つ本」というわけです。

お腹のふくらみに合わせた
胎児の成長も視覚化

Bf2946713ebf06fdf96b8f5d4dda9aeeea9544f6

また、1週ごとにママの体内の変化についてもグラフィカルな解説が添えられているのも特長です。

Ccb84609246453d0c247497166b68fa0069f3d59

たとえば妊娠4週目。ママのお腹のサイズに変化はまだ見られませんが、赤ちゃんは神経細胞や脊柱が現れてきます。

E096cf6f883f9d41d7e0b4ad458de35228df694a

妊娠18週目。ママの声や外からの音を赤ちゃんは聞くことができるようになります。

6af6bddc45a9b5efab6be1632d543a7a41e68727

26週目。お腹の大きなふくらみが目立ってきたころ、ママが食べた味を赤ちゃんも味わえるようになります。

1845d6ed545f03c09ebbee5a29ae4fa3ff8948db

そして、40週目。誕生に向けて出発の準備をする赤ちゃん。ママのお腹は40ページ分の本の厚みでぽっこり。

いつか、子どもが
この本を手にしたとき

78752abd25c27e89b834b98dd45ba9e58b2d55b2

いつか産まれてきた子どもがこの本を手にとって見るとき、妊娠中のママがお腹が大きくなるにつれて、どんな想いで誕生を心待ちにしていたのか?どう感じ、どう記録してくれていたのか。そんな親から子への愛情が込められた、素敵なストーリーブックのできあがり。

A9b2f8886f4c350ef1948070791e013c3ad6e2d7

さて、このMOTHER BOOKが世に知られるようになったのは2014年のこと。愛知県の医療法人葵鐘会が、ママのスタート地点に立った妊婦さんのために開発し、当初は地域の産婦人科に受診する、限られた妊婦さんにのみ配られていたそうです。それが、同年のカンヌ国際広告祭でグランプリを受賞し、大きな話題に。現在ではオンラインショップを通じて購入が可能です。

手にするママのほとんどは、すでに安定期に入ったあとでしょう。妊娠が分かった日へと遡って、そのときの感動を記すこともできるMOTHER BOOK。大切な人へのプレゼントとして、旦那さんから奥さんへ、妊娠体験を一冊の本にまとめる素敵な妊娠ダイアリー。ずっとそばに置いておきたい「宝もの」になるでしょうね。

Licensed material used with permission by 医療法人 葵鐘会
「Belly Bowl」は、ドイツのアーティストNadine Schwarkによって作られた石膏製の赤ちゃん用ベッド。なんと、出産前にママのお腹で型をとっ...
「妊娠しているときから、もっと夫にも子どもに興味を持ってほしい」。そうは思っても、実際にお腹に赤ちゃんを抱えていないパパにとっては、ママの大変さや気持ちを...
「妊娠中はコーヒーを控えた方がいい」とか「胎児のために食事量は2倍は食べるべき」、こういった話を一度は聞いたことがあるはずです。でも、こうしたことのどこま...
生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。なんと、産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に...
 ノルウェーのイラストレーターLine Severinsenさんは二児の母。自身の妊娠・出産体験を通して、その大変さをイラストに描くことで、妊娠中のイライ...
本の楽しみ方はさまざまだ。中の情報を消費するのは当たり前。メッセージを込めたプレゼントとしても優秀。そして何より、こだわり抜かれた装丁は、インテリアとして...
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
2015年6月23日に公開以来、1,700万回以上再生されているこちらの人気動画。「Pampers」が、マザーグースの子守唄『Hush,Little Ba...
連続で撮影した写真を繋げ、動画を創りだすタイムラプス。これを、マタニティダイアリーのように思い出づくりに生かそうじゃないか!と、ラトビアで暮らすアルプス一...
この赤ちゃんにとって、絵本を閉じることほど「この世に悲しいものはない」のかもしれません。絵本を読んでくれるママの「お〜しまい」を聞くのがイヤでイヤでしょう...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
アメリカの一部企業には、生後6ヶ月までなら赤ちゃんと一緒に出勤してもいいというルールがあるんですって。「MarketWatch」で紹介されているカラ・クリ...
子を持つ母親には、本当に頭が上がりません。そう思わずにはいられない動画を「Jukin Media」よりご紹介。再生後に現れるのは、生後8ヶ月の3つ子と2歳...
2015年11月5日(木)、東京・池袋にこれまでにない斬新なコンセプトのホステルが誕生。提供するのは、「最高の寝心地」ではなく、あまりにも幸せな「寝る瞬間...
Twitterでの公開後、約2週間で20,000以上の「いいね」を集めた“とある漫画”が面白すぎると話題に。描かれているのは、なんと「子宮の中の人たち」な...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
本を開いてパッ!と現れたは、円柱型の空間?そう、これはページをめくるのではなく、ひらいて楽しむ3D絵本なんです。真っ赤なお日さまや霞のような雲、鶴もいて日...
言葉で感情を伝えることのできない赤ちゃんは、泣くことでしか表現することができません。お腹がすいているのか、おむつを替えてほしいのか、もしかしたらどこか痛い...
4人の子どもを女手ひとつで育てることになった母親のカーラさんは、家族で移り住むための新居を探していました。しかし、広い家は高すぎて買えないし、手が届く価格...
瞬間、その写真に我が目を疑いました。芝生に敷いたマットでヨガポーズをとる女性の胸の下に赤ちゃん。合成のようにも見えません。そう、ママの体を使っておこなうの...