4児のママが、YouTubeを参考にしてマイホームをセルフビルド!

4人の子どもを女手ひとつで育てることになった母親のカーラさんは、家族で移り住むための新居を探していました。しかし、広い家は高すぎて買えないし、手が届く価格の家は狭すぎました。

そこで彼女は、勇気ある決断を下すことに。マイホームを、自力で建てることにしたのです。参考にしたのは、YouTubeで紹介されていたチュートリアル。こんなに立派な家ができあがるだなんて、侮れません。

F4fa42acdee2ed075dc924a2e0d090a7e9fce132F0650c5365c4a0f5da63a90917d5dfa26767ced6Dbd52c0d1c648eec86dd5c28d9505049f0fda7d02f954fc22cbbfffd50d913d5fb56ea46b3e678ebA89abb627566a6a704dc17d8e9fe3f007cc284fb127a6ca26d8afc938f98cbda77cd5ba3d6d116f9F8df02b883242e184b89f70701476a1befbe9e6bD769a31e1835fbf6fd854055c53b825b33b6b869

プログラマーとしてフルタイムで働いていた彼女は、学校に通っている家族とともに、早朝や帰宅後の時間を使って、マイホームづくりを進めました。はじめに、一番上の息子と設計図をつくり、動画で建築の方法を調べ、必要な材料を揃えていきました。

2008年当時はスマホを持っていなかったため、旧家と現場を行ったり来たりし、PCで調べものをしながら作業。大変だったようですが、パートナーがいなかったぶん、迷いなく決断し行動に移せたとも。

「すべて自分の力で成し遂げるのは簡単なことではありません。どんな材料を買うのか、どんな設備やフロアにするのかを自分で決めなければなりませんから、大きな決断を何度もしなければなりませんし、コンクリートのブロックを動かすのはかなりハードワークです。基礎をつくるのが一番大変でした」。

4人の子どもは、上から17歳、15歳、11歳、2歳。ひとりは、一番下の子の面倒をみる係です。建設の知識や経験がある友人に手伝ってもらうこともありましたが、9ヶ月ほどかけて無事完成。購入すれば6,000万円近くかかるような大きな家を、2,000万円未満で建てることができました。住み心地はどうなのでしょう?

336d63c395f7421b3881e04a6d866037701f4e32669d3480382150552bb42febeb4f589fe45d3ff85177abe32be2f27b311949622685d586963d7f20435e94792483a2bd3a98fd7c4d3733f23edfca21

「自分で建てた家で暮らす気分は素晴らしいものです。どこをどうやって建てたのかがすべてわかり、そのときのことを思い出して話すたびにみんなで笑いあっています。家族の距離も近くなります。大きな夢への挑戦も怖くなくなりました。不可能に思えることでも、やってみるべきだと思います」。

その後、彼女は家づくりや家族のことをまとめた書籍『Rise, How a House Built a Family』を出版。YouTubeやインターネットで物事を学ぶことが常識になっているとはいえ、その行動力に驚かされますね。

Licensed material used with permission by Cara Brookins
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
楽しみたいときは、まるで親友のように一緒にショッピングではしゃいで、ゆっくりしたいときは海外ドラマを見ながらグータラ。悲しいときは、黙って胸を貸してくれる...
大好きな人と結婚して、子どもが生まれて。とても幸せなはずなのに、毎日の子育てでどんどん消耗していく…。自分の時間が取れない、子どもが思うように言うことを聞...
彼氏ができてハッピー!…だけど、この関係が続いたら、ゆくゆくは待ち受けている彼ママとのご対面。できれば仲良くしたいけど、もしも気に入ってもらえなかったら…...
子育て中のママは、さまざまなことを一人で抱え込んでしまうことも。そんなとき、ちょっとしたパパの気づかいがあれば、いつまでもご夫婦が仲良くいられはずです。子...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
反抗期まっただ中の10代は、「お母さんはあなたのことを考えて言ってくれているのよ?」なんていうセリフには耳も貸さずに、「ふんっ」と聞き流していたのでは?で...
子を持つ母親には、本当に頭が上がりません。そう思わずにはいられない動画を「Jukin Media」よりご紹介。再生後に現れるのは、生後8ヶ月の3つ子と2歳...
生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。なんと、産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に...
2015年6月23日に公開以来、1,700万回以上再生されているこちらの人気動画。「Pampers」が、マザーグースの子守唄『Hush,Little Ba...
どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...
ママが出張で、パパと娘がお留守番。そう聞いて、そこはかとなく不安が漂ってしまうのは、どこの国でも同じなようです。とあるロシア人の父娘は「ママ、こっちは大丈...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
言葉で感情を伝えることのできない赤ちゃんは、泣くことでしか表現することができません。お腹がすいているのか、おむつを替えてほしいのか、もしかしたらどこか痛い...
子育てに心配はつきものです。とくに男の子に比べて女の子のほうが何かと危険が多いと感じるのではないでしょうか。しかし、ライターのケイティ・アーノルドさんは、...
朝から晩まで休む暇もない母親業だけど、大変なだけじゃない新鮮な驚きがあるのかもしれません。3歳になる娘の母であるKseniya Voronichevaさん...
「自分」のアイデンティティが生まれる上で、とても重要な役割を担うのは、母親の存在。Robyn Reischさんが「I Heart Intelligence...
日本では子どもにピアスって、賛否両論あるものです。それが産まれたての赤ちゃんの話だったら尚更。ファッション・アイコンとしての赤ちゃんピアスはなぜダメなんで...