クルマの「熱中症事故」を防ぐ!発明したのは10歳の少年

毎年夏になると、車内に残された乳幼児の熱中症による死亡事故を耳にします。

米・テキサス州に住む10歳の少年Bishop Curryくんも、近所で起きたニュースに心を痛めていたひとり。しかし彼がすごいのは、自らの手で車内での「熱中症防止デバイス」を発明してしまったところ。

熱中症防止デバイス
ってどんなもの?

8f7b3273d3c49f35cab8030f1dbb5e7ae22bc41b

Bishopくんは小学5年生。以前から、自動ボール射出機や自家製カタパルトなど、発明が大好きだったそうです。

そんな彼の近所で、生後6ヶ月の女の子が車内に置き去りにされ、熱中症で亡くなるという事故が発生。そして彼は、予防アイテムである「Oasis」の開発に着手したのです。

それは、車のシートに取り付けることで車内温度を感知し、車内が高温になったら冷風を送り、また同時に自動で警察と両親に知らせが行くような仕組みになっているそう。

現在は3Dプリンターによる試作のみですが、クラウドファンディング「GoFundMe」にて目標金額の2万ドル(約220万円)を上回る、2万9,000ドル(約320万円)の資金が集まり、実際に生産に向けて動き出しているとのこと。

Fb7c1b380acc08783cd1bbf153f2eba41b45e4d1

彼のお父さんも、驚きを隠せません。

GoFundMeで、たくさんの心優しい人から応援してもらえ、とても驚いています。現在『Oasis』は、USPTO(アメリカ合衆国特許商標庁)からの特許発行を待っている段階です。息子の発明によって、車に子どもを残すことの危険性が、より深く理解されるようにと願っています」

10歳の男の子のひたむきな取り組みが、車内放置の危険性に警鐘を鳴らす、ひとつのきっかけとなったことでしょう。

Licensed material used with permission by Bishop Curry, IV
もし愛犬がぐったりして体調が悪そうなら、熱中症になっている可能性があります。対策と症状を「Little Things」より紹介するので、快適に夏を過ごせる...
残暑がまだまだ続きます。熱中症対策、万全ですか?東ヨーロッパから中東にかけて、多くの国で親しまれているヨーグルトドリンクがあります。ヨーグルトに水と塩を混...
自分の体重から「1日に必要な水分摂取量」を割り出す計算式を、健康情報サイト「Health & Love Page」より紹介します。意識して飲もうとすると、...
画家でカメラマンとしても活動するTony Lucianoさんには、認知症を患った93歳になる母親(Eliaさん)がいます。2年前、もはや身の回りのことを自...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
自覚がないからこそ実は深刻な『彼氏依存症』。では、一体自分はどの程度の依存度レベルなのか。それがセルフチェックできる10の診断項目を設定し、あてはまる項目...
健康な人の便を冷凍し、カプセルに封じ込めた薬が、「クロストリジウム・ディフィシル感染症」の治療に効果を発揮するとの研究結果が米国医師会雑誌(JAMA)に発...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
認知症を発症させた母親との日々。それを赤裸々にYouTubeで発信しているのは、息子のJoeyさん。「Mother and Son's Journey w...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
この動画の主人公95歳の元ピアニストは、認知症を患い介護施設での生活を続けています。「もう一度ピアノを弾かせたい」介護スタッフの働きかけに、イギリス全土か...
一家に一台クルマがあり、電車やバスでどこにでも行ける時代かもしれませんが、こうした効率重視の現代社会が、走る必要のないライフスタイルを作り上げています。理...
何らかの精神的理由から、食事をとれなくなってしまう「拒食症」。「Me and My ED(私と私の拒食症)」は、そんな病に苦しむ患者たちの“心の声”をイラ...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
厚労省の発表によれば2012年時点での認知症患者数は、全国でおよそ462万人。2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が認知症になるとの予測がある。こ...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
毎日がまるでサーカスの一幕みたいな、赤ちゃんや小さい子どものいる家庭。パパもママもてんやわんやの大忙しのことでしょう。ここに紹介する写真もそんな場面の数々...