中学校教諭ら5人が「パンイチ」で挑んだ、真冬の2,228m。山頂から裸一貫の彼らが訴えたかったこと

2016年7月8日、男性5人が真冬のオーストラリア最高峰「コジオスコ」登頂に挑み、これに成功。大きなニュースとなりました。登頂者を何人も輩出している山で、とくに彼らが話題になった理由。それは全員「海水パンツ姿」で山頂に立ったから。無謀な行為に及んだのは中学教師。

コジオスコにご機嫌な
“海パンボーイズ”現る

Medium 88d351f0102b0ca0a9de598ea6dec8ecbeeedafe

雪が降り積もる山頂に「AUSSIES」とプリントされた真っ赤な海パン姿の男たちが立った。この日、山頂付近の気温は氷点下4度、風速25〜30メートルの風が吹いていたそうです。

多少のやせ我慢はあったはず。けれど、この5人のいさましい姿。寒さを物ともせずの記念写真は、地元紙のみならず多くのメディアが一斉にこれを報じました。

では、この無謀なチャレンジは、単に注目を得るため?もちろん聡明な学校教師たち、単なる“ウケ狙い”という訳ではなかったようです。

うつ病や不安症から
ティーンエイジャーを救う
チャリティ活動の一環だった

Medium 12365671e73b9409684f4c1082e9fa2399c29731

彼らの本当の狙いは、ティーンエイジャーたちを救うため。

2015年末にこのプロジェクト「KOSSIE IN COSSIES」を企画したのは、シドニー南部の町にある中学校の先生、Ben AndersenとBlake Leonard。いまオーストラリアでは、うつ病や不安症など精神的なストレスを抱えるティーンが急増中で、それは学校教育の現場でも問題になっている。とチャリティ基金寄付活動を行う「everydayhero」に、彼らはプロジェクトを始めたきっかけを記しています。

「日々生徒たちが精神的な不安や悩みと闘っていることを目の当たりにし、教師として自分たちのようなローカルスクールの教師たちにでも、できることがあるはず」。

Medium e849f1cacacccce1b48856117279dfebcf3390d7

ただ募金を呼びかけるのではなく、ひとつの目標に向かってチャレンジングに、しかも面白く挑み続ける姿勢を示そうと決意しました。それが、真冬のオーストラリア最高峰を“パンイチ”でアタックすること。文字通り、学生たちのために「ひと肌脱ぐ覚悟」です。

2,228mといえどそこは冬山。気合いとモチベーションだけでは、裸同然の格好での登山など無謀に等しいもの。冗談半分(もちろん彼らは大マジメ)のチャレンジは、真夏の1月からスタートしていたようですよ。

それがまた、どこまで本気なの!?なんて、突っ込みどころ満載。

冬山に耐えうる体づくり
半年間の周到な準備

Medium 1e0379fba03cba93ecd49b1eeaed825fa23cfc88Medium 8dfd34f4720162794e7f9e2af99cc4bc8e8a830e

まずは大量に買い込んだ氷を家庭用プールに投入し、そこへダイブ。すぐに氷が溶けてしまうとこれに飽き足らず、今度は氷で埋め尽くした大型ゴミ箱を用意して、氷風呂で体と精神を鍛えていきました。

Medium e187bfbca0f62544db326dc37fdb120a0b4af11cMedium a5823aeb142e90730dd64992ec59bf27f02b6275

さらにさらに、地上2,000mでのブリザードを体感するため、メルボルンへと遠征。氷点下でお酒が楽しめるアイスバー内で水着姿を披露。アタック数日前には、滝行ならぬ「川行」で心を清めたそうです。

努力は必ず身を結ぶ、
越えられない壁なんてない

Medium 60a139f02de1346b86f2674626748071cd9dd1ed

こうして、着実にトレーニングを重ね、寒さに負けない鋼の肉体をつくりあげた熱血教師たち。彼らのチャレンジは見事成功。下山後の5人を地元テレビ局や新聞各社が「海パンボーイズ」の挑戦として一斉に報じました。

「どんなことにだって一生懸命に取り組んで、トレーニングを積んでいけば、眼に見えない障壁だってはねかえせるし、乗り越えていくことができる。それを学生たちにも示すことができたと思います」。

と「ABC News」に語るリーダーのAnderson。学生たちからの反響も予想以上のものがあったようですよ。

さて、体を張った彼らのチャリティー活動ですが、健闘むなしく、現在までのところ目標金額にまでまだ届いていない現状。9月8日までのチャリティー期間、日本からの支援も心待ちにしているとのこと。もし、彼らの努力に寄付で応えたい、という人がいればこちらから。

Licensed material used with permission by Kossie in Cossies
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
自分の道を極める2人の探求者が、自由な発想で語り合うスペシャル対談。登場するのは、世界の山々の登頂に、果敢に挑戦しつづける登山家栗城史多氏と世界の最高峰に...
正式には「ウイングスーツ」と呼ばれている、とても危険度の高いエクストリームスポーツ用の装備がコレ。スカイダイビングのように上空からジャンプするが、ムササビ...
ハワイは現在、深刻な「教師不足」に直面しているそうです。南の国で働けるなんて最高!とはいえ、一体どんなお仕事なのでしょうか?「ハワイ州教育省」によると、と...
長い長い登山道を登った果てに辿り着く、美しい山頂の景色。そんな広大な自然の中で飲むビールは格別!という人も多いかもしれませんとはいえ、山頂でお酒を楽しむの...
人気パンのひとつ、メロンパンを自宅で簡単に作ることができる「メロンパントースト」をご存じですか? 材料はバターと砂糖、そして小麦粉。これらを混ぜて、塗って...
アスレジャーなんて流行語を引き合いに出すまでもなく、スポーツというキーワードがライフスタイルと密接になってきた。今やフィットネススタイルはカジュアルの一ジ...
2015年8月23日、ネパール政府は日本人登山家「栗城史多」氏にエベレストへの登山許可証を発行した。同年4月に発生しおよそ9,000人の死者を出したネパー...
厚労省の発表によれば2012年時点での認知症患者数は、全国でおよそ462万人。2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が認知症になるとの予測がある。こ...
海外ブロガーの間で火がついた「スキレットブレット」が、日本でもちょっとしたブームに。ちぎりパンの進化系ともいえるこのパンは、特別なスキルがなくてもあっとい...
イギリスで2016年9月13日より始まった、新5ポンド札の流通。紙幣に変わるプラスチック製の(合成樹脂幣)ということでも話題になっているけれど、その記念す...
世界7大陸の最高峰を登る、通称「セブンサミッツ」を若干19歳の若さで見事達成した女性がいます。冒険家で大学生(早稲田大学)の南谷 真鈴さんがその人。201...
どうやら巷では、自宅では裸で過ごす“裸族”が増えているそう。タレントのなかにも、実践者が多いらしく、美容や健康に良いとか。精神的にも開放感を満喫できるのも...
今ロンドンで話題となっているレストラン、テーマは「解放」。なんと裸で食事ができるんです。いまだ完成を見ないため設計のコンセプトから想像するほかありませんが...
僕は、毎朝バタバタと準備をしてしまうタイプ。というのも、アラームを止めてからもついつい二度寝をしてしまうことが多いから。気付いた時には、急いで準備をしなき...
2012年秋、重度の凍傷により手の指9本を失いながら、その後も世界の山々の登頂に果敢に挑み続ける登山家・栗城史多さん。今秋、再び単独、無酸素でのエベレスト...
あなたの周りに、11月になると急に口ひげを蓄え始める外国人の友人はいませんか?日本ではまだあまり知られていませんが、じつはこれ「MOVENBER」と呼ばれ...
老若男女カンケイなし。裸になって、自転車でGO!そんな様子が話題になったこのイベント。一体何ゴト!?ここで紹介する「ネイキッド・バイク・ライド」は、201...
体と同じように、心だって風邪を引くことがあります。「Elite Daily」の人気女性ライターGigi Enagaleさんは、自身がうつ病で苦しんだときの...