最初の一枚をどう使う?「新5ポンド紙幣」イギリス国民のステキな使いみち

イギリスで2016年9月13日より始まった、新5ポンド札の流通。紙幣に変わるプラスチック製の(合成樹脂幣)ということでも話題になっているけれど、その記念すべき一枚目にこんな使い方を選ぶ人が増えているそうですよ。

 最初に手にする一枚を
誰かのために寄付しよう

それは、ある男性のこんなツイートに端を発していました。

I’ll donate the first new five pound note I get to a charity. Will you?(ボクは最初の新5ポンド札をチャリティに寄付する予定。キミたちの使いみちは?)」。

「#givefive」や「#firstfiver」のハッシュタグとともに投稿された一文は、またたく間に国内に浸透していきました。

記念となる新札の1枚目を何かいいことのために使いたい。ショッピングとはまったく関係のない彼のアイデアに賛同し、自発的にチャリティ団体やボランティアへと新札を寄付する人々が、日を追うごとに増えているそうです。

記念にとっておく、ではなく誰かの役に立つために使う(あるいは使ってもらう)。もしも50ポンド(約6,500円)だったらこうは行かなかったかもしれない。それでもこのすてきなアイデアがSNSを介して拡散していることに意味があるんでしょうね。 

Medium d4870fdf1c8a589fb7527499606b088984a1bc73
Medium 0815063ec96c0d3774c1c6defb98ef04f0a79d39

プラスチック製の新札は破れにくく偽造が難しいばかりか、汚れにも水気にも強いそう。誤ってポケットに入れたまま洗濯機にかけてしまっても大丈夫、とイギリス中央銀行は、従来の約2.5倍の強度がある新札を、将来的にはすべてのお札で使用する見込みを立てているとのこと。

それにしても、破れにくく強い新札の裏面が、「不屈の宰相」ウィンストン・チャーチル元首相というとこも、イギリスらしいユーモアを感じてしまいます。

Licensed material used with permission by MissB
アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
「Change.org」で、あるキャンペーンが始まった。発起人Simon Mitchell氏の主張はこうだ。「来る新しい20ポンド紙幣の顔は、デヴィッド・...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
野菜が美味しい季節になってきました。この時期「新○○」と呼ばれるような野菜をよく見かけると思います。なんとなく美味しいイメージがありますが、「新○○」と普...
Appleユーザーやファンにとって待望の新製品発表会が、日本時間の9月10日午前2時より開催されます。毎回のことどんな発表があるのか予想がされますが、幾つ...
ビジネスチャンスは意外なところに転がっているもの。でも「名付け親」になることをビジネスにしようと決心した人は、あまりいないでしょう。10代のイギリス人の少...
「男らしくなければ」という意識に苦しんでいる人は多いかもしれない。言葉にせずとも、自分や相手に同じような思いを要求する瞬間はある。アイルランドのラグビーチ...
冷蔵庫を開けたら、新じゃがしかない……。そんなときにオススメしたい、新じゃがだけでおいしくお腹を満たせる料理。「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、簡単でお...
コーヒーショップでビデオカメラに向かって語りかける、ある夫婦。女性は声を詰まらせながらガン宣告を受けたことを訴えます。そこへ突然、見知らぬ人が次々と彼らの...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
毎日の料理でカットされる野菜のヘタや根っこ。それを水につけて再生させ、もう一度美味しく食べる、もしくは育てて楽しむ。「リボーン・ベジタブル」略してリボベジ...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
10年ぶりの政権交代を果たし、カナダの新リーダーとなったジャスティン・トルドー首相。2015年11月4日に行われた新内閣発足の発表会見の席で記者からの質問...
とっさに使い道がイメージできないかもしれない。必要だと、今すぐには感じないかもしれない。それでも、なんか役に立ちそうな気がしてならない。と、ここまでは個人...
2月27日に死去した米俳優レイナード・ニモイさん。彼の功績を偲んで、カナダの5ドル紙幣をニモイさんの代表作「スター・トレック」のミスタースポック船長に書き...
タトゥーと言えば、基本的には一度入れたら一生ものというイメージ。いくら興味はあっても、その後の人生とどう付き合っていくのか熟慮が必要になるだろう。気軽に楽...
2016年7月8日、男性5人が真冬のオーストラリア最高峰「コジオスコ」登頂に挑み、これに成功。大きなニュースとなりました。登頂者を何人も輩出している山で、...
アメリカで“セクシーすぎる”20代のイケメン医師が、自分の魅力を最大限に活かした奇想天外なチャリティーを実施中。「一番多く寄付してくれた女性とデートします...