力士のまわしは洗わない!?「寿命」で知るモノの真実

「カタチあるモノは必ず壊れる」という言葉の通り、モノには当然「寿命」があります。よくよく考えれば、まだ壊れてないから、と使いつづけている身の回りのモノたちも、じつはとっくに寿命がきてるのかも。

そんな、意外と知らないモノの寿命を、いろは出版編著の『寿命図鑑』からご紹介します。

71d835607f2cb971d40e1bda4a4114a4e0eefaf1

よごれても洗わない
「力士のまわし」の寿命

74186ee7ce3c71587fd8ff3ddbaf91573a5853e3

力士の腰まわりの4、5倍の長さもある「まわし」。汗や脂がしみこんでどれだけよごれても、洗わないのが習わしで、洗うのは親方がなくなったときだけ。すりきれない限り、1年ぐらいはそのまま同じものを使うんだ。

ちなみに、大リーグのバットの寿命は、8ヶ月。たった1回打っただけで折れてしまうこともあるよ。変化球はヒビが入りやすいから、大リーグではバットが1シーズン生きられることはめったにない。

紙質で大きく変わる
「本」の寿命

和紙の寿命は、約1,000年、洋紙の寿命は約100年。和紙は丈夫だけど高価なので大量生産に向かないし、洋紙は茶色く変色してこなごなになることも。

そこで発明されたのが、劣化の原因となる硫酸アルミニウムを使わない中性紙。寿命はだいたい350年くらい。今ではほとんどの本に使われているんだよ。

同じ紙でも、たくさんの人の手に渡る一万円札は4.5年、おつりでのやりとりが多い五千円札や千円札は1.5年とかなり短い。

逆に絵画は、世代を超えて手入れが施されるから500年以上経っても当時のままの作品もあるんだ。

「Tシャツ」の寿命は
法で定められている!?

26c4005333eef34ceafbef264d93fd0ebd2c152e

Tシャツの耐用年数は、2年。これは、法で定められた平均使用年数なんだ。服の定番で使いやすいから、何度も着て洗濯をくりかえしてしまう。そうすると、首元がよれてきたり、色あせたり、ほつれたり…ボロボロになってくるよ。大事にしたいTシャツは、着用回数をかさねないのがオススメ。

毎日使うといえば、くつもそのひとつ。ランニング用だと約6ヶ月、革ぐつだと毎日履いて約3ヶ月。よく歩きまわる人が履くと1〜3ヶ月で寿命がくるから、1年に2〜4回はくつ底を交換すべき。

わたしたちが知ってるようで知らない、生き物の生態。当然ですが、あのハムスターでさえ、意外な生き方をしているのです。あらゆるものの寿命が掲載されている、いろ...
時代が移ろいゆくにつれて、どんどん便利になる世の中。たとえば、発達する医療。そのおかげでわたしたちは、長生きができるようになりました。現在の日本人の平均寿...
加齢と慢性疾患の関連性などを研究しているBuck Institute for Research on Agingがワシントン大学との共同研究でとんでもない...
近年、目覚ましい発展を遂げるAI(人工知能)ですが、イギリスの医療研究機関MRC(Medical Research Council)の発表によれば、心不全...
未来の食事は、一体どのようになっているのでしょうか。一粒飲むだけで、すべての栄養が取れる万能サプリ?はたまた点滴だけで食事を済ませてしまうスタイル?未来に...
「寿命」に関する話題は日々上がりますが、今のトレンドはなんと「読書」らしいです。「たくさん本を読む人は、まったく読まない人にくらべて長生きしやすい」という...
銭湯の魅力を発信しようと、ひとりの女性がイラスト風の見取り図をFacebookに投稿していたところ話題になり、それを集めた書籍『ひつじの京都銭湯図鑑』が出...
「1日にたった10分でも豊満なおっぱいを見ることで、30分間エアロビクスを行ったことと同じ効果が期待できます」そんなコメントが、スコットランドのタブロイド...
ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。元々、夏の自由研究としてまとめたも...
シンガポールの国立大学、南洋理工大学(Nanyang Technological University :NTU)の研究でリチウムイオン2次電池(蓄電池)...
本物のお花を活用した作品を生み出す、マレーシア人アーティスト、LimzyことLim Zhi Weiさん。Instagramにはその多くが投稿されていますが...
筋肉は、体全体の健康に大きく関わってきます。「若いうちから筋肉を落とさないことが大切」「いま運動しておくことが未来の健康につながるんですよ」と、全国各地の...
どんな人でも、「死」から逃れることだけはできません。一般的には「静かに、穏やかに、眠るように死にたい」という人が多いようですが、実際のところ、人はどのよう...
地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite ...
いつも力強くがっしりと握手してくるあの人。なんとなく頼もしい感じがするものですが、どうやらそのイメージはあながち間違いでもないのかも。世界五大医学雑誌とさ...
「I Heart Intelligence」より紹介するこの30の質問は、アナタ自身への問いかけです。だけど、そもそも答えが用意されているようなものじゃな...
男女の平均寿命が「84歳」と、世界一の長寿大国を誇る日本(2015 WHO調べ)。その要因を一概に語るのは難しいですが、「健康的な食事」が理由のひとつかも...
夏に獅子奮迅の活躍を見せるTシャツも、冬になると一気にその存在感を弱めクローゼットで冬眠。でも、この「TATEMU」さえあれば、オールシーズン、未使用時で...
たしかに小学生の頃、頭のいい友だちの家に遊びに行くと、絵本や図鑑、伝記シリーズ、両親のものらしき本がズラッと並んでいたような記憶が残っています。本は僕たち...
社会という大海原の中を泳ぎ、仕事をこなし、自分の価値を上げていくために必要な考え方とは?自著『面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則』から、5つのヒ...