「Googleで働きたい!」7歳少女の手紙に、思わずCEO自らが返事を書く

「Googleに入社して働きたい!」そんな夢を持ったイギリスに住む7歳の女の子、クロエ・ブリッジウォーターちゃん。彼女はその思いを伝えるために、Googleに手紙を出しました。

その後クロエちゃんの元に届いたのは、なんとGoogleのCEO、サンダー・ピチャイ直筆サイン入りの手紙。それは一体、どんな内容だったのでしょうか?

すべり台で遊べる
Googleオフィスで働きたい

Ab0ab9ace8d8c56b0a29f5428d44571dfa1bc245

そもそものきっかけは、Googleのオフィスの写真を見たこと。ビーズクッションやゴーカート、すべり台があるのを見たクロエちゃんは、「ここで働きたい」と決意。

思いの丈を伝えるために、自分の長所などを手紙に書き、Googleへと送りました。

4e2edf5db6a51b52f93fc81a49ce71d6435303a5

Googleの社長さんへ

 
私の名前はクロエです。大きくなったら、Googleで働きたいです。チョコレート工場でも働きたいし、オリンピックで水泳もしたいです。水泳には、火曜日と土曜日に通っています。
 
Googleで働いたら、ビーズクッションに座ったり、すべり台やゴーカートで遊んだりできるとお父さんが言っていました。
 
私はコンピュータが好きで、タブレットを使ってゲームをしています。お父さんは「コンピュータを勉強するのに役立つよ」と言って、ロボットを上下させるゲームを買ってくれました。あと、いつか本物のコンピュータをくれるそうです。
 
私は今7歳です。私の先生は、単語のつづりや読み方、計算が得意だねと言ってくれています。私のお父さんは、いい子にして勉強を頑張っていれば、いつかGoogleで働けるよと言ってくれました。
 
私の妹のホリーも頭がいいけれど、お人形遊びとおしゃれが好きです。ホリーは5歳です。
 
Googleで働きたいなら、応募書類を送るといいとお父さんが教えてくれました。私は、それが何かよく分からなかったのですが、お父さんが今は手紙でいいよと言ってくれました。
 
手紙を読んでくれてありがとうございます。私は今までに1枚しか手紙を書いたことがありません。それは、サンタさん宛てでした。さようなら。
 
クロエ・ブリッジウォーター 7歳

「どんな夢だって叶うよ」

この手紙に返信が来るとは、誰も予想していなかったことでしょう。ですが、なんとGoogleのCEOであるサンダー・ピチャイが、実際に彼女の夢を後押ししてくれたのです。

74639c720e5b5580a37e866ba7bbd5c256110398

クロエちゃんへ

手紙をありがとう。コンピュータやロボットに興味を持ってくれて嬉しいよ。これからも、テクノロジーについて学び続けてほしいな。

私は、一生懸命に夢を追い続けていれば、君が抱いている夢は、どんな夢だって叶うと思っている。Googleで働くことであったり、水泳選手としてオリンピックに出場することだってね。君が学校を卒業したとき、君の応募書類が届くことを楽しみにしているよ。

君と、君の家族に幸あれ。

Google CEO サンダー・ピチャイ

父親のアンディさんは、この手紙の内容をLinkedInへ投稿。クロエちゃんの物語は瞬く間に話題となりました。

395d4028b7acebd48d5e95861fbdf290c1788135

手紙を受け取ったクロエちゃんの様子は?と父のアンディさんに尋ねたところ、

「これ以上ないくらい大喜びしているよ!すごくワクワクしているみたいだ」

とのこと。

コンピュータとロボットのお勉強を続けていたら、もしかすると十数年後、クロエちゃんが実際にGoogleで働く日が来るかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Andy Bridgewater
日本時間2015年9月2日、Googleが過去最大のロゴアップデートを発表。それに伴い、当日の「Google Japan Blog」には、創業からこれまで...
「アイデアに価値はない。それを実行できてはじめて価値になる」。そう言い切るのは、Google CEOのラリー・ペイジ。起業家のジェームス・アルトゥーカー氏...
自己PRや志望動機、職務経験を書かなければいけない履歴書を作るのって、時間がかかるし、労力が必要。一枚の紙に自分の人生がかかっていると言っても過言ではない...
ネット社会で生きる私たちが研ぎ澄ますべきは、どのようなキーワードを組み合わせて検索するかというセンス。ではどうすれば、検索キーワードを思いつくようになるか...
「おじいちゃんおばあちゃん×最新のIT」という組み合わせは、ときに想像の斜め上をいく話題を振りまいてくれます。イギリスのリヴァプールに住む86歳のおばあち...
写真は、8歳の少女が泥棒に宛てて書いた手紙(走り書き)。留守中を狙って空き巣に入られたその窓に、彼女は手紙を貼りました。泥棒がこれを目にすることはきっとな...
勤めている会社の駐車場にトラックを停め、その中で生活をする。そんな少し変わった23歳のGoogle社員が、世界中で話題になっています。120万円で購入した...
あのGoogle EarthがついにVRに対応。その親和性の高さは、言わずもがな。世界の絶景を、よりリアルに楽しめるようになりました。こちらが、同サービス...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
18歳の誕生日を迎えたアビー・バン・メートルさんの元に届いた、誕生日プレゼント。それは100年以上前のものと思われる、木でできた大きな箱でした。そして両親...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
Googleマップをベースとして、モダンアートに変身させる「Modern Map Art Prints」。そのクオリティは、美術館にあるレベルなのだとか。...
未来の食事は、一体どのようになっているのでしょうか。一粒飲むだけで、すべての栄養が取れる万能サプリ?はたまた点滴だけで食事を済ませてしまうスタイル?未来に...
子どものころ、両親や家族に宛てて手紙を書いたことがありませんか?それが他愛のない内容であっても、親にとっては宝物。この7歳の女の子は、ちょっとユニークな手...
2015年11月3日、Official Gmail Blogで紹介されたメール管理アプリの新機能が話題に!なんと、Gmailが受信したメールの内容を理解し...
ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...
マンハッタンのロウワー・イースト・サイドに登場したポップアップレストラン。お客のほとんどがスマホを片手に料理を楽しんでいます。インスタ投稿用にパシャパシャ...
「サンタクロースは本当にいるの?」ここで紹介するのは、ニューヨークの新聞紙「ザ・サン」の編集部に送られてきた少女からの手紙と、それに対する編集者フランシス...
1998年の創業以来、イノベーティブな企業の最先端を走るGoogle。同社は新たな取り組みとして、独自のデータや研究に基づいた、HR分野の改善に役立つ情報...
イギリスで小児がんを患っていた14歳の少女が亡くなった。彼女は、将来生き返ることを目的に、自分の遺体を冷凍保存することを求めて訴えを起こし、裁判所がこれを...