警察が犯人に残した粋な手紙「オレたち、すれ違っちゃったみたいだね」

ダメなことをやってしまった時、悪いのは自分だと理解していても、頭ごなしに怒られるとつい反発しちゃうのが人間というもの。

だからかどうかは分かりませんが、イギリスの警察はお尋ね者に対して、こんなフレンドリーな取り締まりを行ったようです。

「会えなくて残念!」

テムズバレー警察は、オックスフォード周辺で大量の大麻が栽培されているのを発見。彼らがそこに残したのは、ひとつのメッセージ。

「会えなくて残念だ。俺たち、ちょっとすれ違っちゃったみたいだね。101にいつでも電話して。このことについて話し合おう!」

愛を込めて。テムズ警察より

置き手紙の画像がテムズバレー警察公式ツイッターに投稿されると、

「最高!」

「警察にユーモアがないって言ったのは誰だ?」

などと大きな反響を呼びました。

ちなみに、大麻はもちろんすべて押収、破棄されたそう。ユーモアがあっても、当然仕事はきっちり。

Licensed material used with permission by Thames Valley Police
まずはこの動画を見てみよう。これは新たにオランダ国家警察が採用を検討している、猛禽類によるドローン捕獲訓練の映像だ。「IEEE Spectrum」にその詳...
大の大人なら、ある程度は共通したイメージを持てる「警察」も、子どもの場合は少し変わった姿になってしまう。そんなことを教えてくれた「CUT」の動画。アメリカ...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
犯罪者たちを捕まえるために、数々の厳しい訓練を乗り越えた警察犬。ペットとは明らかに違う、凛とした「勇ましい」イメージがありました。ところが、台湾の警察は抱...
米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという...
先のパリ同時テロを受けて、実行犯が逃走したとみられる隣国ベルギー。警戒レベルを最高位に引き上げ、厳戒態勢が続いている。警察当局は、首都ブリュッセルで展開さ...
教え子から感謝の言葉をかけられるときほど「教師冥利」に尽きることはないでしょう。ここで紹介するJ氏も、そんな学校の先生のひとり。ある日彼が教室に入ると、机...
今まで“ふぁぼ”という愛称で親しまれていた、Twitterのお気に入り機能。このアイコンが、星マークからハートマークに変わり、"お気に入り"から、"いいね...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
Tinderで知り合った、22歳の男性Josh Avsecさんと21歳の女性Michelle Arendasさん。3年かけてマイペースにメッセージを送りあ...
「Googleに入社して働きたい!」そんな夢を持ったイギリスに住む7歳の女の子、クロエ・ブリッジウォーターちゃん。彼女はその思いを伝えるために、Googl...
「Amazonで日本の会社に注文したら、こんな手紙が添えられて届いたよ!」ある日Redditに投稿された、一通の手紙。「日本のおもてなしの心って、やっぱり...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
皮膚やコブをまとったままの恐竜(ノドサウルス)が発見されたというニュースに、目を疑ったのは私だけではないはず。でも興味がなければ、スクロールに消えてしまっ...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
この写真は、とある民家の庭で撮影されたもの。突然オオカミが現れたことで話題になっている。かなり大きい。しかも、この獰猛な目つき。恐いっ!でも…意外と人懐っ...
スラム街の子ども達にとって、警察は「敵」であることが多い。誤解を恐れずに言うと、彼らが悪さをして警察に注意される、という関係性だということ。レコーディング...
子どものころ、両親や家族に宛てて手紙を書いたことがありませんか?それが他愛のない内容であっても、親にとっては宝物。この7歳の女の子は、ちょっとユニークな手...