「ボクにもできることがある」。がんと闘う少女のため2年間髪の毛を伸ばし続けた少年

メリーランド州に暮らす10歳のトーマス・ムーアくんは約2年間、一度も髪の毛を切らず、このボサボサ頭。けれど不精なわけでも、ヘアカットのお金が無いわけでもありません。彼はある決心の元にロングヘアを貫いていたのです。

 ボクの髪の毛で
カツラを作ってあげて

Eb0f54f2b946e53dd8cccc21a0b438a743eb99ee

ちょうど2年前、当時8歳の少年は母親のFacebookに流れている動画を目にしました。映し出されていたのは、髪の毛のない自分よりも小さな女の子。抗がん剤治療の副作用で髪の毛を失った同年代の子どもたちを目にする彼の衝撃は、トーマスくんの意志を固めるのに十分すぎるものだったようです。

この日以来、彼は髪の毛にハサミを入れることを断ちました。

2838fbaad9c073f6b0c460e444944bd69db1adaf

ところで寄付をするためには、ただ闇雲に伸ばせばいいというものでもなかったようです。実際トーマスくんの髪質はフサフサのウェービーヘア。縮れが強く、伸びるにつれ、いわゆるアフロヘア状態に。そのためときにはコーンロウに編み込んで、かつら製造に向くようできるだけストレートヘアになるよう努めるなど、気配りも必要だったんだとか。

93cbed0979e2666e5206e11066cac8b170c152a3288badb0a0a64a4248fdc0ac154e30abaa5209e3

そして2年、およそ40センチの長さにまで伸びた髪の毛をバッサリ。大切に伸ばし生やしたトーマスくんの髪の毛は、3人分のかつらを作るのに十分な量に。

今回、叔母のリンさんが自身のTwitterにトーマスくんの2年間に渡るプロジェクトを投稿したことで大きな反響を呼びました。が、「がんと闘う子どもたちに自分の髪の毛を寄付しよう」。欧米では、がん治療により髪の毛を失った子どもたちのため、同じ子どもたちが髪を伸ばして寄付するチャリティ活動が盛んに行われています。

他人のために自分ができることをする──、そんなボランティア精神が幼少期から培われていることもステキですよね。

Licensed material used with permission by amber lynne
がんとの闘病生活を続けるScintillaさん。抗がん剤治療で、髪の毛のほとんどは抜け落ちることに。だけど、ある1人の美容師のおかげで、生きる気力を取り戻...
日本人の死因1位でもある、がん。さまざまな治療法が開発されていますが、とくに抗がん剤を使う化学療法には、吐き気や痛み、手足の皮がむけてしまうという副作用が...
米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという...
UCLH(ロンドン大学病院)は、主に口腔、咽頭、喉頭、鼻腔、副鼻腔、唾液腺、甲状腺、頸部食道、気管に現れる「頭頸部がん」の治療に、Googleの人工知能「...
子どもから、ないしは家族がパパへの感謝をおくるのが「父の日」。一般的には。ですが、小児がんと闘うカンザス州のガブリエルくんは、先月(2016年6月)の父の...
2015年の秋、67年連れ添った夫を失った90歳のノーマさん。さらにその2週間後、自分自身にも「子宮がん」が発症していることを知りました。医師もベストな手...
銀メダルで悔し涙を流す選手がいれば、銅メダルで嬉し涙を流す選手もいる。個人差こそあるものの、一般的に五輪におけるメダルの獲得は悲願だ。そんな多くのアスリー...
2015年9月のこと。ノーマさん(90歳)は、67年間一緒に連れ添った最愛の夫を亡くしました。そして、その2週間後に自分の体ががんに蝕まれてることを知った...
イギリスで小児がんを患っていた14歳の少女が亡くなった。彼女は、将来生き返ることを目的に、自分の遺体を冷凍保存することを求めて訴えを起こし、裁判所がこれを...
がん予防として、効果が期待されるもののひとつに「セックスをする」が加わるかもしれない?これは男性に限った話のようですが、ハーバード大学が研究結果を発表。頻...
シカゴ市内を走る1台の市営バス。外は厚めのコートにマフラーが必要な寒さ。それなのに車内の乗客たちは、なぜかみんな半分お尻がはみ出たローライズ姿。なんか、ち...
2013年9月29日、Emily Helckさんは自身の姿を「1年間」記録し続けた動画をブログへと投稿しました。ABC Newsのインタビューに答えた彼女...
あなたの周りに、11月になると急に口ひげを蓄え始める外国人の友人はいませんか?日本ではまだあまり知られていませんが、じつはこれ「MOVENBER」と呼ばれ...
クーグラーさんと愛犬のベラは、9年以上仲睦まじく生活を共にしてきた、かけがえのない家族同士です。ある日のこと、そんなふたりに衝撃的な事実がつきつけられまし...
2013年3月、ベンくんは3歳で前駆B細胞急性リンパ性白血病と診断されました。母親はインターネットで闘病の経過報告をしながら支援を募っていましたが、ついに...
アラスカに接するカナダ北西部のユーコン。ここに100年以上続く天然温泉(Takhini Hot Spring)がある。ミネラル分が豊富な42℃の源泉がこん...
オーストラリア、タスマニア州に住む12歳のキャンベル・レマスくん。なんと彼、病気で苦しむ子どもたちのために、自分のお小遣いをつかってテディベアをつくり、プ...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
「サッカー日本代表のエース」「ACミランの10番」そんな“本職”以外にも、「経営者」や「クラブオーナー」「MITメディアラボ特別研究員」など、さまざまな肩...