がん治療はせず、念願の旅に出た90歳のおばあちゃん。人生って最高!

2015年の秋、67年連れ添った夫を失った90歳のノーマさん。さらにその2週間後、自分自身にも「子宮がん」が発症していることを知りました。

医師もベストな手術、放射線治療、化学療法などを提案しましたが、彼女は「がん治療」という道を選びませんでした。

「私はもう90歳よ。
旅に出るわ」

Medium c09b4b6385c88b98eef4e1a890a55f3833d2affe

彼女はお決まりの「治療」には興味がなく、残りの人生で思い切り「旅」を楽しむことに決めたのでした。

はじめはこの決断に驚いたという息子のティムさんも、RVキャンピングカーを用意し、妻のレイミーさんと愛犬のプードルを連れて、人生最良の旅をスタートさせたのです。

Medium 2a4ad3f44058df33690ab5b4f0a40ba678e12974

観光地での記念撮影も、とにかくお茶目なノーマさん。

Medium da52d7d8383db51dbefb168ab20419080eaea3e5

SNSを通じて有名になったノーマさんを前に、警察官もこのノリ。

Medium 8ce485fa18bf2c7a33cffdb631d245c84a1d2174

このセンターにとっては「過去最高齢」のお客さんだったとか。

Medium 0d4532c0fe081c99132a382196b734b8b1fb8b65

アイスを買ってご機嫌。

Medium 01dd83a59f172a3970d4f80b6491d5764168a744

ロブスタグラム!

Medium 07642516fddade0931b772e2653899cd88adcaf0

暑くなってきたから、水遊び(デトロイトのリバーフロントにて)

Medium 52f1ead8847b2ff9ed96fc1f3e60079fac208832

アトランタではNBAも観戦。チアリーダーたちと。

Medium 674c69e69769c62f41b3117f657baa1d80316fe6

旅が26州目に入ったところで、ミシガン州へ。なぜならミシガンはアメリカで26番目に州に昇格した歴史があるから。

Medium 3a11e1e26e1b3b6c6070e61a39ba4268dc1e2686

ペディキュアは人生で2度目だけど、ポリッシュは初体験。

Medium 4f69a70db92fc8f6640310c77314e82cebf37850

ナイアガラの滝でも、このスマイル!

Medium 715dbfdfea5bec40742dbf9d3d3d9fc3f569be69

ピッツバーグに来たからには、名物のサンドイッチを(プリマンティブラザーズにて)。

Medium f5900b971315ea7ae188dc2419e1e166c3876646

ブランコには、ちょっと緊張?

Medium 00bc11617e2755a2b8c9c74bad548bdc3b8ec158

GoProだって楽しんじゃいます。

Medium 4affff1825930006367bfc095053d64d670b0fcf

愛犬の「Ringo」と。

Medium f6978b3b7305a4fb746e6eff243bd3ce05c51dea

なんと、CBSニュースから取材を受けることも!

Medium 5aab89c36be13cfee47d15c7a628f2eb6cc63eef

(フロリダのスペースシップアースにて)

Medium 8b928933e399d4083f260842651eb6dc1d3aba11

とても楽しみにしていたという、ノーマさんにとって人生初のグランドキャニオン。第一声は「It's BIG!」

Medium f93b0883e77b406b3e752580f8b486fcef02561a

セントパトリックデーのパレードにも参加。街中が緑色に染まるんです。

Medium b24a6f58d999e0bfd03747bec0cc592f5ba9c9e8

「夏が来たわ!」

冬に始まったこの旅も、約半年を経てついに夏を迎えました。なんだかノーマさんの表情が、どんどん明るくなっているように見えませんか?

見ているこっちまで元気がもらえる素敵な旅、1日も長く続きますように。

Licensed material used with permission by Driving Miss Norma
2015年9月のこと。ノーマさん(90歳)は、67年間一緒に連れ添った最愛の夫を亡くしました。そして、その2週間後に自分の体ががんに蝕まれてることを知った...
最近のおじいちゃんやおばあちゃんは、とってもパワフル!見ているだけで元気がもらえて、ポジティブな気分になります。ここでは、いくつになっても挑戦を続ける元気...
「Eurostat」が行なった、ヨーロッパで一番幸せなのは誰?という研究で、「デンマークのおばあちゃん」との結果が発表されました。同国は、高額な税制度と引...
リリースされるやいなや大ヒットとなった、Bruno Marsのファンキーな新曲「24K Magic」。そのノリノリのリズムに合わせて踊るのは、なんと平均年...
メリーランド州に暮らす10歳のトーマス・ムーアくんは約2年間、一度も髪の毛を切らず、このボサボサ頭。けれど不精なわけでも、ヘアカットのお金が無いわけでもあ...
UCLH(ロンドン大学病院)は、主に口腔、咽頭、喉頭、鼻腔、副鼻腔、唾液腺、甲状腺、頸部食道、気管に現れる「頭頸部がん」の治療に、Googleの人工知能「...
もし、世の中から水がなくなったら?ほとんどの人はそんなこと考えたことないですよね。蛇口をひねれば水が出る、それが日本のスタンダードですから。でも、当然なが...
陽気に踊り出すおばあちゃんと、それを一緒に楽しんでいる孫のロス・スミスさん。仲が良すぎて、一見いじめているようにしか見える動画もありますが、おばあちゃんは...
2014年夏、全米で話題となった99歳のおばあちゃんLillian Weberさん。当時、彼女にはある目標があった。「100歳の誕生日までに1,000着の...
「おじいちゃんおばあちゃん×最新のIT」という組み合わせは、ときに想像の斜め上をいく話題を振りまいてくれます。イギリスのリヴァプールに住む86歳のおばあち...
米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという...
撮影されたのはカナダ・ブリティッシュコロンビア州、バンクーバー北部の山中です。2015年11月19日のこと。例年よりも雪が積もるのが早く、近くにある北米最...
「もし私が、若い女性だったら。正直、どうしたらいいか分からないわ。あなたたちには、テクノロジーがあるわね。それによって随分便利になったでしょう。でも、それ...
米メディア「Mic」に、掲載されたこの記事。かなり際どい内容です。なんせ、さまざまな人が各々のおばあちゃんから聞いた「セックスに関するアドバイス」をまとめ...
今すぐ旅に出たい。じゃあ、日々の仕事や生活を放り出してでも、それを叶えることができるか?と問われれば、なかなか叶えられるものじゃありません。それでも、旅の...
いつも優しくあなたを守ってくれる存在、おばあちゃん。ここで紹介するのは、Pucker MobでAlexa Thompson氏が書いた「おばあちゃんに感謝す...
ひと月後に結婚を控えたカップルが、特殊メイク技術によって、老後の自分たちの姿に変身。徐々に老いていくパートナーを目にしたとき、ふたりの心にある変化が訪れま...
クーグラーさんと愛犬のベラは、9年以上仲睦まじく生活を共にしてきた、かけがえのない家族同士です。ある日のこと、そんなふたりに衝撃的な事実がつきつけられまし...
Solen Yucelさんは、誰しもが羨む環境にありながら、すべてを手放して旅に出た。そこには、社会が期待する自分ではなく、自身が望む「本当の自分」を見つ...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...