いつから日本はこんなに「音」にうるさくなった?92歳のエッセイが面白い。

今年11月に93歳を迎えた小説家・佐藤愛子さん。彼女のエッセイ『九十歳。何がめでたい』は、これまで数々の困難を乗り越えてきたからこそ見える視点で、バッサバッサと世の中を斬っています。タイトルの由来は、本人曰く「ヤケクソが籠っています」。

スカッとする内容が多く、とくにモヤモヤを抱える現代人が読むべき本だと言えるかもしれません。

生活に活気があるからこそ
「音」が生まれる

Medium 35581d0ca5ca1ab11d00fbd017a17278ff1f6755

寝ようとしたら若者が騒ぐ声で眠れない。どこからか聞こえてくるピアノを練習している音がストレスだ…。騒音トラブルは、いまや殺人事件に発展するほど大問題となっています。佐藤さんは60年以上同じ街に暮らしています。昔は外から、子供の声、焼きいも屋さんの呼び込みの声などが聞こえてきたと語っています。そうした音は、平和な日常の彩りとして好ましく感じていたのだとか。

しかし、ここ数十年で、番犬の役割をしていた犬は、吠えると近所から苦情がくるようになり、幼稚園で子どもたちが騒ぐ声は騒音として捉えられるようになりました。佐藤さんは、こうした音に対して敏感になった環境に違和感を感じていました。確かに同じ環境で犬の鳴き声や子どもの叫び声をずっと聞いていると、可愛らしかった声をうるさく感じてしまうかもしれません。しかし、我々が過敏に反応しがちなのも事実です。

現代人はどこかイライラしながら生きている人が多く、自分の生活に少しでも干渉するものには憎しみを持ち、昔に比べて怒りをぶつけたいという欲求のタガが弱まっているような気がします。佐藤さんはこう言います。

「騒音は生活が平和で活気に満ちていてこそ生まれる音。町の音はいろいろ入り混じっていて、うるさいくらいの方がいい。それは、我々の生活に活気がある証拠だからだ。それに文句をいう人が増えてきているのは、この国が衰弱に向かう前兆のような気がする」

現代人は、もっとゆとりを持って生きるべきなのかもしれません。佐藤さんの目線で物事を見ると、どんなマイナスのこともプラスに変えられるような気さえしてきます。

スーパーのレジで
声を出したらいけないのか?

Medium 6b120ecdf4658f5fbaacf346edfd2733efdd1a68

さらに佐藤さんは、スーパーマーケットも静かだ、と言います。

「客は黙々と商品の間を歩き、黙々とカウンターにカゴを差し出す。カウンターには『NOレジ袋』と書いたカードが用意されていて、客もレジ係も黙々と会計を済ます…。なぜ『レジ袋いりません』と声を出してはいけないのだろう」

佐藤さんの言うように、声を出すこと自体がばかられるほど、この世界は息苦しくなってしまったのでしょうか?だとしたら残念でなりません。ちなみに、このエピソードのタイトルは『我ながら不気味な話』。一見脈略のないタイトルですが、文末にその答えが載っていました。

「不思議とも思わず『NOレジ袋』に従っている人たちの不思議。しかし、そう思いながら、同じように従っている私の不気味」

騒音に対する認識が崩れつつある日本人に苦言を呈しながら、お店のルールに違和感を覚えつつも守ってしまう自らの性格を現した一文。考えさせられるテーマを投げかけながら、最後はクスッと笑ってしまう、じつに佐藤さんらしいエピソードのひとつです。

いま、小説家 佐藤愛子さんのエッセイ『九十歳。何がめでたい』が注目されています。執筆時の年齢は92歳。彼女が綴る文章は、辛辣な表現がありながらも人生を真っ...
2015年の秋、67年連れ添った夫を失った90歳のノーマさん。さらにその2週間後、自分自身にも「子宮がん」が発症していることを知りました。医師もベストな手...
「耳年齢」という言葉をご存知ですか?音の周波数を、どのくらいの高さまで聞くことができるかによって、耳年齢が分かるのです。ここで紹介する動画では、実際に自分...
1937年の『白雪姫』を皮切りに、これまで50以上の作品を世に送り出してきたディズニー。その多くには、ストーリーに彩りを加える「プリンセス」の存在が欠かせ...
「Elephant Journal」で紹介されたのは、4人の子供を持つ、40歳シングルマザーのリアルなブログでした。「40歳は、20歳の時と同じくらい私の...
2015年9月のこと。ノーマさん(90歳)は、67年間一緒に連れ添った最愛の夫を亡くしました。そして、その2週間後に自分の体ががんに蝕まれてることを知った...
仕事、プライベート、人間関係など、30代は人生における大きな決断をすることが多い年代です。中でも35歳は人生のターニングポイントであり、人生戦略を見直すべ...
最近の「60歳」の人たちはとても若くてエネルギッシュだけど、こと電子機器に関して言えば、スマホを使いこなしていれば感度が高いほうで、パソコンの、しかも画像...
20代後半に突入してしまうと、30歳なんてあっという間。目指している夢に向かって、道は繋がってますか?「Elite Daily」のライターAlexa Me...
18歳の誕生日を迎えたアビー・バン・メートルさんの元に届いた、誕生日プレゼント。それは100年以上前のものと思われる、木でできた大きな箱でした。そして両親...
人は、いよいよ「自分の死」を覚悟したとき、一体どんなことに後悔をするのでしょうか?人生の終わりは、誰にでもやってくること。「becomingminimal...
100歳を超えたおじいちゃんおばあちゃんが語る「人生のアドバイス」。その数、70人以上。フォトグラファーのポール・モブリー(Paul Mobley)さんは...
92歳のHowardさんと93歳のLauraさん。二人は73年間連れ添った、ベテランカップルです。病気になってしまい先の短い妻Lauraさんを励ますため、...
これからの人生、どう生きていくのか考えていたら、なんだかモヤモヤ…。そんな葛藤する25歳に気づいてほしいのは、「Elite Daily」のPaul Hud...
結婚願望があまり強くない男性が増えてきている昨今。10歳以上も年下の彼氏と付き合っているならなおさらですよね。とはいえ、いつまでも年下の彼氏に結婚を先延ば...
米・カリフォルニア州に住む7歳の男の子リヤンくんは、なんと3歳の頃からリサイクル活動を続けているらしいのです。地球のことをサスティナブルに考えている、とい...
30歳は人生の仕切り直しです。良いスタートダッシュを切るために一度立ち止まり、自分自身と向き合ってみましょう。ちなみに、この感覚って29歳のシングル女性に...
2014年夏、全米で話題となった99歳のおばあちゃんLillian Weberさん。当時、彼女にはある目標があった。「100歳の誕生日までに1,000着の...
もしも、せっかく企画した誕生パーティに誰も来てくれなかったら、とても悲しい気持ちになるでしょう。ましてやそれが、5歳の女の子だったら?そんな女の子を、絶望...
10代の頃に思い描いた通りの順風満帆な人生を送れている人は、それほど多くはないでしょう。だからこそ、0がつく誕生日を人生の節目としたり、ターニングポイント...