この音を聞くだけで「耳年齢」が分かっちゃう!アナタは何歳?

「耳年齢」という言葉をご存知ですか?
音の周波数を、どのくらいの高さまで聞くことができるかによって、耳年齢が分かるのです。ここで紹介する動画では、実際に自分の年齢を測ることが可能です。

まずは8,000ヘルツの音を聞くことができるか、試してみましょう。音は途切れず、聞こえていますか?

ear-age-2

さらに周波数を上げて12,000ヘルツ。これが聞こえたあなたは、耳年齢が50歳以下。

ear-age-3

さらに周波数を上げて16,000ヘルツ。これが聞こえれば、耳年齢は30歳以下です。ear-age-4さらに19,000ヘルツまで上げていくと…。この音が聞こえた方の耳年齢は20歳以下です。ここで一旦テストは終了します。
ear-age-5

動画によれば、肝臓や皮膚など他の器官と違い、一度壊れてしまった耳の内部機能が、再び回復することはないとか。つまり、老化が進んでしまえば、そのまま戻らないということになります。

音は、耳の内部にある有毛細胞と呼ばれる小さな細胞が周波数を集めることで聞こえます。そしてこれらの細胞が、音の信号を脳へ送ることで、私たちは“音”を認識するのです。
そして、高音を感知する有毛細胞は、低音を感知するものよりも耳の入り口に近い場所にあります。そのため高音と低音のどちらも感知するため、使用頻度が高くなり、早く老化が進むとか。年齢を重ね、耳が様々な騒音にさらされていくうちに、有毛細胞の機能は低下してしまうのです。ear-age-10

お年寄りが、高周波数の音域が聞き取りにくくなるのはこれが原因。高音性難聴と呼ばれ、老人性難聴の特徴でもあります。

ear-age-11

大音量で音楽を聞いている人は、耳の老化が早く進んでしまう可能性もあるとか。定期的に耳の年齢をチェックしてみては?

Licensed material used with permission by AsapSCIENCE

クラウドファンディングサイトで出資を募り始めたばかりというのに、すでに目標額を320%達成しているイヤホンがあります。じつはこれ、音楽を楽しむためのもので...
「今後はもう耳掃除をするべきではない」目を疑うような内容の記事が「Simple Organic Life」に掲載され話題となっています。でも、それって汚く...
健康にも美容にも、仕事効率にだって大事だと言われる「睡眠」。では実際、どのくらい寝るのがベストなのだろうか?そんなかねてからの疑問をスッキリさせてくれるよ...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
「耳栓のデザインだって、面白くないんじゃどうしようもないだろ?」耳栓に機能プラスαのデザインを求める人が、はたして世の中にどれだけいるかは定かでないが、そ...
最近「お酒の量がめっきり減った」のは、体力的な問題?そう自問自答する人へ向けた記事がこちら。「Elite Daily」が、医療ジャーナリストのKevin ...
骨電導を利用したヘッドホン「BATBAND」は、耳を塞がずに後頭部にかけるだけでOK。Bluetoothで通信が可能で、通話にも対応しています。音漏れなど...
母親がやさしく語りかける声が、子どもの脳の発達に大きく貢献している。こんな研究結果がアメリカで発表されました。「CNN」や「TIME」、「Daily Ma...
「Kickstarter」に登場した、最新イヤホン「Revols」。資金募集をスタートして、わずか7時間で目標金額の10万ドル(約1,200万円)を集め、...
Collective-Revolutionの記事によれば、音楽にはすべての基準となる音の高さ「基準周波数」というものがあり、1953年に国際標準化機構(I...
サンドイッチを作るとき、食パンの耳だけ残ってしまうことってありますよね。そのまま食べたり、ラスクにするのは定番ですが、どうせならパンの耳でもう一品つくって...
年をとることは、誰もが通る道です。しかしそれは恐怖の対象ではなく、年齢とともに身につく知恵や信頼は感謝すべきもの。ライターのChristine Schoe...
毎年、ただ年齢をひとつ積み重ねている人と、熟成するワインのように年を重ねるごとに魅力を増していく人とでは、大きな違いがあるのは言うまでもありません。「Po...
イギリスのマッチングサイト「IllicitEncounters.com」がユーザー調査を行った結果、一番浮気の危険性がある年齢は、39歳だったことがわかっ...
今年11月に93歳を迎えた小説家・佐藤愛子さん。彼女のエッセイ『九十歳。何がめでたい』は、これまで数々の困難を乗り越えてきたからこそ見える視点で、バッサバ...
リリースされるやいなや大ヒットとなった、Bruno Marsのファンキーな新曲「24K Magic」。そのノリノリのリズムに合わせて踊るのは、なんと平均年...
毎日を健康的に過ごすためには、体と同じように脳にも運動が必要です。ほんの数分だけでも頭の体操をしてみませんか?思考力と記憶力を意識的につかうことで、心を落...
着信があったときにデバイスを取り出す手間を「sgnl」が省く。耳の穴を覆うように突起した「耳殊」の軟骨に指先を触れると、骨伝導通話ができるようになる“リス...
さまざまな切り口で現代女性の価値観を記事にする「Elite Daily」人気ライターのGigi Engle氏。今回のテーマはズバリ「なぜ年齢が上がるにつれ...
私は耳が聞こえないことを障がいだとは思わない。そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。学校では友達の輪に入ってお喋り...