いびきやエンジン音をカット 自分だけの静けさをつくる「デジタル耳栓」

クラウドファンディングサイトで出資を募り始めたばかりというのに、すでに目標額を320%達成しているイヤホンがあります。じつはこれ、音楽を楽しむためのものではなく、周囲の音を遮断し、静寂を与えるためのもの。

誰にも邪魔されない
「静寂」をもたらすイヤホン

Medium f51bf86714412c5c4c5b7c703d43723f42d9cac8

彼女が耳にしているワイヤレスイヤホン状のモノ、これが騒音や喧騒をシャットアウトし、静けさを生み出すデジタル耳せん「QuietOn」です。アクティブノイズキャンセル機能により、騒音をカット。装着するだけで、周囲の雑音が驚くほど気にならなくなるんだそう。

Medium c1c2711d3617f5daa2ce43c534a4cb1ab6bce4f8

周波数1キロヘルツ以下の低音をカット。いびきや、飛行機のエンジン音、電車やバス、カフェでの話し声、工事現場のノイズまで、あらゆる騒音をたちどころにシャットアウトできる!と、開発者側は強気です。

というのも、すでにフィンランド航空協力の下、QuietOnの試験運用は実施済み。ボランティアを買って出た乗客からは、「エンジン音が気にならなかった」と高評価。さらに、装着感などのフィードバックをもらい改良を進めているそうです。

2133b8c5bcd7423d90a8bbdf8b583dc24bd4299b

街の喧騒のなかでも、これさえあれば“集中モード”全開。

Medium 99915e697766f0afe0972e14fbfe348a301bf066

移動中の短時間。心地いい仮眠をゲットするにもこれ。

Medium 9a5a07d1b6f8dcfb8768b87a94269b949e101ce9

毎晩パートナーのいびきに悩まされていた。なんて人のマストアイテムになること間違いなし。

Medium f464ee388ec2b28ae866a20d642fe2e1b4030c9f

使わない時は、MicroUSBを接続できる専用ケースに収納すれば、同時に充電も。一度の充電で最大50時間使用可能だそう。

いつでも、どこでも自分だけの静けさを手にできる次世代耳栓。これは試してみたい!出資が続々と集まる理由も分かりますね。
そうそう、今のところ発売予定価格は130ドル(約15,000円)。気になった人は「INDIEGOGO」でチェックしてみてね。

Licensed material used with permission by QuietOn Ltd.
「耳栓のデザインだって、面白くないんじゃどうしようもないだろ?」耳栓に機能プラスαのデザインを求める人が、はたして世の中にどれだけいるかは定かでないが、そ...
「Kickstarter」に登場した、最新イヤホン「Revols」。資金募集をスタートして、わずか7時間で目標金額の10万ドル(約1,200万円)を集め、...
「耳年齢」という言葉をご存知ですか?音の周波数を、どのくらいの高さまで聞くことができるかによって、耳年齢が分かるのです。ここで紹介する動画では、実際に自分...
「今後はもう耳掃除をするべきではない」目を疑うような内容の記事が「Simple Organic Life」に掲載され話題となっています。でも、それって汚く...
押し入れの奥にしまってある、思い出のアルバムーー。最近は、すっかりデジタルカメラやスマホに移行し、アルバムをめくって思い出を振り返る機会も減ってしまいまし...
「Camp Grounded」は、18歳未満が立ち入ることのできない、大人のためにあるキャンプイベント。そのコンセプトは、“小さいころに行った懐かしのサマ...
クラウドファンディング「Indiegogo」で発表されて以来、異例のスピードで潤沢な資金を調達した、世界で最も快適と標榜するスマートヘッドホン「Sound...
骨電導を利用したヘッドホン「BATBAND」は、耳を塞がずに後頭部にかけるだけでOK。Bluetoothで通信が可能で、通話にも対応しています。音漏れなど...
音楽デバイスの進化は日進月歩で改善し、いまやウェアラブルが基本。ではイヤホンはといえば…。誰もがこんな経験があるのでは?音楽を聞きながらジョギングをしてい...
縦型の27インチディスプレイの「Atmoph」は、壁にかけると窓のように見えインターネットに接続して世界各国の美しい景色を、映像と音声で楽しめるデバイスで...
サンドイッチを作るとき、食パンの耳だけ残ってしまうことってありますよね。そのまま食べたり、ラスクにするのは定番ですが、どうせならパンの耳でもう一品つくって...
アメリカでは「デジタル・デトックスキャンプ」なるものが人気らしい。そこでは、コンピュータやスマホ、タブレットから時計に至るまで、デジタル機器に触れることは...
着信があったときにデバイスを取り出す手間を「sgnl」が省く。耳の穴を覆うように突起した「耳殊」の軟骨に指先を触れると、骨伝導通話ができるようになる“リス...
寝ても寝ても寝足りない。睡眠時間は十分取っているはずなのに、なんだか体がダルくてすぐ眠くなる…。ひょっとしたらそれ、「いびき」が原因かもしれません。そんな...
数年前、全500色の「色えんぴつ」が発売され(25本ずつ20ヶ月で完成)て話題となった。が、こちらはじつにその3万2,000倍。およそ1,600万色以上を...
Collective-Revolutionの記事によれば、音楽にはすべての基準となる音の高さ「基準周波数」というものがあり、1953年に国際標準化機構(I...
ウルトラテクノロジスト集団チームラボが、世界で初めてロクシタンの店舗を色鮮やかに演出。とはいえ彼らの取り組みの中では、やや毛色が違うこのプロジェクト。示し...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
クライミングウォールにプロジェクションマッピングを投影、新しいゲーム性を取り入れた遊び方が可能になりました。未来感満点のワクワク動画は必見です!これは、投...
これは、バンクーバーで教師を務めながら、フリーランスライターとして活躍する、Natalie Virginia Langが書いた記事。自分らしく生きるために...