雑音はシャットアウトしつつ、大事なコトは聞き逃さない「耳栓」

ピアノやステレオなど音響機器の音、スマホの着信音やアラーム、PCのキーボードをたたく音、ドアを閉める音、人の話し声、ペットの鳴き声、冷蔵庫や掃除機など家電製品の音…。

僕たちは、知らず知らずのうちに多くの雑音を耳にしている。多くの雑音を聞き続けていると耳や脳が疲れるだけではなく、大きなストレスとなり得る。

そんな事情は万国共通なんだろう。オランダのミュージシャンたちが開発した耳栓「Knops」が話題になっている。コイツのスゴいところは、つまみひとつで外界からの音ボリュームを調節できるところ。クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で目標額の8倍以上の資金を集めたという注目株だ。

ミュージシャンが開発
ボリュームが調節できる耳栓

耳栓をしていて困るのは、調整ができないところ。完全な無音状態というのは、目覚ましの音を聞きのがしたり、スマホの着信音に気づかなかったりと不便なことも多かった。でも、「Knops」は、雑音の程度に合わせて4段階で調節できるようだ。

Bf88b26b641983d4f4d07e819c4a782b34ca97a8

メタル野郎には、STEP4。ISOLATIONモードは、ノイズを完全にカット。集中して作業する場合には、理想的な環境を作り出すのが正解だよね。

3d68a6fbd0244b55375725783bf0a3ea1889f1d1

元カノには、STEP3。LIVE MUSICモードなら、音楽のライブと同じレベルの爆音だってボリューム調整ができればへっちゃらかも(笑)。

736681a95960f9c9045b40f2b6a6bb0ec766bcc4

セクシーなお隣りさんには、STEP2。CITY NOISEモードで、都市の騒音をフィルタリングして音量を減らしながらも、肝心なことは聞き逃さない。

14844ead3d7fefb115657f5bc50efda76347b9ed

ヒップホップのブラザーには、STEP1。CLEAR SOUNDモードなら、耳栓をしながらでも耳栓なしで聞いた時と同じ音が聞こえるみたい。

調整方法は驚くほど
カンタン

D9e5f67be18f41bc1cc7587a159feb8565a580f3

この手のデバイスって、ハイテクで操作が面倒くさかったりするもの。でも、「Knops」なら、そこらへんの心配も無用。複雑な電子装置も、アプリも、バッテリーも一切なし。耳に装着した後は、つまみを回すだけで音を調整できる仕組みなのだ。

4e19c2f906721882d23401720438bbdee927f506

「Knops」のポイントは、スタイリッシュでシンプルなデザイン。余計なものをとことん排除したカタチは、見た目にも美しい。これなら、どんなファッションにもマッチするはず。たとえ、1日中装着していても違和感もなく、まわりの目を気にする必要もないだろう。

ベースになっているボディは、白と黒の2種類。また、リング状になったスチールの色は、ゴールドとシルバーの2種類。さらに、スチール部分に関しては、スムースなものと表面上にギザギザした2種類が用意されている。これだけの豊富な種類から、自分の好みに合わせて選べるのは嬉しい限り。

現在、クラウドファウンディングサイト「INDIEGOGO」で、69ドル(約7,600円)から先行予約をすることができるようだ。では、最後に動画でじっくりとチェックしてみよう。

Licensed material used with permission by KNOPS
クラウドファンディングサイトで出資を募り始めたばかりというのに、すでに目標額を320%達成しているイヤホンがあります。じつはこれ、音楽を楽しむためのもので...
「耳栓のデザインだって、面白くないんじゃどうしようもないだろ?」耳栓に機能プラスαのデザインを求める人が、はたして世の中にどれだけいるかは定かでないが、そ...
音にこだわったヘッドフォン……じゃなくて、これは防音用のイヤーマフ。原稿を書いたり、デスク作業用にとモバイルしている、耳栓です。この防音用イヤーマフという...
「耳年齢」という言葉をご存知ですか?音の周波数を、どのくらいの高さまで聞くことができるかによって、耳年齢が分かるのです。ここで紹介する動画では、実際に自分...
ビールが好きです。缶か瓶かで言えば、瓶派。とくに、コロナビールが好きです。日頃から瓶ビールを呑む機会が多くて、とくに夏の暑い日なんかに散歩をしていると、す...
満を持して日本にやってきたスピーカー「LectroFan micro」は、「ホワイトノイズ」を発生させ、心地良い空間を生み出します。「ホワイトノイズ」とは...
「耳そうじをやりすぎてはいけない!」。それは、なんとなく分かっているんです。でも、つい気持ちが良くて習慣のようにやってしまう。ということで、アメリカの耳鼻...
「Kickstarter」に登場した、最新イヤホン「Revols」。資金募集をスタートして、わずか7時間で目標金額の10万ドル(約1,200万円)を集め、...
「今後はもう耳掃除をするべきではない」目を疑うような内容の記事が「Simple Organic Life」に掲載され話題となっています。でも、それって汚く...
着信があったときにデバイスを取り出す手間を「sgnl」が省く。耳の穴を覆うように突起した「耳殊」の軟骨に指先を触れると、骨伝導通話ができるようになる“リス...
骨電導を利用したヘッドホン「BATBAND」は、耳を塞がずに後頭部にかけるだけでOK。Bluetoothで通信が可能で、通話にも対応しています。音漏れなど...
音楽を聞こうとしたら、ポケットの中でイヤホンが絡まっている…。接続部分が壊れて買い換えなければならないこともあるし、カナル型だったらイヤーピースをなくして...
サンドイッチを作るとき、食パンの耳だけ残ってしまうことってありますよね。そのまま食べたり、ラスクにするのは定番ですが、どうせならパンの耳でもう一品つくって...
いびきが原因の夫婦喧嘩が勃発する前に「魔法のアイマスク」を試してみてはいかがでしょうか。「いびき」なのに、“アイ”マスクというのもおかしな話ですが、なかな...
クラウドファンディング「Indiegogo」で発表されて以来、異例のスピードで潤沢な資金を調達した、世界で最も快適と標榜するスマートヘッドホン「Sound...
これは、バンクーバーで教師を務めながら、フリーランスライターとして活躍する、Natalie Virginia Langが書いた記事。自分らしく生きるために...
王冠付きの瓶を開けようとして、栓抜きがないことに気がついたーー。そんな経験はありませんか?じつは紙1枚あればフタを開けることができちゃうんです。これはぜひ...
普段耳にしている音が、どれだけ聴覚に影響しているのか。具体的に考えたことはあるでしょうか?WHO(世界保健機関)が行った調査から、恐ろしい結果が発表されて...
「LectroFan micro(レクトロファン マイクロ)」は、ホワイトノイズと呼ばれる特殊な雑音を作り出すスピーカー。安眠や集中力アップに効果的とアメ...
ウクライナのデザイン会社Hochu rayuが開発中の『Helmfon』は、衝撃から頭を守るものではなく、周囲の雑音から守るためのヘルメット。防音効果だけ...