メッセージ付きの「主張しすぎる耳栓」が旅行に、読書に、昼寝にピッタリ

「耳栓のデザインだって、面白くないんじゃどうしようもないだろ?」

耳栓に機能プラスαのデザインを求める人が、はたして世の中にどれだけいるかは定かでないが、そこに着目したポーランド人デザイナーの発想がバカバカしくもクールでいい。

移動中、読書中、さらには昼寝にも。ただ音をカットしてくれるだけじゃなくて、周りの人にも声をかけづらい空気を生み出す。こんな耳栓も悪くない。

周りも静かにさせてしまうから
結果的にノイズキャンセリング

Medium 93ea8a05e334205ccb1e98102203fee46bcc1385Medium 7f65413841c71ff0a069810e9ceecea0a3990c4fMedium 7b635a944a70d07187acc59dd3f7d3de733ddb6bMedium b9f3a593802c8cff7a446d95c91b096c808f9518Medium c9643b980cd542d95ac05398fa116a1eca7a35b8Medium 91a9679dbdbe34d3e22c55cc49ef7319c4b732c4Medium 5f7af4629ee51b0df914a30ed441c9ab831004daMedium b02426548856c63376b1dd9246478c7afcd65588Medium 0cbd2f656a860d203442a1d8a129618f8be3a93f

全5種類、付属のアルミ製収納ケースが付いて価格は14.90ユーロ(約1,660円)。メーカーの発表では、27デシベルの騒音(飛行機内のノイズなら約30%)をカットできるんだそう。もちろん材質はスポンジではなく、もはや耳栓にも定着したシリコン素材を使用。

Medium 91d62d85e6409cafe239d8aca3599b9696083eac

ヘッドホンやイヤホンのノイズキャンセリング技術、これを耳栓に応用したデジタル耳栓が一昨年あたりから登場した。環境騒音をカットしてくれるとあって、確かに画期的ではあるものの、なかなか手を出すまでには至らない。だって、音楽を聴くことが目的ではなく、ただ「騒音をシャットダウン」が目的だから。

もうちょっとライトなもので、使いたいときだけサクッと耳にはめて、それでいて「いま集中モードです」ないしは「話しかけないで」をさりげなく主張する、こんなアイテムがちょうどいいと思うのですよ。

Licensed material used with permission by LEAVEMEALONEPLUGS
クラウドファンディングサイトで出資を募り始めたばかりというのに、すでに目標額を320%達成しているイヤホンがあります。じつはこれ、音楽を楽しむためのもので...
晴耕雨読、昔の人はうまいことを言ったものですが、都会のわずらわしさから離れ、週末を郊外で過ごすようなライフスタイルは、今も昔もそれほど変わらないのかも。だ...
知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、...
世界には、美しい図書館が点在しています。ここに登場するのもそのひとつ。こんなステキな図書館で時間を過ごせたら、本でなく、思わず天井ばかり見上げてしまいそう...
「今後はもう耳掃除をするべきではない」目を疑うような内容の記事が「Simple Organic Life」に掲載され話題となっています。でも、それって汚く...
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
長い飛行機での移動時間、少しでも眠りたいと思うのは当然のこと。ですが、高度9,000メートルの高さでぐっすりと眠るのはなかなか難しいもの。でも、ご安心。以...
「自分の成長のために」と読書を日課にしている人も多いのでは?ここでは、日々の限られた時間、最低限の労力で、いかに読書を有効な「自己投資」に結び付けられるか...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
にわかには信じられませんが、実際に試してみるとどんな感覚かが実感できます。「Spritz」の機能は読書にかかる時間を大幅にカットできるという優れもの。その...
読書の重要性をネットに書くと必ず「読書なんか必要ない」という書き込みをされます。しかし、読書は人生に大切なもの、全てを与えてくれるのです。01.1日を「7...
「Kickstarter」に登場した、最新イヤホン「Revols」。資金募集をスタートして、わずか7時間で目標金額の10万ドル(約1,200万円)を集め、...
本は「学び」と「気づき」を得るために読むもの。いまいちその効果が感じられないという人は、読書の「設計図」が描けていないのです。ここでは、自著『読んだら忘れ...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう? 私たち...
読書男子がモテる?知的でかっこいいと言われる、読書好きの男子。海外メディアでも、その存在を魅力的に伝えているコトが多い。ここでは、ただ知的で賢いというだけ...
「耳年齢」という言葉をご存知ですか?音の周波数を、どのくらいの高さまで聞くことができるかによって、耳年齢が分かるのです。ここで紹介する動画では、実際に自分...
「読書しなさい、読書しなさい」と、どれだけ人から口酸っぱく言われても、自分自身で必要性を感じない限り読書習慣を身に付けることは難しい。しかも、周りから言わ...
樺沢紫苑/Zion Kabasawa精神科医、作家。札幌医科大学医学部卒。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務。米国シカゴのイリノイ...
より充実した読書習慣を送るために重要なのが、読む本を「選ぶ力」。本を選ぶには誰の意見を聞けばいいの?本当に良い1冊に出会うには?自分の成長のためにはどうし...
「寿命」に関する話題は日々上がりますが、今のトレンドはなんと「読書」らしいです。「たくさん本を読む人は、まったく読まない人にくらべて長生きしやすい」という...