3歳から「プログラミング」を遊んで学べるおもちゃが日本上陸

かつてないほど高度な情報化を迎えた私たちの社会に、必要不可欠となった「プログラミング」の技術。優秀なプログラマの育成が世界各国で課題になるなど、その教育の必要性も高まるばかりです。

A197b549c9d0dcdd917bb61020fadcbd90531b42

そこで話題になっているのが、このおもちゃ。一見かわいい顔がついた木製の箱に見えますが、実は3歳児でもプログラミングできちゃうロボットなんです。Kickstarterで今年の3月に支援を募集していたこの「Cubetto」が、とうとう日本にも上陸しました。

ブロックを組み合わせるだけで
かんたんプログラミング

7c62550c5cfe1ae760e617c9b97a43938e5e3d2e

3歳児でもプログラミングできちゃう秘密は、このボードにあります。

表面に設けられたくぼみに、進む(緑)、左(黄)、右(赤)、ファンクション(青)の色分けされた4種類のパネルをはめこんでいくことで、ロボットの動きを指定する仕組み。最後に青いボタンを押せば、ロボットがプログラミング通りに動き出すんです。

マップの上を
移動させてみよう

92ddd24815793b84bbcc38913fa6dbeab445fb41

この木製のおもちゃなら、スクリーンを見たりタイピングを覚えたりしなくても、「事前に指定した通りに動かす」というプログラミングの基本概念を、遊びながら学べちゃいます。

もっと遊びを楽しくするために、ストーリーブックとロボットが上を移動できるかわいいイラストのマップが同封されています。グリッドに区切られたマップの上を動かして、ロボットを目的地まで辿り着かせる遊びができるのです。

育て、未来の
プログラマ

E1184eb4bd7a79a3c1b4f63b0b0781211daaad38

お値段は、29,600円(税抜き)。おもちゃとしては高級ですが、プログラミング可能なロボットとしては安いと言ってもいいのでは?

3歳になる未来のプログラマへのプレゼントにいかがでしょうか。

プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
家のリビングや子ども部屋が、おもちゃで埋め尽くされていませんか?子どもはおもちゃが大好きですが、たくさん与えることがそのまま子どもの幸せにつながるかと言え...
湖でパパのバス釣りにお付き合いのエイブリーちゃん。愛用の釣竿は、おもちゃの「Barbie Fishing Pole」。真似ごとのつもりが、少女のロッドをし...
いまや、低価格で安全な小型ドローンがおもちゃ屋にずらっと並ぶ時代です。アイデア商品もたくさん出ていますが、ドローンを「作れる」おもちゃがあるのをご存知です...
AI(人工知能)の進化は、僕たちの想像を越えている。小説を書いたり、作曲をしたり、将棋をしたり。最近では、ラップまで覚えたようだ。AIにラップを教えたのは...
子どもが大切にしていたぬいぐるみの脚がもぎれたり、耳がちぎれたり、破れてしまったら……。あとはもう、捨ててしまうだけでしょうか?大切なおもちゃを「修理」で...
「はじめて夢中になったオモチャが、LEGO®でした」。自分自身がそうだったという人もいれば、子供や兄弟、甥っ子や姪っ子が、時が経つのも忘れるほど遊んでいた...
自動運転の開発が進んでいる。国内に限ってみても、2020年の東京オリンピックまでに「ロボットカー」を実現させようという国家戦略特区プロジェクトもある。安全...
メキシコの写真家、Felix Hernandez Rodriguez(フェリックス・ヘルナンデス・ロドリゲス)さんの写真は、一見映画のワンシーンのようで、...
「誕生日に息子をおもちゃ屋に連れてったんだ。何を選んだと思う?」そう話すお父さんと一緒に動画に登場したのは、3歳になったばかりのアザイくん。どうやら自由に...
サンフランシスコを拠点とするデザイン会社「Hero Design」。彼らがつくった“ビジネスマン向けのおもちゃ”が話題を呼んでいます。その名も「Everb...
「もしも、データに強いコンピュータと、創造力溢れる人間がコラボしたら、どんなアートが生まれるんだろう?」ニューヨーク大学の大学院生でプログラマーでもあるア...
これからのお絵描きは3次元!立体を描けるペンがあるってこと、知っていましたか?このペン、第1弾のモデルが2013年12月に発売されて話題になったもので、ペ...
パッと思い浮かんだのは、ハイパーヨーヨー。「ループ・ザ・ループ」や「ウォーク・ザ・ドッグ」「アラウンド・ザ・ワールド」…いろんな技があったよなあ。TVで見...
ロールプレイングゲームを何百時間もプレイして、クリアしたときの達成感。それと同時に訪れる虚無感…。出来合いのものを消費するばかりだと、楽しんでいるはずなの...
世代のちがう子どもや孫が喜んでくれるプレゼントをあげるのは、意外に難しいもの。とくに年頃になると、一体何が欲しいのやら…。でも、16歳のローレンさんが誕生...
4人の子どもを女手ひとつで育てることになった母親のカーラさんは、家族で移り住むための新居を探していました。しかし、広い家は高すぎて買えないし、手が届く価格...
ベルギー・アントワープで開催されたブックフェアの会場で人気を集めたのは、著名な作家8人によるサイン会でした。しかも12日間ノンストップで行われ、選ばれた作...
閉店後のノースカロライナ州のショッピングモールで、自閉症の子どもを持つ家族向けの、サンタ記念撮影会が“ひっそり”と開催されました。多くの人が行き交う場所、...
これはノルウェー在住のSergej Stopelさんによる作品の数々。画像から推測すれば、ボールペンを使っているのだろう。絵の隅々まで、しっかりと濃淡がつ...