自動運転車両には「人を殺す」プログラミングが必要?(MIT調査)

自動運転の開発が進んでいる。国内に限ってみても、2020年の東京オリンピックまでに「ロボットカー」を実現させようという国家戦略特区プロジェクトもある。安全で、あらゆる言語で対応ができ、人間の能力に限定されない機能やサービスが実現できるとあってその期待は高い。

が、ある疑問に関心が集まっている。もし、どうしても事故を回避できない状況に追い込まれた場合、「自動運転車両」は何を優先するのだろうか。

「避けられない事故」で
最善の選択肢って?

MIT Technology Reviewで、以下の画像が紹介された。3つの事故パターンが描かれている。

Aの車の進行方向には大勢の人がいる。しかし、彼らを避けた場合、その先にはまた別の歩行者がいる。この場合、車はどちらの道を選ぶべきだろうか。

また、BとCの画像では目の前の歩行者を避けるために壁に向かって進路を変えられる。一見、倫理的な決断にも思えるが、一方で車の中にいる人間は?

つまり、AとBとCに描かれた状況には、そこにいる全員が無傷で助かる選択肢がない。そんな時「自動運転車両」の優先するべき命は、中にいるかどうかで判断されるのだろうか、それとも人数?

何かを優先させるためには、何かを切り捨てる決断をあらかじめ設定する必要がある。その正しい答えとは一体…。

「人を殺す選択肢」と
責任の所在

この疑問については、国土交通省も検討中のようだ。2015年7月3日に開催された「交通事故ゼロを目指した自動運転技術の導入に対する取り組み」で配られた資料にも、同じような課題について記載があった。

もちろん、そんな状況には陥らないと指摘する声もある。もし、広範囲に及ぶセンサーで人や物の動きを常時感知していれば、あらゆる事故の可能性を予測できる。そのため制御できないスピードで人々を事故に巻き込むリスクは回避できる。
エアバッグなどの性能が飛躍的に向上すれば、車内の人間を守る精度も上がるかもしれない。

とはいえ、万が一を想定するにあたり優先順位をあらかじめプログラミングする必要はありそうだ。その時に、どんな設定がなされ、責任の所在はどこになるのだろうか。

2015年10月15日、公道実験のガイドライン作成や事故の責任などの法律に関する課題について、警察庁が検討を開始したと報じられた。議論の行方には注目だ。

かつてないほど高度な情報化を迎えた私たちの社会に、必要不可欠となった「プログラミング」の技術。優秀なプログラマの育成が世界各国で課題になるなど、その教育の...
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる...
彼の名前は「Graham(グラハム)」。メルボルン大学の外科医、自動車事故調査官の意見をもとに、アーティストが製作した人体標本だ。まるでミュータントのよう...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
エアバッグや自動ブレーキ、車線逸脱防止機能など、自動車の安全性能は、日進月歩で進化している。なかでも、「サムスン電子」のアイデアは画期的。なんせ、周りを走...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
未来の車はきっとこうなるはず!そんなイメージをそのまま具現化した車両の開発が進められています。これまでにも、いくつか飛行できる車のニュースはありましたが、...
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
飲酒運転が、ゼロになる日が!?アメリカで開発が進む「DADSS(Driver Alcohol Detection System for Safety)」。...
あるひとりの「タクシードライバー」が来たおかげで、この町の住人の生活は大きく変わりました。一体どんなことが起きたのか。そして、彼が休まずに働き続ける意外な...
自動運転の実用化がそう遠くない未来に訪れようとしています。ここで紹介する次世代マシンも、スマホを使って操作する完全オートマチックな自走式。ただし、こちらは...
数々の逸話をもつカーブランド。先日、自動運転船舶のコンセプトが話題になりましたが、自動運転車両のコンセプトデザインにもビックリ。とにかく画像を見てみて下さ...
ベンツが、自動運転のできるトラックを開発した。ベンツが描いた、2025年の車の未来は自動運転トラックだった。「ハイウェイパイロット」というレーダーセンサー...
とある交差点の様子を写した写真が、Twitterで話題です。なんでも、自動車の運転が苦手な人は、なかなかこの“違和感”に気付けないのだとか。さすがにみなさ...
米・マサチューセッツ工科大学(以下MIT)が、誰でも無料で単位が取得できるオンライン講座を開始しました。世界中どこにいてもMITの単位が取れる授業スタート...
ペンシルベニア州に暮らすIanさんとLarissaさんMurphy夫妻。夫のIanさんは、交通事故の影響で脳に重い障がいを抱えています。この動画は、献身的...
唯一無二の存在感。熱心なファンを持つクルマは数多くあるが、そのなかでも最高の人気を誇る、フォルクスワーゲンタイプ2。通称「ワーゲンバス」とも呼ばれるこの名...