「ボルボ」が2017年までに自動運転車両を実用化するかも?

安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる同社ですが、その安全性に加え、テクノロジーにおいても注目が集まっています。

すでにスウェーデンでは、自動運転実験車両が実際に走行中。こんな機能が。

ドライバーと歩行者に配慮した
「インテリセーフ」

スクリーンショット 2016-02-24 10.59.33ボルボは安全面におけるアプローチを「インテリセーフ」と名付け、ドライバーの負担を軽くするセンサーやアシスト機能を充実させています。

Original.13ab8143-388b-44f9-983f-0c12a461a355一定の速度で走ってくれる定速走行に、車間距離制御などが加わることで、渋滞や高速道路での走行が本格的にラクに。

つまり、「加速、走行、減速、停止」を自動でコントロールしてくれるようになるというわけ。全自動運転への流れとしては自然です。

cyclist狭い路地や、街中でも多い、歩行者やサイクリストを検知。必要に応じてオートブレーキを作動。

Original.4d48357d-8aee-4dfe-9956-a8392dc600f4さらに、万が一の時に作動するエアバッグは、ドライバーのみならず歩行者用も。これは、ボルボが世界で初めて実用化した技術。クルマに関わるすべての人の「安全」を守ろうという、こだわりが見えますよね。

ちなみに、2013年にはこんな動画が発表されていました。

運転席に座り、手離しで絵を描いていた女性。これは、自動運転の活用例を表現したものです。車に乗っている間に趣味や仕事に時間を費やせるほか、無駄なアクセルやブレーキを減らして低燃費やエコにも繋がるところが嬉しいポイント。

同社は、2017年までに、100台の車をつかって、一般のユーザーが、一般の道路で、自動運転機能付車両を使用できるよう準備を進めていると公式ホームページで発表しています。ワクワクしますね。乗ってみたい!

Licensed material used with permission by Volvocars

実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
自動運転の開発が進んでいる。国内に限ってみても、2020年の東京オリンピックまでに「ロボットカー」を実現させようという国家戦略特区プロジェクトもある。安全...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
日進月歩で技術が進歩している自動運転。デザインコンサルティングファームの「IDEO」は、自動運転車が普及することによって都市に暮らす人々の生活がどのように...
自動運転の実用化がそう遠くない未来に訪れようとしています。ここで紹介する次世代マシンも、スマホを使って操作する完全オートマチックな自走式。ただし、こちらは...
ベンツが、自動運転のできるトラックを開発した。ベンツが描いた、2025年の車の未来は自動運転トラックだった。「ハイウェイパイロット」というレーダーセンサー...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
未来の車はきっとこうなるはず!そんなイメージをそのまま具現化した車両の開発が進められています。これまでにも、いくつか飛行できる車のニュースはありましたが、...
人気ラーメン店でも、海外から初上陸したスイーツ店でも、これで長蛇の列は苦にならない!…とまでは言い切れませんが、待ち時間のストレスが軽減されるのは確か。先...
数々の逸話をもつカーブランド。先日、自動運転船舶のコンセプトが話題になりましたが、自動運転車両のコンセプトデザインにもビックリ。とにかく画像を見てみて下さ...
唯一無二の存在感。熱心なファンを持つクルマは数多くあるが、そのなかでも最高の人気を誇る、フォルクスワーゲンタイプ2。通称「ワーゲンバス」とも呼ばれるこの名...
とある交差点の様子を写した写真が、Twitterで話題です。なんでも、自動車の運転が苦手な人は、なかなかこの“違和感”に気付けないのだとか。さすがにみなさ...
生活や仕事に欠かせなくなってきた「機械」と、その「自動化」。私たちの過酷な労働力を少しでも軽減させ、効率の良い仕事ができるようにと、様々な機械が発明され、...
運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買...
飲酒運転が、ゼロになる日が!?アメリカで開発が進む「DADSS(Driver Alcohol Detection System for Safety)」。...
11月15日、「コロラド州歳入局」が運転免許証デジタル化の試験導入についてリリースを発表しました。一部似たようなテストが行われていたアイオワ州や、アイダホ...
あるひとりの「タクシードライバー」が来たおかげで、この町の住人の生活は大きく変わりました。一体どんなことが起きたのか。そして、彼が休まずに働き続ける意外な...