自動運転の「Uber」始動。ポイントは橋の認識らしい(米・ピッツバーグ)

2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボルボのXC90。

いま、ピッツバーグの街でUberのアプリを使うと、ランダムでこの自動運転の車が手配されます(割り振られた人は無料)。年内に100台が投入される予定とのこと。

自動運転だけど
「無人」じゃない

869326390d7de71f832c63bd465b12b55b4c330d

いきなり自動運転のタクシーと言われると、興味よりも不安を持つ人のほうが多いと思いますが、このUberの自動運転タクシーにはちゃんと運転席に人が乗っています。ただし、あくまでも万が一のときのため。つまりは「有人自動運転タクシー」なのです。

いま、Uberのテストカーが道路上の様々な法律や状況判断を学習しながら安全運転で運行をしています。運転席と助手席にはエンジニアが乗り込んでおり、車には何百というカメラ、センサー、レーダーが取り付けられ、ノートPCで記録を取りながらの走行。

道、車線、建物、駐車している車、消火栓、信号機、樹木など、様々な障害物のデータを取り、ピッツバーグの道にあるすべてのものを詳細な地図にまとめているそうです。

そのなかでも、とくに判別が難しいのが「橋」だと言います。ピッツバーグには全部で500もの橋が架けられていますが、Uberの自動運転システムは橋を渡ることができず、このときばかりは自動運転がオフになり、ハンドルは運転手の手に委ねられるとか。

Googleへの挑戦。
完全な無人自動車の
実現を目指す

UberのCEO、トラヴィス・カラニックはこの自動運転システムを開発するために何百人というエンジニアを集結。

また自動運転技術を開発、そして無人トラック計画を進めていた企業「Otto」を買収し、その共同創始者であるアンソニー・レヴァンドウスキーの助力を得ることに成功。レヴァンドウスキーは元々、Googleの自動運転プロジェクトチームのひとりです。また、OttoにはGoogle Mapのリーダーを務めていたライアー・ロンや、Googleロボティクスのクレア・ドロネー、エンジニアのドン・バーネットなど多くの技術者がいました。

ご存知の通り、自動運転の車を開発している企業はUberだけではありません。Googleやテスラモーターズ、フォードなども同様のプロジェクトを進めています。が、いまだ自動運転のサービスを開始した企業はありません。また、Uberが彼らと違う点は車両を独自で開発せず、ボルボや他の自動車メーカーと提携しているところです。

CEOのカラニックは「確実に安全な自動運転技術を開発することで、自動車事故をなくしたい」と語ります。また、ボルボと協力して2021年までに完璧な自動運転の車を開発するために3億ドルの予算を用意している、とも。

ピッツバーグで無人の自動運転タクシーに乗ることができる日は、意外と早くやってくるかもしれません。

Licensed material used with permission by Uber Technologies
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
海外ではすっかり身近な存在になってきたUberのタクシーサービス。誰でもドライバーになれるから、いろいろな人との出会いがあります。でも、アプリで颯爽とUb...
安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる...
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
「The Wall Street Journal」によると、2016年1月17日に開催された「Digital Life Design」において、ヨーロッパ...
日進月歩で技術が進歩している自動運転。デザインコンサルティングファームの「IDEO」は、自動運転車が普及することによって都市に暮らす人々の生活がどのように...
少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶ...
都市生活に、多くの変化をもたらしている配車サービス、Uber。先日、大幅なアップデートが発表され、使い心地がガラッと変わるそうです。シンプルになったインタ...
人生を変える、運命の選択。おそらく多くの方がこれまで、何度かそういった経験をしていることでしょう。そして、その結果はやはり誰にも分からないものです。だけど...
人気ラーメン店でも、海外から初上陸したスイーツ店でも、これで長蛇の列は苦にならない!…とまでは言い切れませんが、待ち時間のストレスが軽減されるのは確か。先...
アメリカでは、大物アーティストがドライブをしながら熱唱する番組「カープールカラオケ」が流行っていますが、一般人も負けていません。ここでは、見ているほうまで...
自動運転の開発が進んでいる。国内に限ってみても、2020年の東京オリンピックまでに「ロボットカー」を実現させようという国家戦略特区プロジェクトもある。安全...
タクシーの運転手さんにはさまざまな経歴を持つ人が多く、じっくり話を聞くと、面白い人、勉強になる人、じつにバラエティに富んでいます。経営コンサルタントを営む...
運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買...
自動運転の実用化がそう遠くない未来に訪れようとしています。ここで紹介する次世代マシンも、スマホを使って操作する完全オートマチックな自走式。ただし、こちらは...
ベンツが、自動運転のできるトラックを開発した。ベンツが描いた、2025年の車の未来は自動運転トラックだった。「ハイウェイパイロット」というレーダーセンサー...
経営コンサルタントを営む小宮一慶さんは、仕事柄タクシーに乗る機会が多く、当然運転手さんと話すことも多いそうです。そして、タクシーの運転手さんにはじつにさま...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...