新しいワーゲンバス、「I.D.BUZZ」ってなんだ?

唯一無二の存在感。熱心なファンを持つクルマは数多くあるが、そのなかでも最高の人気を誇る、フォルクスワーゲンタイプ2。通称「ワーゲンバス」とも呼ばれるこの名車をベースにしたコンセプトモデルが、今年のデトロイトモーターショーを沸かせた。

電気自動車であり、自動運転。あのアナログなタイプ2が…?

「移動するサードプレイス」を継承か

49f013486f08136f279b2e7d6d6809b338de4c41

フォルクスワーゲンタイプ2は、貨物車・デリバリーバン・マイクロバス・トラックなどの多用途車として開発されたマルチパーパスな車だ。これをベースとして、キャンピングカーが制作されたり、60年代にはヒッピーの象徴ともなった。現代では、このタイプ2でバンライフを楽しむ人も多く、ユーザーが作り上げてきた「タイプ2像」は、コミュニティベースだと言える。いわば、移動するサードプレイスだ。

今回、デトロイトモーターショーでベールを脱いだ、タイプ2の復活モデル「I.D.BUZZコンセプト」は、コミュニティベースとしての性格を受け継いだ。

I.D.はアイデンティティ、アイデア、個性、インテリジェント、アイコニックなデザインの意味を持ち、BUZZはもちろんバスとかけた言葉。さらに、電動のドライブを手に入れたことで「サイレントバズ」となったのだ、と従来のうるさいイメージを逆手に取った印象。

4d2ddfac45ec374f12416ea8ed756fa006ab2c84

楽しみ方は無限大に拡がる!

084008718ca7dd18a2a100c7ad1f5e9e072ec2260072a6414ff046cbf19cd85ccab46abf2fbb7acb

ウッドフロアに、運転席・助手席までもが180度回転するシートアレンジ。その変幻自在のインテリアは、新世代のバンライフを想像させる。モーターでドライブされることによる静かな乗り心地、129.9インチのホイールベース(前後輪の距離)、これらが産み出すものは「圧倒的に快適な空間」だ。

いわゆる「車で移動している感覚」とは、異なるものになるのではないだろうか?その楽しみ方は、創造力次第で無限大に拡がる。

1c148a0e8bd3f448259610a134381325d5c27174

ただし、従来のキャンピングカーとは違う。「I.D.BUZZ」は寝るためにあるのではない。ワーゲン社は言う。

In the future, Volkswagen will interconnect humans, cars and the environment with a Volkswagen user identity
(未来において、フォルクスワーゲンは、人と、車と、環境をユーザーの個性に接続する)

間に合うか、オートメイテッドドライブ

革新的なのは、そのコンセプトだけではない。完全なモータードライブ(電気自動車)の「I.D.BUZZ」は、自動運転を目指す。

A188ddccd9f9df63c0618325194d4955222555e4

世界初の全自動・マルチパーパス車としてコンセプトされた「I.D.BUZZ」は、ハンドルをインストゥルメンタルパネルに押し込むことで、自動運転に切り替わる。ここから先は、AIの「I.D.パイロット」が運転を担うわけだ(自動運転は2025年の実用化を目指しているとのこと)。

ハンドルにはスポークが無く、またハンドルのタッチセンサーでP、R、D、Nのドライブモードを変更する。I.D.Boxとよばれるタブレットが、スマホや車内のオーディオなどを統括するだけでなく、モードによって後部座席までスライドさせることも可能。

9ab52affe2f024470894781427202154d780746d

最後に、簡単にスペックを。バッテリーは111kWhの量を積み、30分で80%まで充電可能。トータルで369馬力を発揮し、満充電での総走行距離は600km(アメリカの道路を想定した場合435km)。

電気自動車の場合は特に、パワフルであることはスポーティさだけでなく、余裕や快適性につながる。未来感漂う、このコンセプトカー。その姿を見るのは、いつの日になるだろうか。リリースによれば、2020年には電気自動車の全く新たな潮流を生み出すだろう、とのことだが…。

Licensed material used with permission by Volkswagen US
ワーゲンバス。正式には「フォルクスワーゲン タイプ2」と呼ばれる車で、ワーゲンが作ったバンor ワゴンのこと。キャンパー仕様やデリバリー仕様、トラック仕様...
2015年12月18日、世界同時公開からわずか1週間足らずで、5,000万ドル(約60億円)を突破した『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。10年ぶりの新...
ビジュアルは完全にあの名車。でも、実はこれ、ポルトガルのCircu社が開発したもの。あれ、VWじゃないの?屋内に設置されているところを見ると、どうやら通常...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
「子供の送り迎えや近所の買い物に行くだけだから、そんなに大きなクルマは必要ないんです。でも自転車やバイクは屋根がないし、ちょっと大変で…」。街にはそんな人...
台形のころんとしたフォルム…。とっても気になるかわゆさのこの車は、「Microlino」という電気自動車です。2016年のGeneva Car showで...
世界中で、脱化石燃料の取り組みが盛んに行われていますが、中でも最も進んでいる国のひとつが、スウェーデン。首都ストックホルムを走るバスも、基本的にすべてがハ...
2015年11月24日(火)に、ある夜行バスを利用した@tmcwkさん。どうやら、この日担当してくれた運転手はどこか様子が違ったそうで、そのアナウンス内容...
ScottとEmilyのManning夫婦は、大の旅好き。ふたりは大学を卒業してから新居を探していたのですが、ちょうどいい家がなかなか見つかりませんでした...
自動運転の実用化がそう遠くない未来に訪れようとしています。ここで紹介する次世代マシンも、スマホを使って操作する完全オートマチックな自走式。ただし、こちらは...
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
中国・南京長江大橋で、一人の女性が橋の上から自殺を試みようとしていた。が、たまたまその場を通りがかったバスの運転手はとっさの判断で緊急停止し救助に向かった...
安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる...
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
日進月歩で技術が進歩している自動運転。デザインコンサルティングファームの「IDEO」は、自動運転車が普及することによって都市に暮らす人々の生活がどのように...
身近な乗り物の一つに、バスもあげられます。通勤などでバスを利用している人にとって、夢の中にバスが出てくるのは、それほど違和感はないでしょう。日常が夢に入り...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
イスラエルで開発されている「Electroad」は、道路そのものが電源になっています。車道を掘り、機器を埋め込むことで、その上を走るEV車のエンジンに直接...